経営者・管理職と経営コンサルタントのマッチング

 40年の実績で、貴社と共に歩んでゆきます。
HOME グロマコンとは 経営者・管理職 コンサルタント
 経営コンサルタントへの道 講師紹介 お問合  サイトマップ   サイトポリシ
 毎日進化するサイト  平成29年6月23日(金)   スマホ用サイト
経営者・管理職 経営者・管理職 経営者として必要不可欠な情報をお届けします
経営コンサルタント コンサルタント 経営コンサルタントを目指す人、プロコンサルタント
経営コンサルタント になるには 士業・志望者 経営コンサルタントを目指す人の60%が参考にする
学生・院生 学  生 ビジネスパーソンとしてのあり方を考えましょう
グロマコンとは 全  般 グロマコンの名前の由来、経歴、専門分野、著書等をご紹介します
今日のマガジン 全  般 最新の経営やコンサルティング、時事解説などを毎日改訂
トピックス 全  般 最新記事の追加・改訂情報
お薦め情報 全  般 今、あなたに特にお勧めしている情報が掲載されています
運営者の著書 全  般 当サイト運営者による出版書
お勧めブログ 全  般 毎日ブログを発行、その中の今週のお勧めブログ紹介
時事独善解説 全  般 独断と偏見で、今、世の中で何が起こっているのかを解説
今日は何の日 ビジネスパーソン 毎日が何かの記念日、今日の写真、今日の人等話題のテーマ
今日の出来事 ビジネスパーソン 今日、何が行われるか、また、今、何が起こっているかを映像で観る
経営時事用語 ビジネスパーソン 時代の流れを理解するために不可欠な用語を解説
独善解説集 ビジネスパーソン 上述「時事独善解説」のバックナンバーをご覧いただけます
経営・セミナ情報 経営者・管理職
士業
経営者・管理職やコンサルタントに役立つ経営情報を毎日改訂
お勧めセミナ 経営者・管理職
士業
経営やコンサルティングに特化した、特にお勧めのセミナー紹介
地域別セミナー情報 経営者・管理職
士業
セミナー・展示会等の情報を毎日改訂して最新情報をお届け
補助金・助成金 経営者・管理職
士業
経営やコンサルティングのための公的補助金や助成金の情報
海外ビジネス情報 経営者・管理職
士業
海外ビジネス展開に不可欠な展示会・セミナー・公的支援に関する情報
独立起業日記 経営コンサルタント
志望者・未経験者
新米経営コンサルタントの独立起業経験が赤裸々にわかる
パソコン活用術 PC初心者者 Excelやwordを効率よく使う初心者向け活用方法をわかりやすく紹介
ネット安心活用術 PC利用者 インターネットは便利だけど怖いと心配されている人への有益情報
  月名由来 ←クリック
経営者・管理職と経営コンサルタントのマッチング
あなたの会社を元気にする最適な専門家を紹介

 1970年代に業務を始めました経営コンサルティング・ファームとして、経営コンサルタント歴約40年の歴史と伝統を誇ります、民間の経営コンサルタント企業の老舗の一つです。
 目立たない、中小企業の経営支援に徹していますので、著名のコンサルティング・ファームとは異なりますが、知る人ぞ知る、実績と経験あるコンサルティング・ファームとして、社会貢献を続けています。
 「コンサルタントのためのコンサルタント」と呼ばれて久しくなります。

 経営環境の変化で企業経営・管理は、ますます難しくなってきています。そのような問題を抱える経営者・管理職と、その道のプロである経営コンサルタントや専門職の方々の好ましいマッチングをはかるためのホームページです。
 また、私どもではこれから経営コンサルタントとして独立起業しようという人たちに「経営コンサルタントへの道」「経営コンサルタントになる第三の道」<詳細>も含め、各種の情報やメッセージをお送りしています。

 このページを1980年代後半に発表しましたが、「毎日成長するサイト」として毎日改訂をしています。経営者・管理職の皆様に各種情報提供を進めてきましたが、コンサルタントをめざす方々との交流も重なり、二兎を追ってきました。
 そのうちに、経営者・管理職もコンサルタントも、視点が異なるだけで、基本的に求められる知識や情報は同じ本質を持っていることに気がつきました。今後も二兎を追ってゆくつもりですので、引き続きましてのご愛顧をよろしくお願いします。 
【カシャリ!一人旅】 ←クリック

 カメラを片手に、時にはスマホでカシャリ。道端で、名所旧跡で、空いた時間を使って、気儘な時間を時々楽しんでいます。
 鎌倉を一泊二日で、じっくりと楽しんできました。  鎌倉2016編 ←クリック

 今日のマガジン ←バックナンバー 

 スマートフォンでも見やすい「今日のマガジン」 

  今日は何の日 経営マガジン ←クリック


◆【今日は何の日 経営マガジン】 あなたのアンテナ感度が高まる

 その日に注目すべき出来事は何か、今日は何の日なのかを念頭におきますと、TVや新聞、人との会話などに対してアンテナの感度が良くなります。
 毎週月曜日に発信しています【経営マガジン】の姉妹編です。発行は不定期ですが、その日に感じたこと、思ったことや時宜に即した情報を見つけたときなどにお手元に届くようにしています。


 このほど、サイト・ページを引っ越しましたので、お手数でもお気に入りの登録の変更をお願いします。

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック

 被災されました方々や関係者に心よりお見舞い申し上げます。

毎日複数本のブログをお届けしています。
ブログ説明 当ブログの読み方 ←クリック
当サイトと連動し、平日毎日複数本のブログ発信をしています。こちらも併せてご利用くださるようお願いします。経営者・管理職向けの記事、それを裏返すと経営コンサルタントなど士業の先生方にも参考となります。
 Yahooブログ  アメブロ  Gooブログ  ドリームゲート  FC2ブログ





◇ 深夜発信 午前1時頃
今日のつぶやき】 前日のつぶやき一覧、後刻改訂版も発信
◇ 早朝発信 午前7時頃
今日は何の日 経営マガジン
【今日は何の日】【映像に見る今日の話題】【一口情報】など、ビジネスに活かせる情報を満載したマガジン
◇ 午前発信 午前9時頃
経営コンサルタントの独り言】
 前日のつぶやきのトピックスから、その日の思いつきでひと言

◇ 正午発信 毎日異なったテーマでお届け
  経営マガジン
   一週間を先読みする
  経営四字熟語
   四字熟語から学ぶ経営や人生
  経営コンサルタントからのメッセージ
   菜根譚や時事問題から経営者・管理職としてあり方を振り返る
  杉浦日向子の江戸塾
   環境に優しい江戸時代から生き方を学ぶ
  経営コンサルタントQ&A
   経営コンサルタントになるには、成功するには
  経営コンサルタントの使い方
   経営者・管理職のための経営コンサルタントの上手な使い方講座
  カシャリ!一人旅
   訪れたことのある地でも、見落としていることもあります。
   経営や生き方も、視点を変えると別のものが見えます。

◇ 気紛れ便
 日により発信時間・内容が異なり、休刊もあります。

ホーム
グロマコンとは
経営者・管理職
経営コンサルタント
経営コンサルタント になるには
お問い合わせ 
好評放映中立ち読み
 全映像(7分)
関連団体 
 JMCAロゴ 内閣府認証特定非営利活動法人
日本経営士協会 
 JCAロゴ 日本コンサルタントアカデミー 
 
仏像・寺社・旅・写真

経営コンサルタント
グロマコン

〒112-0004
東京都文京区後楽2-3-10
 白王ビル4F
日本経営士協会内

TEL
050-3598-8665

 
 
カバー写真
 
今月の写真

素人写真ですが、自分で気に入ったものを
独断と偏見でもって掲載しています。




 宗像大社(むなかたたいしゃ)は、福岡県宗像市にあります。
式内社といわれる、社格の高い神社です。

全国の弁天様の総本宮ともいわれます。

 宗像大社は沖ノ島の沖津宮(おきつぐう)、
宗像市内沖にある筑前大島の中津宮(なかつぐう)、
宗像市内にある辺津宮(へつぐう)の三社をさします。

 伊勢の伊勢神宮に対して「裏伊勢」とも呼ばれています。

宗像大社写真集


 毎日進化しているサイト 【毎日更新】
  好評  

今井信行 顔1
経営コンサルタントとして
今井信行 顔2
 社会貢献として
今井信行 顔3
 公的な業務として
横 顔
経営コンサルタント歴40年 
 コンサルタントのためのコンサルタント
 若手経営コンサルタント育成に東奔西走
 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会会長
 わかりやすい語り口で講演・セミナーや社員研修に引っ張りだこ
  
 経営コンサルタント歴25年を経過した時点で、(特)日本経営士協会の理事長を拝命することになりました。その際に、自分自身を戒める意味で「理事長十戒」を作り、それを日々座右におきながら仕事をしてきました。
 私の経営に対する考え方の基本は「当たり前のことが当たり前にできる」「温かい管理ができる」、その様な企業作りのお手伝いをすることです。
 理事長歴も長くなり、そろそろ後任の選定やその人への傾斜引き継ぎを考える時期といえましょう。この十戒に加筆をして、企業や組織のトップ・管理職の方々に向けて焼き直したものを「トップ15訓」としてまとめてみました。経営トップの皆さんだけではなく、私自身にも必要なことなので「社員」という言葉と共に「会員」という言葉も使っています。
 まだまだ内容的には不充分ですが、今後もこれをベースに推敲・改訂を重ねて参りますが、その第一版としてブログに掲載しています。トップの方々や管理職で日夜ご奮闘されている方に、少しでもご参考になれば幸いです。<連載に当たって>←クリック <連載ブログ>←クリック
  不況を富況とする元気な会社 
【企画提案型」の包装資材商社】
 物流包装資材などを扱う商社で1960年に創業した。オリジナル商品を開発するメーカーとしての面も併せ持つ"企画提案型"商社だ。製造工場を持たず資金を研究開発にまわすことで、市場開発部門を強化してきた・・・・・<続き> ←クリック
 今週のおすすめ 毎日複数本のブログをお送りしています

 【カシャリ!一人旅】 

 仕事の合間に、カメラを片手に、カメラがないときにはスマホやケイタイでカシャリ。カシャリだけならよいのですが、カシャリ、カシャリと撮りまくります。なかなか整理をする時間がなくて、溜まる一方です。
 一方で、撮りためていても、そのまま埋もれさせてしまうのももったいないです。時間を作っては、ウェブサイトにアップロードするようにしています。まだまだ手持ちの数%にも届きませんが、思いついたところから整理しています。
 皆様にお見せするつもりはなく、自分自身の記録、生きた証しとして掲載しています。
  【カシャリ!一人旅】都道府県別 ←クリック
  ↑ PAGE TOP 
経営コンサルタントへの道
経営コンサルタントになるには メニュー 
1. 経営コンサルタントになる前に考えよう
2. 経営コンサルタントは何をする人か
3. 有能な経営コンサルタントが持っている資質
4. なぜ経営コンサルタントに依頼するか
5. 信頼できる経営コンサルタントとは
6. 経営コンサルタントになるための資格
7. 経営コンサルタントとしての成功のポイント
8. 経営コンサルタントを召さす人の実力養成
9. 経営コンサルタント独立起業の手順
   まとめ
 1970年代から経営コンサルタント業に携わってきました。その経験をもとに、このサイトを運営しています。

 経営コンサルタントを目指す人の60%が観ているのではないかと云われるのが、左のメニューです。新しい思いをするときに改編しながらお届けしています。

 経営コンサルタントを目指す人だけではなく、すでに経営コンサルタントとしてご活躍の先生にも何らかの示唆があると思います。

 視点を変えますと、一般企業の経営者・管理職でも、経営コンサルタントを選定するときの参考になる情報が入っているかもしれません。
弊著の新刊書 ご案内 
 
 ご購入 ↓
経営コンサルタントに不可欠「ロジカル・シンキング」
 「クリティカル・シンキングがよ~くわかる本」の姉妹書として、愛読されていました「ロジカル・シンキングがよ~くわかる本」も大幅改訂をいたしました。
 ロジカル・シンキングの基本としての思考法を図版を多用し、ロジカル・シンキングに不可欠なツールの紹介をて、平易な言葉で、わかりやすく解説しました。
 クリティカル・シンキング同様に、経営コンサルタントの視点からの事例も、ロジカル・プレゼンテーション、ロジカル・ネゴーシエーション等々も交えて解説しています。
 是非、両書を併用して、わかりづらいと言われる、ロジカル・シンキングとクリティカル・シンキングの違いもご理解ください。
  アマゾン
姉妹書: ロジカル・シンキングのポイントが解る本

 ご購入 ↓
経営コンサルタントに不可欠「クリティカル・シンキング」
 経営コンサルタントに不可欠と言われる「クリティカル・シンキング的発想」の重要性を理解していただこうと、2007年3月に発刊に漕ぎ着けました。
 爾後、皆様のおかげで順調に読者が増え、改訂に改訂を重ねてきました。韓国語版も出版され、韓国でもクリティカル・シンキング入門書の上位にランキングされています。
 この度大幅改訂を行い、一層実務的な加筆を行いました。とりわけ、経営コンサルタント視点によるケーススタディと図版の多さが好評です。

  • 単行本: 235ページ
  • 出版社: 秀和システム; 第2版 (2012/11/9)
経営コンサルタント独立起業の必読書

 経営コンサルタントを目指す人の大半が、いろいろな疑問を抱えているのではないでしょうか。ネットでもなかなか集まらない必要な情報にいらだちを感じていませんか?

 何処へ行けば、自分が本当に必要としている情報をえられるのか、これ一冊で、あなたの新しい道が拓けるでしょう。

   定価 1,000円(税・送料込み) A5判 60ページ

詳細 お申し込み
  ↑ PAGE TOP 
今日のひとり言・今日は何の日3 
【今日は何の日】 いろいろな見方
    【今日は何の日 インデックス
      日付を指定して、年間情報一覧から指定
    【今月の何の日 インデックス
      月間情報をご覧いただけます。
    【今日は何の日
      ブログで毎日お届けしています。
         Yahooブログ  アメブロ
      Gooブログ  ドリームゲート
   FC2ブログ
  一年365日、毎日が何かの日です。
 二十四節気など、季節を表す日もあります。
 地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。
 誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。

 経営者やビジネスパーソン、経営コンサルタントも、これらをネタに、情報を発信すると、関連したり、異なったりする情報が入りやすくなります。
 毎朝お届けしていますので、ご覧下さると幸いです。
  ↑ PAGE TOP
映像に見る今日の話題 

【映像に見る今日の話題】
 NHK他で私が興味を持った話題を、独断と編でもってご紹介します。映像のない記事や時間経過により、映像のリンクが外れていることもあります。



■ 69からロックと鍵のための記念日 2017/06/10

 6月9日は、「六(ろく)九(く)」で音楽のロック(rock)の記念日であるとともに、「我が家のカギを見直すロックの日」でもあります。

 ドナルドダック誕生日でもあるそうです。

 ミッキーマウスほどではないものの、ドナルドの愛称でアメリカの子供には大人気です。

 日本の子供は、アンパンマン、ドラえもん・・・・

 世代により人気度は異なりますね。

 ところで、ドラえもんの誕生日をご存知ですか?

 なぜ、その日がドラえもんの誕生日かは、ドラえもんファンでも知らない人が多いとか・・・

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/90634ee90db2e66c3ad5b5e07f718ea8


■ 私はカモメ、ではなく成層圏を飛ぶ男!! 2017/06/09

 6月8日は、「成層圏発見の日」だそうです。

 成層圏の発見の歴史からまだ百年強しか経っていないのですね。

 1970年に初めてアメリカに飛んだのが、私のファースト・フライとでした。

 窓から見える雲海は、登山をしたときの快感に似ていました。

「俺は、今、成層圏を飛んでいるのだ!!」と感動しました。

 成層圏の快晴は、印象的でした。(ドアノブ)

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/a96ea6c4914738c8c0bacf3c7d07dbf4


■ メートル原器は今は使われていない? 2017/06/08

 6月7日は旧の計量記念日で、新しい計量記念日は11月1日に変更となっています。

 メートル原器である「アルシーブ原器」は、1kgの白金製です。

 でも、今は、電子的に決められているので、この原器は使われていないのです。


「ものさし」は、経営においても重要です。

 経営におけるモノサシは、経営理念であったり、経営計画であったりします。

 多くの経営コンサルタントが、顧問契約をすると一番最初に経営理念の再構築や経営計画作りの支援をするのは、それゆえです。

 モノサシがずれてしまっている企業の経営は、やはりどこかがずれているのです。(ドアノブ)

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c9beee611adbc5decef3e8adb49e2bce


■ 補聴器とハウリング 2017/06/07

 「6」を、元の6とともにミラリングして並べ、上下逆転すると耳に見えませんか?

 このことから6月6日は、「補聴器の日」だそうです。

 近視の私にとってメガネがないと何もできないのと同様に、難聴の人にとっては補聴器はありがたい存在ではないでしょうか。

 補聴器もマイクとイヤホンが一対となっていますので、分離型の補聴器ではハウリングを起こしてしまいます。

 近年、電池の技術改良で、小型化が可能で、一体型の補聴器が一般的になってきています。

 ハウリングを起こすことはあまりないのではないでしょうか。


 骨伝導型というのもあるようです。

 イヤホンやヘッドセットは長時間使っていますと疲れます。

 私は、骨伝導型のヘッドセットを併用して、長時間のSKYPEでもあまり疲労しないようにしています。


 歳を重ねるにつれ、以前のような集中力がなくなりました。

 周囲の会話の声で、集中できなくなってしまいました。

 そこで、購入したのが、警察官などが射撃訓練の時に使うイヤ・マフラーです。

 20デシベルくらいに、外音を減らしてくれるので集中できるようになりました。

 イヤ・マフラーを付けるようになって気がついたのですが、キーボードの音は結構大きいのですね。

 イヤ・マフラーを付けますと、それが非常に小さく聞こえ、初めは違和感を覚えました。

 電車の中で、消音機能付きのヘッドセットを使っていましたが、その効果は限定的でした。

 イヤ・マフラーは、その点では効果的ですが、耳の圧迫感は、ヘッドセットの比ではなく、今後も愛用できるのかどうかはわかりません。(ドアノブ)

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/797ba85cdb2925cb1853b4a9e6132124


■  トランプ大統領のパリ協定離脱を防げないのか 2017/06/06

 G7サミットは、トランプ大統領が引っかき回したというもっぱらの噂ですが、どこまで真実なのでしょうか?

 G7集合写真をとるときに、トランプ大統領が他の参加者を押しのけて自分が中央に立つ様子が映像としてながされました。

 G7では主催国が中央に、出席者の多い順に左右末席に並ぶというのが暗黙の了解といわれています。

 それにもかかわらず、自分は中央に位置していました。

 既存の慣習を破らなければ進歩はないといわれますが、大国意識丸出しのトランプ大統領のやり方はいただけませんね。

 6月5日は「世界環境デー(World Environment Day)」でした。

 パリ協定が、理想の姿かどうかはわかりませんが、アメリカだけが勝手な振る舞いを許されるわけではありません。(ドアノブ)

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/0e4e96796e8d199ab7dc36bef69bf9f3

■ 喉元過ぎれば熱さを忘れる 2017/06/05

 われわれは、熱しやすく冷めやすいという局面を大なり小なり持っているような気がします。

 それが「ブーム」とか「流行」とかいわれるものです。

 意識面でも一過性があるように思えます。

 東日本大震災直後は、省エネ意識も高まりました。

 自治体の中には省エネ活動でポイントを与えるなどの工夫をしたところもあります。

 ところが近年、その意識も低下してきてしまったように思えます。


 トランプ大統領がパリ協定から脱退するというのは、地球温暖化に対する軽視も甚だしいことです。

 処々でいろいろな天災が起こっている事実から目を背けているに過ぎません。

 大国のトップであれば、大所高所からむしろその様な人達を諫めるべき立場にあるのです。

 いくら世界の警察官をやめたからと言って、いくらアメリカファーストだからといってリーダーたるべき言動としてはあるまじきことです。

 そのくせ、G7の集合写真をとるときには、「俺様はアメリカ大統領だから、お前どけ」と幼稚園児のような行動は、アメリカ大国意識を丸出しでした。

 今のアメリカでは、彼を弾劾裁判にかける判断力すら薄れてしまっているのでしょうか。
  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/e3b0e23b32969627287c2367afc81ec1


■ 時代の読み方 一帯一路構想の陰でアフリカ進出を着実に進めようとしている 6/4

 3年前に打ち上げた「一帯一路」の構想は、当初は大風呂敷として見られていましたが、このほどのAIIBや”中国国営ファンド”の数兆円に上る支援の発表により多少なりとも実現味を帯びて見えるようになりました。

 表向きは立派な構想であっても、その裏では何を考えているのでしょうか。

 アメリカに代わり、世界覇権を握り、世界のリーダーとして自分の思うように牛耳ろうというのがホンネのところではないのかとみる専門家が多いです。

 物理的距離があるからか、真実から目をそらしているのか、ヨーロッパは、AIIBなどを通じて経済的な恩恵を得ることに目が行ってしまっています。

 中国の下心と専門家が言っている野心から目をそらしているヨーロッパ諸国のやり方が気になります。


「最後の巨大市場」と言われるアフリカ大陸ですが、かつては英仏が積極的に進出していました。

 しかし、今や中国が着々とその地盤を固めていると専門家が言っています。

 年間1000億ドルもの輸出で、アフリカ市場を席巻するかの勢いです。

 投資も積極的で3年間で600億ドルの支援を約束しています。

 しかし、その投資は、現地の人達のメリットというよりは、中国から100万人を超える労働者を派遣し、国営ゾンビ企業の受け皿としています。

 借款でアフリカ某国にに立派な港を作りました。

 港への寄港船から一回の寄港で3万ドルが収入として上がるという前提で収支予測を出して、ごまかしの見積ともいえる案を提示して開始した支援です。

 ところが、寄港する船が見込みの百分の一にも満たないと言われるほど、ほとんどなおそうです。

 その結果不採算となっています。

 初めから、それが予測できているの、進めた結果、当然のことながら返済不能状態です。

 利息分の支払を延期するという条件と引き換えに、99年間その港の使用権を中国に要求してきました。

 香港99年割譲の経験を、そこに活かしているのでしょうか。<笑い>

 軍船が寄港できるようにするための下準備と見られています。


 もし、これらが事実とした、やりたい放題のこの現状を、ヨーロッパ先進国よ、各国よ、直視してください。

 今ならまだ遅すぎません。

 東シナ海の二の足を踏んではなりません。

【 注 】

「二の舞を踏む」はしばしば耳にする誤りです。

「二の舞を演ずる」という表現と「二の足を踏む」という表現がごっちゃになってしまったのですね。

 因みに「二の足」というのは、二歩目のことを指し、一歩目は何とか踏み出せても、なかなか二歩目は踏み出せないという意味です。

■ 一週間を先読みする  2017/06/04

 先週有効求人倍率のデータが発表されました。今週は勤労統計が発表されます。バブル期を超える有効求人倍率も発表されましたが、売り手市場の学生の一部による発言が気になりました。求人側のやり方では、彼らが世の中を甘く見てしまうのではないでしょうか。

 株価も世界的な株高に引き上げられた形で二万円台を回復したという報道が流されました。景気動向指数やGDP、国際収支、消費者白書等々各種の資料が出てきます。GDPに匹敵する国債を買い入れている日銀の危機感の希薄さ、心配の懸念が増幅してきました。

 北朝鮮の増長ぶりと国連安保理の無能さにもうんざりします。太平洋戦争勃発時の日本の異常状態が現在の北朝鮮のような気がします。アメリカが先手を打って武力攻撃をすることはないだろうと足元を見た言動には寒気を催します。今回は常任五か国の足並みが揃いましたが、呉越同舟、いつまでも揃っているとは思えません。

 トランプ大統領のパリ協定に対する発言も、国内向けのゼスチャーのウェイトが高いとはいえ、国際的な努力を踏みにじる発言は許容範囲を超えているのではないでしょうか。

 ヨーロッパではECB定例理事会が開催されます。景気回復が見えてきて、物価上昇という面に表れてきました。一方で賃金が伸びず、しばらく前の安倍政権の舵取りに類似してきたようにも思えます。結局ECBでは金融政策の変更をしない見通しです。ドラ日総裁が緩和策についてどの様な発言をするのかに注目が集まります。(ドアノブ)

 勤労統計(厚労省)
 景気動向指数(内閣府)、OECD経済見通り
 GDP(内閣府)・国際収支(財務省)、ECB定例理事会、英:総選挙、中:貿易統計
 マネーストック(日銀)、消費者白書、英:総選挙、中:消費者・卸売物価指数

■ 測量のやり方は原始的 2017/06/04

 測量という言葉を聞きますと伊能忠敬を連想するのは、私だけではないでしょう。

 今日のような素晴らしい測量機器がない時代に、あれほど正確な地図を描けたと言うことは素晴らしいことですね。


 測量というのは、今日のような電子機器万能な時代でも、その方法は原始的と言いますか、数学的と言いますか、あまり変化はないようですね。

 土木測量というのは、土地の面積を測る作業が多いです。

 その測量のしかたですが、カーブをしていても、まっすぐであっても、直線で測量するのですね。

 ポールとポールの間の距離を測って、それを繋げます。

 すなわち、三角形に土地を分けて計算します。

 これを「三斜を(に)切る」というのだそうです。

 ポールの位置は、北緯何度東経何度というように地球規模の大きさで、それを分割した形で表記するのです。

 一坪何百万円とか、何千万円というような高価なものですので、なんとなく大雑把な測り方のように、素人の私には思えます。

 かつて、伊能忠敬の末裔の方とお話をした折に、そのことを話しましたら、笑われてしまいました。(ドアノブ)

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/376a44e028961f80c18d41c513b965e7


■ 横浜開港祭で盛大な祭典 2017/06/03

 横浜港開港を記念して祭典が開催されます。

 今年で36回目を迎えるお祭りです。

 小中高の歌合戦もあるようです。

 開港祭親善大使の綺麗なおねえさんも登場。

 複数の会場で開催されるようです。

 祭典の期間は、6月2~3日ですので、本日ならまだ間に合います。

 横浜港と言いましても広いです。

 レトロバスが走っていますので、一日券を購入してそれを利用しますと安価に移動ができます。

 ただし、一方向にぐるりと回りますので、適度に地下鉄やみなとみらい線を利用するとよいのかもしれません。

 開講祭のURLは私のブログからも紹介しています。(ドアノブ)

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/44661c0ecdedf49dcfca7b34a11ce0ae


■ 豚に真珠 2017/06/02

 6月の 誕生石は何でしょうか?

 真珠ですね。

 真珠と言えば、私どもの年代では御木本幸吉を思い浮かべるでしょう。

 御木本幸吉(みきもと こうきち)は、江戸末期に、現在の三重県鳥羽市に生まれました。

 うどん屋の長男が、機械いじりが好きで、粉を挽く石臼を使いやすく改良して、賞金をもらったというように伝記に書いてあったと記憶しています。


 真珠と言いますと「豚に真珠」という諺があります。

 人間にとっては価値のある真珠ですが、豚には真珠の価値は理解されません。

 このことから、価値のわからない人に、価値あるモノを与えてもムダであるという意味で用いられます。

 同じような意味合いで、「猫に小判」というのがあります。

 ニュアンスが多少異なりますが、「馬の耳に念仏」というのもあります。

 情報にしろ、知識にしろ、その価値がわからない人には無意味なモノで、機会損失を起こしていることに気がつかないのです。

 私達、経営士・コンサルタントには、その様な経営者に気づきを覚えてもらうのが重要な業務のひとつです。(ドアノブ)

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/fa3bdc0bb42b6d5ed6788fcdbe860164


■ 生命の危険がありますので歩行喫煙はやめてくださるようお願いします 2017/06/01

「嫌煙権があるなら、喫煙権もある」というような類いの愛煙家がいます。

 たばこを吸わない私も、その意見に反対はしません。

 でも、喫煙されることにより、命を脅かされている人がいることをご存知ですか?

 それでもあなたは平気で悪いマナーで喫煙ができますか。

 歩行喫煙をする対向者がある場合には、その人が歩きながら振りまいている歩道を歩かなければなりません。

 同じ方向に歩く場合には、口から吐き出された煙突から出る煙に包まれながら歩かなければなりません。

 自転車に乗りながらたばこを吸う人も困ります。


 再度書きます。

 喫煙されることにより、命を脅かされている人がいるのです。

 喫煙者がいるために救急車を呼ばなければならない人が多数いるのです。

 年間数千人の患者が命を奪われている事実をご存知ですか。

 嫌煙権主張より、重大な側面があることを欲しいのです。

 詳しくは、ブログでどうぞ。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/e9a35ce83e323ecfa244955ef8343b76

■ 川に浮かぶ桜の花びらはどこへ・・・ 2017/05/31

 5月30日は「ゴミゼロの日」でした。

 コンビニの大半が大手チェーンに属していますが、地域に根付いた独立コンビニも頑張っています。

 コンビニで話題になるのが、賞味期限が近いお弁当などの廃棄問題です。

 予測と実売の差が、この問題を引き起こしているのです。

「コンビニエンス=利便性」が売り物ですので、品切れによる不便を掛けることを避けたいという温かい気持ちから、多めの仕入をしているために起こっている現象です。

 しかし、売上予測の判断力が低くてこの問題を引き起こしていることが多いのです。

 予測力を養成するのは大変ですが、大きな課題です。

 一方で、大手コンビニでは、賞味期限が近くなりますと廃棄する基準が厳しいのですが、独立系のコンビニや小売店では、タイムセールにより値下げして販売をすることにより、ごみの減量に繋げているところもあります。

 大手コンビニも、ルールを見直し見てはどうでしょうか。


 話は変わりますが、桜の季節、桜の花は、ハラハラと散るのが風流です。

 川や池に浮いた花びらもまた優雅です。

 でも、水面から沈んだ花びらはどうなるのでしょうか?

 美しい風景を思い描いて、このブログを読んでくださっている方には申し訳ないのですが、川や池に沈んだ花びらは、実は、ヘドロの材料となってしまいます。

 東京都では、神田川や目黒川など、桜の名所の下流では、花びら回収専用の船が活躍して、ヘドロにならないようにしています。

 陰の努力があってこそ、川や海がヘドロ化しないで済んでいるのですね。

 ありがとうございます。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/0d4e82bb545c703a11afb1234e321702


■ エベレストの標高はひとつではない?! 2017/05/30

 エベレストを最初に登頂したのはニュージーランドのヒラリーで、60年近く前のことです。

「たった60年前?」という感覚の人もいらっしゃると思います。

 それほど厳しい山なのかもしれませんが、昨今は、登頂者が多くて、ごみだらけになってしまっていると冒険家の野口氏だったと思いますがおっしゃっていました。(もし、違っていましたらごめんなさい)


 科学技術の発展している昨今ですが、エベレストの標高に対する数値でも中米対立があるようです。

 エベレストがあるネパール政府も独自の標高を示しています。

 自然科学は、答はひとつ(であって欲しい)と思っていましたが、そうではないのですね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/daf3377d7dfaec6c482ac18c18c48c6d


■ 花火に仕組まれたパラシュート 2017/05/29

 5月28日は「花火の日」でした。

 隅田川の花火は有名ですが、「江戸の華」といわれるように江戸時代から花火大会があったのですね。

 当時の花火は、丸く美しく散るのではなく、今日では「柳」と呼ばれる花火分類に属する、流れ落ちるような花火だったようです。

 鍵屋と玉屋(鍵屋から独立)やが競い合って、その美しさを競ったそうです。

 その技術が今日に繋がっていて、日本の花火は世界的にもトップクラスといわれています。


 私が子供の頃、打ち上げられた花火から落ちてくる「落下傘(パラシュート)」が楽しみでした。

 ある日、私の家のすぐ前に落下傘が落ちてきました。

 私は、玄関から下駄を履いて出ようとするのですが、なかなか下駄を履けません。

 ようやく下駄を履いて飛び出して、落下傘を拾いに行こうとしたのですが、通りがかりのおばさんに先を越されてしまいました。

 後になって、裸足で良いから直ぐに飛び出せば良かったと悔やみました。

 今でも、その時の無念の気持ちは忘れられません。<笑い>

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/7b2c5517560f1fce70804464ea14e5bd

■ 一週間を先読みする 2017/05/28

 アメリカFRB(連邦準備制度理事会)のベージュブック(地区連銀景況報告)が発表されます。また米労働省から5月度の雇用統計が発表されます。4月度の報告では非農業部門の就業者数が増加していました。それも市場予想を上回ったほどです。失業率も4.4%と低水準でした。今月の発表でも雇用統計数値が悪くなければ、FOMCの追加利上げが行われるでしょう。その影響が新興国経済へマイナス影響が強まることが懸念されます。また、ロシア偽悪でトランプ大統領が内憂外患状態から脱することができるのか、その影響がどうなのか、懸念材料を抱えています。

 中国の一帯一路構想の大風呂敷の陰でインドの存在が薄くなっています。今週はインドのGDPが発表されます。高額紙幣の廃止で社会的な混乱が、懸念されたほど大きくなかったとはいえ、経済的には影響があったようです。このことから、GDPはやや悪目の数値が出るのではないかと心配されます。とはいえ、新紙幣の供給も順調になり、自動車関連業界の落ち込みが回復基調になっていることから、一年をならすと7%近い成長率は持続されるとみています。

 お隣の韓国では、新政府の下、早期の行政立て直しを望んで業務が遂行され始めているようです。米中の狭間に挟まれ、北朝鮮の再三のミサイル発射で対応に苦慮しながらの新政府の舵取りが注視されます。

 森学園に続き、加計学園と安倍首相の疑惑が続いています。フェイクメールで失敗した民進党の前原氏の二の前にならないよう、足元を固めないと真実は明確にならないでしょう。力で国会運営を推進している自民党を横の方から崩壊させようとするような野党のやり方で成功するのかどうかわかりませんが、一党独裁的な現状はけっして日本にとって好ましい状況とは言えないことは事実です。

28 安倍首相の通算在職期間1981日、カンヌ映画祭授賞式 
29 米メモリアルデー 
30 家計調査(総務省)・有効求人倍率(厚労省)・プロ野球セパ交流戦、米個人所得・消費 
31 住宅着工統計(国交省)・鉱工業生産・出荷・在庫指数(経産省)、米ベージュブック、印:GDP、中:PMI 
 米個人所得・消費
 金融政策決定会合議事要旨・マネタリーベース、米FOMC(~3)
ユーロ圏GDP 

■ 東名高速道路はアジアハイウェイ1号線のスタート地点 2017/05/27

 南関東に在住の方で、東名高速道路を利用したことがないという人は少数派かもしれないほど、日常生活には欠かせない高速道路です。

 この東名高速道路は、実は「アジアハイウェイ1号線(AH1)」の一部といいますか、1号線のスタート地点です。

 アジアハイウェイ(英語: Asian Highway Network 略称AH)は、1959年に国際連合アジア極東委員会(ECAFE)により提唱されたのがスタートです。

 アジア32か国を結ぶネットワークで「現代のシルクロード」を目指して計画されました。

 物流革命になるかもしれません。

 習主席の一帯一路構想とも重なり、中国では、社会インフラ整備で大きな役割を演じたいと野心を顕わにしています。

 AHの路線図案を見ますと、日本は極東の外れに位置しているのですね。

 一方で、それは極東の入口でもあり、ハブ空港としての機能を拡充していく必要があります。

 現在の羽田空港だけでは、地形上難しいかもしれません。

 日本が、アジアでどの様な位置づけであるべきか、立ち止まって再度検討してみる必要があると思います。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/dafc6afaf1a956ca2cac03cae8282a49

■ 主婦にもプレミアムフライデーがあるのでしょうか? 2017/05/26

 今日はプレミアムフライデーです。

 少しずつですが、浸透し始めていますが、一過性の動きではなく、良い方向に向かってほしいと思います。

 一方で、主婦にはプレミアムフライデーがあるのでしょうか?

 それどころか、主婦の業務に対してどのくらい理解してあげられているの、多くの人が不充分なのではないでしょうか?

 残念ながら、かくいう私もどのくらい妻の仕事の価値を理解し、それに対して感謝の念を持っているかと問われますと、自信を持って「YES」と回答できません。

 ただ、何かをしてもらったときには「ありがとう」というように心がけています。

 それで充分に私の気持ちを表せているかどうかはわかりません。

 言葉を発する前に、妻に限らず相手に対する感謝の念を持ってから、「ありがとう」というようにしています。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/6fcddea2d1b29667dc6b762a40911fba


■ 日本で最初のゴルフ場は? 2017/05/25

 5月24日は「ゴルフ場記念日」、5月28日は「ゴルフ記念日」とゴルフの記念日が続いています。

 アメリカにいたときには、毎週末ゴルフをしていました。

 週末だけではなく、夏時間の間は、8時過ぎまで明るいのですので、終業後、ゴルフをすることもありました。

 車で15分くらいのところに、ハーフラウンドができるミッドコースがありました。

「ミッドコース」という言葉があるのかどうか知りませんが、9ホールで、ロングホールがありません。

 結構難しいバンカーがあり、コースを廻ると言うよりも、バンカーの練習をしたり、アプローチの練習をしたりと、このコースを利用する人は様々です。

 キャディーさんも電動カートもありません。

 それにしても住宅街にゴルフコースがあるなんて、うらやましいですね。


 ところで、日本最初のゴルフコースは?

 世界で最も人気の高いコースはどこ?

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/f74d9471fc7a4ca352831abca7389d2f

■ 最近ラブレターを書いていないな~~ 2017/05/24

 毎月23日は、「ふみの日」ですが、その中でも5月23日は「ラブレターの日」というのだそうです。

 近年、SNSが定着し、紙にラブレターを書くという人は少なくなってしまったようです。


 NHKの鎌倉を背景にしたドラマが放映されています。

 代書屋さんが主人公で、人間模様を描き出しています。

 非日常性がテレビドラマの成功のカギというようなことがいわれていますが、日常的な生活の中で、相手を思い、手紙の代書をするという非日常的なことが混在して面白いです。

 来週あたりが最終回となってしまうのが寂しいです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/38a865b723b97ef588ebb718dce8f4a6


■ ゲノム編集でクローン人間が出現? 2017/05/23

 5月22日は「国際生物多様性の日」でした。

 まだ、蚊の季節には遠いですが、蚊がマラリアなどいろいろな病気を媒介します。

 蚊が刺すと、蚊に寄生している生き物が人間に害を与えるのだとテレビで解説していました。

 蚊のゲノムを編集すると、その様な寄生虫が蚊の体内にいなくなり、刺されても害を及ぼさないというのです。


 ゲノム編集は、癌やエイズなど種々の難病から人類を救ってくれる時代がやってきます。

 中国では、すでに人間の卵子でゲノム編集をしているといいます。

 ゲノム編集が、生き物を変化させる時代にすでに入っていると思うと、なんとなく怖い時代になってきたように思えます。

 これまでには存在しないような生物が出現しかねないからです。

 ポジティブな見方だけではなく、マイナス面への対策を早急にお願いしたいですね。

  http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/


■ 「南無阿弥陀仏」と唱えると極楽往生できます 2017/05/22

 平安時代末期になりますと世の中が不安定となり、保元の乱や平治の乱が起こるなどして民衆は、末法思想に恐れおののいていたといわれています。

 仏教では、正法・像法・末法という三時(さんじ)があるいわれています。

 仏の教のみが存在して悟りに入る人がいない時期のことです。

 ただし、これが唯一の説ではなく、釈迦の死後1,500年(2,000年という説もある)以降に来るともいわれています。

 僧侶が堕落し、仏教がその役割を果たさない時代です。

 ノストラダムスの大予言とは少々異なるようです。

 乱れた世の中で、民衆はどの様に生きていったら良いのかわかりません。

 その様なときに現れた法然の「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば人は皆平等に来征を迎えられるという教えにすがりたくなるのはわかりますね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/0b40036e03b3ec09d721747988239ea2


■ ローマ字は、ローマの文字ではない 2017/05/21

 小学校で英語を学ぶ時代ですが、私は小学四年生の時に学び始めたように記憶しています。

 当時学んだのが訓令式というローマ字でしたが、英語を学ぶようになってからヘボン式ローマ字に自然と切り替わりました。

 たとえば「し」は、訓令式では「si」と表記しますが、英語国民が発音すると日本語のシではなく「スィ」に近い発音になってしまいます。

 ヘボン式では「shi」と表記しますが、この表記により日本人のシと同じような音になります。

 訓令式は、規則正しい表記ですので、学びやすいのですが、英語国民の発音からはやや遠くなってしまいます。


 ところでわれわれは「ローマ字」といいますが、古代ローマ帝国ではラテン語用いていましたので、ローマ字という表現は正しくないことになります。

 あまり厳密に考えずに、古代ローマ帝国において用いられていた文字に由来するという捉え方にすれば良いのかもしれませんね。

  http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/

■ 一週間を先読みする 2017/05/21

 イタリアシチリア島でG7首脳会議が開催されます。フランスのマクロン新大統領の当選でひとまずホッとしたEUですが、イギリス離脱問題がらみで不透明な部分が残っています。その様な中、米英仏の新大統領三者が顔を初めて一同に揃えることになります。自由貿易に対するスタンスは三者三様な中で、ドイツのメルケル首相や安倍首相がどの様にリーダーシップを発揮できるのでしょうか。経済問題もさることながら、北朝鮮問題は、日米と地理的に遠いヨーロッパ諸国との温度差は縮まってきているとはいえ、まだ開きがあります。安保理が機能していない中、G7の結束に重みが増しています。

 北朝鮮によって顔に泥を塗られた習近平主席ですが、プライドが高い人だけに内心は煮えくりかえるような思いをしているでしょう。一帯一路構想をぶち上げたその後をどのように取り仕切るのか、AIIB運営の透明性など、中国の新しい役割を、リーダーとしての品格を持って対応できるのでしょうか。

 25日にはウィーンでOPEC定例総会が開催されます。サウジとロシアが協調減産延長を表明しているので、他国も追随すると予想されます。それにより原油価格が上昇してくると、日本や中国を初めとした原材料としての原油輸入量の多い国は、輸出にブレーキが掛かり、世界経済の回復鈍化も心配されます。トランプ大統領のロシア疑惑で、円高気味になってきていることで、追い打ちにより、せっかくGDPが連続回復している日本への影響が懸念されます。

22 ユーロ圏財務相会合 
23 EU財務相理事会 
24 3カ月予報(気象庁)、米FOMC議事要旨 
25 OPEC定例総会、NATO首脳会議 
26 G7首脳会議(~27)、企業向けサービス価格指数(日銀)、米GDP 
27 衆院議員選挙区画定審議会勧告期限 


■ ローマ字は、ローマの文字ではない 2017/05/21

 小学校で英語を学ぶ時代ですが、私は小学四年生の時に学び始めたように記憶しています。

 当時学んだのが訓令式というローマ字でしたが、英語を学ぶようになってからヘボン式ローマ字に自然と切り替わりました。

 たとえば「し」は、訓令式では「si」と表記しますが、英語国民が発音すると日本語のシではなく「スィ」に近い発音になってしまいます。

 ヘボン式では「shi」と表記しますが、この表記により日本人のシと同じような音になります。

 訓令式は、規則正しい表記ですので、学びやすいのですが、英語国民の発音からはやや遠くなってしまいます。


 ところでわれわれは「ローマ字」といいますが、古代ローマ帝国ではラテン語用いていましたので、ローマ字という表現は正しくないことになります。

 あまり厳密に考えずに、古代ローマ帝国において用いられていた文字に由来するという捉え方にすれば良いのかもしれませんね。

  http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/

■ 江戸三大祭りをご存知ですか? 2017/05/20

 東京を訪れる人は、近年は東京スカイツリーが目的かもしれませんが、そのスカイツリーを隅田川越しに見ることができるのが浅草です。

 浅草といいますと「三社祭」を連想する人が多いですね。

 大提灯の浅草寺が有名ですので、三社祭は浅草寺のお祭りと勘違いしている人が結構いるようです。

 お祭りは神社、浅草寺はお寺です。

 浅草神社は、浅草寺に隣接しています。おそらく昔は、一体だったのではないでしょうか。


 三社祭は、当然のことながら、江戸三大祭りのひとつ・・・

 そう思っていましたが、そうではないのですね。<浅学>

 では、江戸三大祭りとは?

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/a2be07de5805af6db9549951b5c1fa64


■ ファイバーの日に思う 2017/05/19

 光ファイバーのおかげで、私達はインターネットを高速に利用できます。

 私がパソコン通信を始めた頃は、「クンロク」といわれ、9600bpsという、今では考えられないような遅い伝送速度でした。

 もちろん、画像を送ろうと思うと相当なる時間と費用を気にしなければなりませんでした。

 昨今のようにつなぎっぱなし等というのは信じられない時代で、10円で何秒という従量制課金でした。


 5月18日は、ファイバーの日ですが、ファイバーはファイバーでも「食物繊維」のファイバーです。

 私が子供の頃は、食糧難の時代でもあり、栄養素といいますとタンパク質、脂肪、炭水化物ということは教えられても食物繊維の重要性は教えられませんでした。

 食物繊維というのは、私達が持つ消化酵素によって消化されない食べ物のことです。

 昨今では、炭水化物の取り過ぎが話題になっていますが、私が子供の頃は、食物繊維ばかりの食事というとオーバーですが、タンパク質や脂肪不足を啓蒙されました。

 ましてや消化されない食物繊維などの重要性は学者でもあまり考えていなかったのかもしれません。

 世の中の進歩により、かつては推奨されたことが、時代の流れとともに変化してゆきます。

 時には、過去の知識や経験が徒(あだ)になることもありますので、注意するようにしています。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/235eb165409a203bbcbd1503341063b7


■ 鎌倉のハイキングコース 2017/05/18

 南関東在住の方の多くは一度は訪れたことのあると思われます神奈川県鎌倉市は、歴史の街です。

 鎌倉には、いくつものハイキングコースが在ります。

 半世紀以上前になりますが、高校の同窓会でハイキングに行ったことが最初です。

 ハイキングといいながら、団地が見えたり、人間くささが処々にあったりしたことを記憶しています。

 5月17日には鎌倉五山の特別ランキングにあります建長寺大権現大祭をブログで紹介しました。

 建長寺の境内を通り抜け、山道を登ると半僧坊があります。

 この時期、新緑が綺麗ですし、半僧坊から駿河湾を望むこともできます。

 一度は訪れてみる価値があると思います。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/0ec28d1850321aa9dceabed18f4172f9


■ 次の英文を和訳せよ DO YOU KYOTO? 2017/05/17

 AO入試が見直されるそうです。

 受験勉強をガチガチしてきた学生と比べて学力差が大きいという理由です。

 これって、何か変ではありませんか?

 個性を伸ばす価値のある人を、学力とは切り離して審査しようという制度ですので、いまさら学力といわれても、ご本人は困るのではないでしょうか?

 確かに、大学生でありながら中学生程度の学力しかなければ大学生とは言えないかもしれません。

 だからといって、いまさら・・・

 審査のしかたを間違えているのか、AO入試制度のコンセプトそのものを見直さなければならないのかもしれません。


 普通に入試で合格した人は「DO YOU KYOTO?」は英語ではないと主張するでしょう。

 KYOTOというのは固有名詞であって、動詞ではないからです。

 でも、AO入試で合格した人は、「DO YOU KYOTO?」を、その人の個性で日本語に直せるのではないでしょうか?

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/135bc5e89043e6b8ef515efcf358b7e5


■ 沖縄に行くのにパスポートが必要でした 2017/05/16

 私が若い頃沖縄に行くのにパスポートが必要だった旨をブログに書きましたところ、複数の方から驚きの声を聞きました。

 戦後、米軍から返還されたのが、1972(昭和47)年なのですね。

 戦後20年余もの長きにわたり、沖縄の方々は米軍の施政権下のおかれ不便をされていただけではなく、いまだに米軍基地があるために大変な思いをされています。

 辺野古問題の解決策はないのでしょうかね。、


 沖縄という地名の由来は、「沖魚場」からきているということを昔聞いたことがあります。

「沖あいの漁場」という意味なのだそうです。

 それ以外の説もあるようですが、いずれも「遠い」とか「沖」という離れた場所を表す意味合いが多いようです。

 起源はどうあれ、日本の大切な県のひとつで、遠くとか、離れた場所というマイナスなイメージより、一体感を今以上に持たなければならないと思います。

 尖閣だけではなく、沖縄本土もどこかの国に占領されそうです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/08f7e361b51af7e7cd6acb55d7392dd3


■ ローズデー 母の日はバラではなくカーネーション 2017/05/15

 母の日の起源につきましては、ブログに書きましたので、ご覧下さると幸いです。

 今年の母の日は5月14日でした。

 この日は、ローズデーと呼ばれます。

 けっして、母の日にバラを贈るわけではではありません。

 お隣韓国の風習です。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/9792bc8797804942cd7cc4d3bfa1fb85


■ NHKの技術は4K・8Kだけではなさそう 2017/05/14

 5月13日は、国産テレビ試験電波発信の日でした。

 NHK放送技術研究所が国産テレビの試験電波発信をはじめた日です。

 テレビと言えるかどうかは問題ですが電子式テレビ受像機の開発をしたのは、高柳健次郎氏であることはよく知られています。

 毎年、この時期にNHK技術研究所で技術公開をしています。

 今年は25~28日です。

 会場はあまり交通の便が良くないところにありますが、行ってみる価値はあります。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/07f125d0098142ebe0b0185e22abd0fa

■ 一週間を先読みする 2017/05/14

 韓国大統領選は、予想通り革新系文大統領の勝利で幕を閉じました。日本たたきを公約に掲げないと選挙に勝てないというのが三候補に共通した傾向でした。北融和策は、米中の思惑の中、そう簡単にはなしえないと考えられ、国民の不満が鬱積するのかもしれません。いずれにせよこれから5年、日本にとっては連日嫌な思いをするのでしょうか。

 先日のADB総会に対抗しようと中国の一帯一路構想が具体化を始めます。フィリピンやミャンマーが早速尻尾を振ってすり寄っています。東南アジア諸国のインフラ需要に対して資金不足は明か、ADBはAIIBと下手な駆け引きをすべきではないでしょう。一帯一路構想に対してヨーロッパは、どの様に反応するのか、注目したいところです。

 アメリカは対日貿易赤字に対して更なる強硬姿勢を今後示してくるでしょう。日本は、米抜きTPPで対抗しようとしていますが、アメリカの外交手腕、というより強引なやり方を考えますと、そう簡単に進むとは思えません。

 自衛隊を憲法に盛り込む方向に加速を付けて変化しようとしている日本ですが、現在の国際情勢を鑑みると、取り組み、なすべき課題は別にあることに目をつむっていて良いのでしょうか。豊洲問題やオリンピック経費負担の問題など、小池都知事は苦境の中で都議選を迎えることになるのでしょうか。

14 大相撲夏場所(~28) 、中国一帯一路構想国際フォーラム
15 企業物価指数(日銀) 、中国鉱工業生産/小売売上高
16 米住宅着工件数 、英消費者物価
18  G20労働相会合(~19)
20  APEC貿易相会合(~21)

■ 鵜飼いに学ぶ、褒め方の難しさ 2017/05/12

 5月11日に鵜飼いが解禁となり、長良川の鵜飼について、ブログをお届けしました。

 鵜飼といいますと長良川を連想する人が多いでしょう。

 鵜飼いは長良川だけではなく、嵐山や宇治川の鵜飼いも知られています。

 長良川ほど期間は長くはありませんがご存知の方も多いです。


 宇治の平等院を訪れたとき、若い女性が鵜の世話をしていました。

 その様な関係者が、「有名な長良川の鵜飼」という表現を目にしますと「長良川だけではないですよ」と不快に思われるのではないかと気づきました。

 長良川は確かに有名で、それを良い意味で紹介したつもりですが、他の関係者からしたら不満ですよね。

 誉めるというのは、褒められた人にとっては嬉しくても、そうでない関係者には必ずしも同じように良い意味で受け止められるわけではありません。

 誉めることの難しさに改めて気づき、反省しています。

  http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/


■ 国鉄って何?「モノクラス制」って何? 2017/05/11

 昔プロ野球に「国鉄スワローズ」という球団がありました。

 今のヤクルトスワローズの前身です。

 その球団に名投手がいました。

 金田正一氏です。

 脚光を浴びていた新人・長嶋氏をきりきり舞いに、三線ですべてを斬って落としたのです。

 プロの洗礼というのは、こういうことをいうのでしょう。

 長嶋氏はそれを思い知らされ、それが後の大スターへの飛躍台になったと思います。

 これでこそプロだという、意地を示すことができ、金田氏は溜飲を下げたと思います。


「国鉄」とか、「モノクラス制」といわれても、鉄ちゃんならあたり前のことですが、普通の若い人にとっては、いにしえの話ですね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/ae26e8161f8a50c4e97afd2b33dd28a7


■ 黒板の想ひ出 2017/05/10

 5月9日は「黒板の日」でした。

 学校以外で黒板というものが存在するのかどうかというような時代になりました。

 全国黒板工業連盟に加盟している企業が30余社あります。

 学校の黒板需要だけで企業が成り立っているとは思えませんので、白板を製造したり、電子黒板を取り扱ったりと生き残り策を講じているのでしょう。


 子供の頃、先生が板書した文字をノートにキチンと書き写すのが授業を受けるスタイルでした。

 今日では、板書もありますが、プロジェクターから投影された教材を使う授業が一般的なようです。


 チョークのことを昔は「白墨」といいましたが、日直が黒板消しの掃除をしたのも思い出されます。

 二つの黒板消しを使って両者をたたきながら粉をはたき出すのです。

 昨今のように、電気で吸い込むような器械がありませんでしたので、生徒は粉を吸い込んでしまっていたと思います。

 今でも先生は、黒板を拭きながら、それを吸い込んでしまっているのでしょうか?

 職業病に罹らないのでしょうかね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/2c22a6eef23a877259584059a5d347ac


■ 赤十字社の7つの原則をご存知ですか? 2017/05/09

 5月8日は「世界赤十字デー」でした。

 赤十字の創設者はアンリ・デュナンです。

 赤十字社は、7つの原則を掲げていますが、ご存知ですか?


 日本赤十字社草創期に小松宮彰仁親王の功績は大きく、その銅像が上野恩賜公園にあります。

 ひと様のために、何かをしようとすることはなかなかできないことですね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/cb63c0ddac5ec804992c61ed574a3df0


■ 「ミス焼き」ってご存知ですか? 2017/05/08

 5月7日は「こ(5)な(7)」の語呂合せから「粉の日」でした。

 食い道楽の大阪は、粉文化と良くいわれます。

 たこ焼きは、おいしいですね。

 でも、なぜたこであって、イカではないのだろうか、と東京生まれの私は思います。

 中から何が出て来るのかわからないたこ焼き風のものでもよいとおもいます。

 たこ焼きならぬミステリー焼き、省略の好きな関西人なら「ミス焼き」とでも命名するのでしょうか。

 東京には、もんじゃ焼きがあります。

 でも、たこ焼きに比べたらマイナーなコナモンですね。

 OCNの調査に「お好み焼きとラーメン、どっちが好き?」というのがありました。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/8c3fe63ed066d85e18bb06754524bf8f


■ 一週間を先読みする 2017/05/07

 トランプ大統領の作戦に乗っている習主席の対応に、北朝鮮が苛ついています。その表れとして、公然と中国批判をしました。無名の記者に書かせたとはいえ、北朝鮮としては度胸ある行動で、気違い沙汰と思えるような現状なだけに怖さを感じます。その渦中にある韓国の大統領選挙が行われます。選挙に勝つためには、日本に対して厳しい姿勢を見せざるを得ませんが、比較的日本に対して融和的な安氏の勝利の確率は必ずしも高くありません。韓国の良識を左右すると言えます。

 選挙といえば、ヨーロッパは、オランダやイタリアに続き、重要な選挙が3つも今年は控えています。5月7日にフランスの大統領選決選投票が行われます。二大政党の党首が予備選で敗れたので、中道派のマクロン氏が当選することはほぼ確実でしょう。ところが、マクロン氏は二大政党には及ばない政党に属していますので、大統領と議会のねじれ現象が起こります。その結果フランス政界の不安定さはぬぐえません。6月8日にはイギリスで総選挙が行われます。メイ首相が地盤固めのために前倒しして実施します。9月にはドイツ連邦議会選挙があり、いずれも予断が許されません。

 不透明な世界情勢の中、11~13日にG7財務省・中銀総裁会議が開催されます。イギリスのEU離脱、北朝鮮やシリア問題など、難しい議題が山積しています。中国では国際協力フォーラムが開催されます。ヨーロッパと中国を結ぶ巨大経済圏構想に関して中国がどの様に出てくるのでしょうか。

 今月予定されているG20では、トランプ大統領とプーチン大統領の初会合が持たれます。北朝鮮問題とシリア問題の行方が気になるところです。


■ 薬と断捨離 2017/05/07

 5月6日は「ゴムの日」でした。

 子供の頃、割り箸で輪ゴム鉄砲を作ったりしましたので、輪ゴムが必要でした。

 ところが当時は物資不足の時代で、輪ゴムはなかなか手に入りませんでした。


 複数の薬を毎日服用していますので、薬を束ねる輪ゴムが増えてしまうことをブログに書きました。

 輪ゴムをとっておいても、特別な用途があるわけではありませんので、捨てませんと溜まる一方です。

 物不足の時代に育った私ですので、捨てることに罪悪感を感じてしまうことから、輪ゴムが溜まってしまいます。

 経営士・コンサルタントとして5Sの話をしばしばしますし、そのときに断捨離の話も含まれます。

 紺屋の白袴

 自分自身のこととなると、なかなか理屈通りにはまいりません。反省

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/353b035826a38f85e6e2dfe09dfc85c4


■ 一週間を先読みする 2017/05/07

 トランプ大統領の作戦に乗っている習主席の対応に、北朝鮮が苛ついています。その表れとして、公然と中国批判をしました。無名の記者に書かせたとはいえ、北朝鮮としては度胸ある行動で、気違い沙汰と思えるような現状なだけに怖さを感じます。その渦中にある韓国の大統領選挙が行われます。選挙に勝つためには、日本に対して厳しい姿勢を見せざるを得ませんが、比較的日本に対して融和的な安氏の勝利の確率が、韓国の良識を左右すると言えます。

 選挙といえば、ヨーロッパは、オランダやイタリアに続き、重要な選挙が3つも今年は控えています。5月7日にフランスの大統領選決選投票が行われます。二大政党の党首が予備選で敗れたので、中道派のマクロン氏が当選することはほぼ確実でしょう。ところが、マクロン氏は二大政党には及ばない政党に属していますので、大統領と議会のねじれ現象が起こります。その結果フランス政界の不安定さはぬぐえません。6月8日にはイギリスで総選挙が行われます。メイ首相が地盤固めのために前倒しして実施します。9月にはドイツ連邦議会選挙があり、いずれも予断が許されません。

 不透明な世界情勢の中、11~13日にG7財務省・中銀総裁会議が開催されます。イギリスのEU離脱、北朝鮮やシリア問題など、難しい議題が山積しています。中国では国際協力フォーラムが開催されます。ヨーロッパと中国を結ぶ巨大経済圏構想に関して中国がどの様に出てくるのでしょうか。

 今月予定されているG20では、トランプ大統領とプーチン大統領の初会合が持たれます。北朝鮮問題とシリア問題の行方が気になるところです。

仏大統領選決選投票 
8 パリ協定特別作業部会 (~18)、中国貿易統計
 韓国大統領選挙
10 G7財務相・中銀総裁会議、金融政策決定会合の「主な意見」、米財政収支 
11 国際収支(財務省)、景気ウオッチャー調査(内閣府)、英中銀金融政策委員会 
12 マネーストック(日銀)、米CPI 

■ 暦の上では夏になりました 2017/05/06

 今年の立夏は5月5日でした。

 春分と夏至の中間の日で、この日から暦の上では夏になります。

「夏も近づく八十八夜・・・」と唄われますが、もう夏なのですね。

 立夏は、最近は5月5日のことが多いのですが、冬至から3/8年(約136.97日)が経過したころになりますので、年により変化します。

 ちなみに2019年は5月6日、2020年オリンピックの年は5月5日です。

 閏年の前年が5月6日になるようです。

 ただし、2040年以降は、それも適用されなくなります。

 太陽の運行が1日24時間ぴったり出ないことがその原因です。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/54072062340f6434cd398ee1b947ea0d


■ 一週間を先読みする 2017/05/05

 トランプ大統領の作戦に乗っている習主席の対応に、北朝鮮が苛ついています。その表れとして、公然と中国批判をしました。無名の記者に書かせたとはいえ、北朝鮮としては度胸ある行動で、気違い沙汰と思えるような現状なだけに怖さを感じます。その渦中にある韓国の大統領選挙が行われます。選挙に勝つためには、日本に対して厳しい姿勢を見せざるを得ませんが、比較的日本に対して融和的な安氏の勝利の確率が、韓国の良識を左右すると言えます。

 選挙といえば、ヨーロッパは、オランダやイタリアに続き、重要な選挙が3つも今年は控えています。5月7日にフランスの大統領選決選投票が行われます。二大政党の党首が予備選で敗れたので、中道派のマクロン氏が当選することはほぼ確実でしょう。ところが、マクロン氏は二大政党には及ばない政党に属していますので、大統領と議会のねじれ現象が起こります。その結果フランス政界の不安定さはぬぐえません。6月8日にはイギリスで総選挙が行われます。メイ首相が地盤固めのために前倒しして実施します。9月にはドイツ連邦議会選挙があり、いずれも予断が許されません。

 不透明な世界情勢の中、11~13日にG7財務省・中銀総裁会議が開催されます。イギリスのEU離脱、北朝鮮やシリア問題など、難しい議題が山積しています。中国では国際協力フォーラムが開催されます。ヨーロッパと中国を結ぶ巨大経済圏構想に関して中国がどの様に出てくるのでしょうか。

 今月予定されているG20では、トランプ大統領とプーチン大統領の初会合が持たれます。北朝鮮問題とシリア問題の行方が気になるところです。



 「プレミアムフライデー」は定着し効果を上げられるのか 2017/05/05

 5月4日は「みどりの日」の国民の祝日です。

 2005年(平成17年)の祝日法改正により4月29日(昭和天皇誕生日旧祝日)のみどりの日を5月4日に変更することになりました。

 その結果、三連休を確保できるようになりました。

 これにより消費需要が期待されるのだそうです。


 消費需要を高めるという観点で、「プレミアムフライデー」が実施されています。

 月末の金曜日の午後3時に退社し、夕方を買い物や旅行などに充てることにより、消費需要を高めようという目論見です。

 働き方改革の一環としても着目されています。


 ところが、関係者のみが盛り上がっていて、われわれ庶民にはあまりピンときません。

 新しい制度なので、馴染みがないということも一因かもしれませんが、この制度に共感して実施しようという気になりません。

 有給休暇の未消化もある中で、一か月にわずか2時間です。

 その効果が出るのに時間がかかるのか、このまま消滅していしまうのか、先行き不透明です。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/4470a55092b7e17c9e1de45b4beeb299


■ ゴミ収集日が解らない時には 2017/05/04

 5月3日は「ゴミの日」です。

 ごみ収集サービスが始まる前は、ごみの処理はどうしていたのでしょうか?

 それほどあたり前のサービスとなってしまっています。

 近年は、外国人が多くなり、マナーが悪いと言われます。

 でも、マナーの悪いのは外国人だけではないようです。

 外国人でも、キチンとルール通りしている人もたくさんいます。

 多くの人が、いつ、なにの収集日なのかがわからないでいます。

 その様なときには「ごみカレンダー」を利用すると良いでしょう。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/5db57971748eb89a99b301a409ebe3f1


■ 八十八夜の名前の由来は?  2017/05/03

 「八十八夜」は二十四節気には含まれていません。

 通常は5月2日ですが、そうでない年もあります。

 ちょうど茶摘みの頃となり「夏も近づく八十八夜・・・」の歌にも謳われています。

 この時期は、一年の内でも最も気持ちの良い頃です。

 いろいろな草花が咲く時期でもあります。

 なんといいましても新緑の美しさは、歳を重ねてからわかるようになりました。


 郵便料金が上がりましたが、5月1日は郵便貯金の日、郵便貯金創業記念日でもあります。

 郵貯が始まって140年以上にもなるのですね。

 ゆうちょ銀行の金融商品について、ご存知ですか?

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/76517c7635e274bd94e76eb6c57717de


■ 岐阜県高岡市「御車山」祭り 2017/05/02

 毎年5月1日に重要有形・無形民俗文化財として、またユネスコの世界遺産にも登録された山車のお祭りです。

 1588年(天正16年)に豊臣秀吉が、後陽成天皇と正親町(おおぎまち)上皇を聚楽第に迎えたときに使用した御所車を、加賀藩二代藩主・前田利長公が1609年(慶長14年)に高岡城を築くにあたり、町民に与えました。

 この御所車に、鉾を立てたものが御車山です。

 江戸時代の名工達によって7基が揃いました。

 5月1日に行われるのが高岡關野神社の春季例大祭です。

 高岡市内を奉曳(ぶえい)巡行します。

 4月30日の宵祭りでは一部の山車はライトアップ展示されます。

 お祭り以外にも、展示場に行きますと見ることができます。

 からくり人形のように動きがありますので、見ていて楽しいですので、機会があれば是非訪れてみてください。

 サルボボのお土産もユニークです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/52f30df49e637d7e573d7ef27bd5d7d9

■ 万博事務局に公認されなかったニューヨーク万博 2017/05/01

 第二次世界大戦中の1939年に最初のニューヨーク万国博覧会が、マンハッタン東に位置するロングアイランド島で開催されました。

 二回目は1964年4月にやはり同じフラッシング・メドウズ・パークで開催されました。

 二回目のテーマは「相互理解を通じた平和(Peace Through Understanding)」でした。
 このコンセプトを表すのが「ユニスフィア」と呼ばれる地球をかたどったモニュメントです。

 相互理解をテーマにしていながら、万国博国際事務局の方針に従わない出店料の取り方が問題となり、万博としての公認を受けられませんでした。

 アメリカらしい強引さですね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/3e0e52e6dbc71017e29d229f929845e6


 昭和は遠くなりにけり 2017/04/30

 明治の人は、質実剛健と言われます。

 明治といいましても、ここでは明治大学の人の話ではありません。<笑い>

 昭和の人は、戦前と戦後で気質も考え方もずいぶんと変化をして来たと言えます。

 歴史的には、終戦を境にして近代と現代に区切られます。

 従って、私は昭和を一括りにすることはできず、一口に昭和の人を表す言葉を持ち合わせていません。


 一方で、昭和は激動の時代とも言われます。

 第一次大戦と第二次大戦という大きな戦争を経験しています。

 第一次大戦後の金融恐慌も、人々を苦しめましたし、第二次大戦では原爆という悲劇も味わっています。

 第二次大戦後の日本の荒廃から立ち上がれたのも、日本人の力強さがあるからです。

 高度成長期、GDP(当時はGNP)世界第二位という、日本経済発展の時代も経験しています。

 新自由主義への移行とバブルという、昭和の最後の変化で幕を閉じました。

 62年と14日間という、歴代最長の元号の時代でもあります。

 これは清朝61年を上回る世界最長の元号です。


 平成に入りバブルがはじけ、失われた20年が始まりました。

 福祉切り捨て、身障者は自活を迫られ、自己責任で自分の生活を守らなければならない新自由主義路線は、昭和の良さの変化の象徴のように私には思えます。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/38ac4bbdd82ad09a86cc876c9bef6f22

■ 一週間を先読みする 2017/04/29

 建軍85周年を迎えた北朝鮮のアッピールとして、大規模の軍事演習がテレビで報道されました。これからミサイルの打ち上げや原爆実験などが行われるのでしょうか?国連安保理は中国やロシアが、他国と足並みを揃えるのかどうかに注目が集まっています。機能しない安保理は一旦解散し、新たな国連組織を作る必要性を痛感しています。

 フランス大統領の決選投票が7日に予定されています。現状では、マクロン前経済相が優位とは言え、極右のルペン氏の逆転も懸念されます。万一、ルペン氏が勝利を収める事態が発生しますと経済面を中心とした国際的な影響は大きいと言えます。

 アメリカでは、FOMCが開催されますし、貿易や雇用の統計発表もあります。貿易赤字から日本に矛先が向かないとも限りませんが、まだ体制が整っていないアメリカですので、直ぐには公式な反応がないかもしれません。トランプ・ツイッターも市場への影響は無視できません。日米二国間交渉に向かっての準備が進んでいるでしょう。

 安倍首相は、ロシア訪問で目立った成果が見られなかったのか、マスコミもあまり成果については報道していません。訪英は、日本企業への影響を抑えるよう依頼したとは言え、その効果は限定的でしょう。

 輸出不調にあえぐ韓国は、北朝鮮対応のTHAAD導入問題から、中国が観光客のと高制限を行うという嫌がらせをし、観光客が激減するなど経済停滞への影響にあえいでいます。朴正熙元大統領の漢江の奇跡で大きく成長した韓国ですが、輸出主導で財閥優遇性から日本のように中小企業が育っていません。これらの背景から、韓国産業の弱点が暴露されていると言えます。今後新大統領の対日政策や国内産業育成などがどの様に行われるのか、気にかかるところです。

23 EU財務相理事会 
24 3カ月予報(気象庁)、米FOMC議事要旨 
25 OPEC定例総会 
26 G7首脳会議、企業向けサービス価格指数(日銀)、米GDP 
27 衆院議員選挙区画定審議会勧告期限 
28 安倍首相の通算在職期間1981日、カンヌ映画祭授賞式 
29 米メモリアルデー 

■ 信頼できる経営コンサルタントの見分け方 2017/04/29

 経営コンサルタントを利用する目的も決まり、活用法を理解できても、では信頼できる経営コンサルタントをどこで、どのように見つけ、自社にあったコンサルティング・サービスを提供してくれるかどうかを見極められるのでしょうか?

 経営コンサルタントと言っても、残念ながらピンからキリまでいます。

 日本に何万にも経営コンサルタントがいる中でどのように自社に最適な経営コンサルタントを探したらよいでしょうか、そのポイントを整理しました。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/536436cc01b0ad61b7f9599d59de6350


■ 基本的な法律は理解しておきたいですね 2017/04/27

 日本の法律は、ドイツから学ぶところが多かったようです。

 こんにちの会社法の基本ともなりました商法ですが、日本の旧商法はドイツの商法がもととなっています。

 商法に関連する法律が、会社法以外にもいくつかありますが、ご自身のビジネスに関連する法律は一通り知っておく必要がありますね。

 代表的な商法関連法法規を列挙しておきました。

 お恥ずかしながら、私は法律を暗記するのが苦手で、もっぱら専門家に任せてしまっています。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/6e841e95697b2c41e68aaeb2a8111a6b


■ 世界的名著『21世紀の資本』の核心が簡単に掴める解説書 2017/04/26

 読書の習慣がない人にとっては、図解があると入りやすいです。

 今回ご紹介した本は、「図解『ピケティ入門』」(高橋 洋一著 あさ出版)です。

 トマ・ピケティの『21世紀の資本』(邦訳=みすず書房)は、現在の世界経済の状況を“20か国、300年分ものデータ”によって科学的に分析した名著です。

 本国のフランスは勿論アメリカ、日本でもベストセラーになった名著です。

『21世紀の資本』は、私達経営に係る者にとっては必読の書と言えます。

 必読と言われても、700ページを超える大著を読む余裕は無いし、でも「何とかして、名著『21世紀の資本』の核心は頭に入れておきたい」と思う人にピッタリの本が、ここで紹介する本です。

 下記のブログを読んだだけでも、本書を読んだ気になるかもしれません。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/6b3342014e8b72f79a5b7d368ca30cb1


■ やさしい植物学 2017/04/25

 4月24日は「植物学の日」でした。

 日本の「植物学の父」といえば牧野富太郎博士です。

 子供の頃、伝記を読み、草花に興味を持った時期があります。

 歳を重ねるうちに樹木に興味を持つようになってきました。

 私の知人が樹木医をしています。


 公園などを散歩していますといろいろな樹があります。

 でも、名前札がついてある気もありますが、何という樹かわからないことが多いのです。
 草花の名前がわからないことはさらに多いです。

 せっかく丹精込めてお作りでしょうから、いろいろな人に見ていただくためにも、名前札を付けて欲しいですね。


 ちなみに易しい植物学に関する名著をご紹介しておきます。

  植物学のおもしろさ
   著者:本田正次(朝日新聞社)

 植物の名前は学術名に和名が付けられことから始まり、その付け方など、私たち素人でも興味を引くような内容です。

 タンポポの名は「病気を治す」ということから命名されたなど余録も含まれています。

 このブログを書きながら、再読してみたくなりました。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/4a9df5fa1aa17230c14cbdd7dbde0403


■ 無線をあまり意識しない中で生活している私達 2017/04/24

 昨今では、スマホ/ケイタイなしでは生活できないという人までいるほどに、電波の中で私達は生活しています。

 電波というのは目に見えませんので、「無線」ということをあまり意識していません。

 世界で初めて無線通信を行ったのは誰なのでしょうか?

 何が契機で無線通信の研究を始めたのでしょうか?

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/950424554bc7d0ebb976c669dfc099f5


■ 一週間を先読みする 2017/04/23

 TPPが再浮上してきました。日米二国間交渉では、日本が力負けするのは目に見えています。その回避の一環としてTPPで結束することで、それ以上の譲歩を抑止しようというのが狙いです。国内では、議員の女性問題など、レベルの低いことで国会という機関を空費している時期ではないのです。

 北朝鮮による挑発行為が懸念されています。アメリカは、力の誇示で抑止しようと、空母カールビンソンを朝鮮半島に覇権しています。当初のアナウンスとは異なる動きで、ぼろが出てしまいました。他に方法はないのでしょうか。

 その方法として期待されるのが今週マニラで開催されますASEAN首脳会議です。この会議では、北朝鮮問題と南シナ海問題における中国問題がメインテーマです。TPPの再浮上と関連してRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の進展も課題となるでしょう。それにより、アメリカ・ファーストのトランプ大統領対抗力強化に向かおうとしています。しかし、北朝鮮や中国寄りの国もある中で、その結束は困難が予想されます。

 ヨーロッパでは、フランス大統領選挙で右寄りのルペン候補が勝利に向かってトップ当選するのでしょうか?オランダではかろうじて右よりを保守系が選挙で勝利した効果は、仏パリ中心部で発生した銃撃事件で帳消しになりそうな状況です。

 目を離せないことが集中しています。

【映像】 空母カールビンソン
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170422/k10010957731000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_011

【映像】 フランス大統領選挙
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170422/k10010957811000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008


■ 梵鐘の名産地で銅器に独自の色を出す 2017/04/23

 私は、かつて経営コンサルタントとして伸銅会社の支援をしたことがあります。

 銅の独特の色はなんとも言えませんね。


 お寺さんにつきものの梵鐘といえば富山県高岡市です。

 その高山市に在る会社が、独自の技術で元気な会社になっています。

 銅といいますと、真新しいときには独特の薄い赤茶色をしています。

 その色をさらに独特なものにして注目を浴びています。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/f62cfbb1c0a0768629076d269069ba0b

↑ top 


keiei jouhou2  th

 経営管理やコンサルティングだけではなく、雑談力を高める話材など、幅広い知識や情報源として、経営コンサルタントが独断と偏見で選んでご紹介しています。



◆ 経営コンサルタントの苦労が滲み出る経営セミナー

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。
 その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


 日本全国、セミナーはたくさん開催されています。

 でも、本当に自分にマッチしたセミナーを見つけるのは大変です。

 なぜなら、講師に問題があることが多いのです。

 講師としての力量不足の場合が多いのですが、それ以前に、講演内容が教科書通りであって、何ら新鮮みやユニークさに欠けているからです。

 その背景には、一見すると○○士などと、資格を持っているので、面白そうですが、資格取得のために一所懸命に勉強した、その知識やテキスト、市販図書などをベースにしているからです。

 あるいは、海外、とりわけアメリカから直輸入した欧米流の経営術の本がベースになっているのです。

 企業経営の現場での経営支援実積に基づく講演ができる講師は、地道に現場重視で支援をしていますので、知名度が高くないことがあります。

 採り上げるテーマも、横文字による華々しさはありません。

 知名度や書籍出版経験、学歴、有名企業を列挙したプロフィールなどに惑わされない、あなたの真贋力が、講師の善し悪しを判定できるのです。

 毎月、日本のどこかで、プロの経営コンサルタントがセミナー講師を担当しています。

 あなたにあったテーマの講師を見つけられるでしょう。

  http://jmca.or.jp/seminar/301/

■ 一週間を先読みする  2017/04/23

 TPPが再浮上してきました。日米二国間交渉では、日本が力負けするのは目に見えています。その回避の一環としてTPPで結束することで、それ以上の譲歩を抑止しようというのが狙いです。国内では、議員の女性問題など、レベルの低いことで国会という機関を空費している時期ではないのです。

 北朝鮮による挑発行為が懸念されています。アメリカは、力の誇示で抑止しようと、空母カールビンソンを朝鮮半島に覇権しています。当初のアナウンスとは異なる動きで、ぼろが出てしまいました。他に方法はないのでしょうか。

 その方法として期待されるのが今週マニラで開催されますASEAN首脳会議です。この会議では、北朝鮮問題と南シナ海問題における中国問題がメインテーマです。TPPの再浮上と関連してRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の進展も課題となるでしょう。それにより、アメリカ・ファーストのトランプ大統領対抗力強化に向かおうとしています。しかし、北朝鮮や中国寄りの国もある中で、その結束は困難が予想されます。

 ヨーロッパでは、フランス大統領選挙で右寄りのルペン候補が勝利に向かってトップ当選するのでしょうか?オランダではかろうじて右よりを保守系が選挙で勝利した効果は、仏パリ中心部で発生した銃撃事件で帳消しになりそうな状況です。

 目を離せないことが集中しています。

23  フランス大統領選第1回投票
24  景気動向指数(内閣府)
25  3カ月予報
26  日銀金融政策決定会合(日銀、~27)、ASEAN首脳会議(~29)
27  展望リポート(日銀)、ECB定例理事会、日ロ首脳会談(~28)
28 全国消費者物価指数・家計調査・労働力調査(総務省)、 有効求人倍率(厚労省)、鉱工業生産(経産省)、米英GDP
29  EU首脳会議英離脱交渉指針採択

■ アナウンサーは正調派標準語を話せ!! 2017/04/22

 テレビ放送が開始されて65年ほどになるのですね。

 故大宅壮一氏がかつて「1億総白痴」ということを仰って、俗悪番組を非難していました。

 ご記憶の方も少なくなってしまっているかもしれませんね。

 バラエティ番組というのでしょうか、うるさいだけの番組が多いですね。

 私は日本語のことをとやかく言えるほど、日本語に長けているわけではありませんが、彼らの日本語はいい加減ですね。

 とりわけ近年気になるのが、”日本語”アクセントというのでしょうか、英語だと強弱ですが、日本語は高低の違いとして聞き取れます。

 これがでたらめです。

 たとえば「暑い」「熱い」と「厚い」の区別ができていないのです。

 むしろ逆転して、本来「厚い」と発音すべきところを「暑い」の発音になってしまっています。

「葉がいっぱい落ちています」が「歯がいっぱい落ちています」に聞こえ、ゾーとします。

 それを誰も注意しないばかりか、NHKのアナウンサーですら、誤っているのです。

 かつては、ベテランアナウンサーが注意をしたりしたのでしょうか、それともアナウンサーのトレーニングで身についていたのでしょうか、われわれ素人目(耳)にはキチンとしていました。

 昨今では、ベテランのアナウンサーですら、おかしいことが多々あります。

 間違えた発音を日々耳にしていますので、視聴者も、出演者も、それに毒されてしまっているのです。

「悪貨は良貨を駆逐する」

 ますます正しい日本語が崩れてしまうのですかね?

 せめてアナウンサーには正調なる標準語をしゃべっていただきたいです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/6b95df1f3d6410013c53717f2499a607


■ 切手収集の趣味 2017/04/21

 私が子供の頃、切手収集が盛んでした。

 しかし、子供の私達には、高価な切っては高嶺の花。

 月に雁
 見返り美人

 仲間で持っている子供は、自慢げにそれを見せるのでした。

 私のストックブック(切手用アルバム)は、安価な普通切手ばかりでした。

 年に何度か記念切手が発売されますが、それを買うにも競争でした。

 いまでも当時のストックブックを持っていますが、管理が悪いために大師にくっついてしまったりしています。

 最近は、袋入りの記念切手が、額面より安く手に入る時代になってしまいました。

 価値よりは、楽しみという本来の目的に沿うようになったと言えます。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/5dea7d36cb7d1d40590563f91c6f2d87


■ 地図の日といえばこの人を忘れることはできません 2017/04/20

 4月19日は「地図の日(最初の一歩の日)」ですが、地図といえば忘れてならないのが伊能忠敬ですね。

 江戸時代寛政年間に簡単な器械だけで足で稼いだ測量で、こんにちの地図と大きな違いなく作成したというのは驚きです。

 寛政年間といいますと浅間山噴火から天明の大飢饉などで一揆が多発した時代です。

 悪名高い田沼意次の失脚後、松平定信が寛政の改革を実施しました。

 その様な時代背景の中での実施は、一層困難であったのではないでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/ce5f2971e3c6888178aa1952b4879ff5


■ 歯は健康の源であることを実感しています 2017/04/19

 4月18日は「よい歯の日」でした。

 歳を重ねるにつれ、歯にガタが来て、一年半ほど前から歯科医に通っています。

 日本の歯科の技術は、かつては何十年も遅れていると言われるほど、ひどかったのです。

 かつて私も、せっかくの良い歯を逆に悪くされてしまったことがあり、歯科医不信でした。

 今通っている先生は、幸いなことに腕も、人柄もよい人です。

 入れて戴いた入れ歯がぴったりと合い、3か月毎に歯石を取ったりしていただいていますが、日々、おいしい食事をすることができています。


「先生」と言われる職業はいろいろあります。

 技術だけではなく、人柄も重要であることは、私のような経営コンサルタントという職業でも言えることです。

 最近、各地で講演を依頼されるときには【心 de 経営】ということをテーマの根底においてお話しすることにしています。

 経営の技術や知識も重要ですが、心の大切さをさらに知っていただきたいのです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/0b7e23a7d54368acf1804eb3f621f983


■ 少年よ大志を抱けのクラーク博士は二人いた!? 2017/04/17

 【Wikipedia】で「クラーク博士」で検索しますと、結構出てきます。

 クラークというのが、それほど特別な名前ではないからでしょう。

「少年よ大志を抱け」で知られる、われわれに馴染みのクラーク博士は、【Wikipedia】で見ますと「ウィリアム・スミス・クラーク(William Smith Clark)」というのが正式な名前だそうです。


 北海道大学の前身とも言える札幌農学校の初代教頭で、化学、植物学、動物学に通じていたといいます。

 当然、農業にも精通していたのでしょう。

 北海道大学にとっては大切な人で、大学構内に銅像が建っているのは当然です。

 ところが私達がしばしば目にするクラーク像は、羊山公園に在るのですね。

 札幌には毎月仕事で行っていましたが、羊山公園の銅像は見たことがありません。

 写真を見る限り、北大構内の銅像より大きそうですね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c4733f8b32f95616d9a3a25403cf63eb


 聖徳太子が歴史から消えてしまう!? 2017/04/16

 4月15日は、わが国文化の祖と言われ、仏教の礎を作った聖徳太子を奉賛する日でした。

 日本全国、処々を回ってみますと「太子堂」というのを見かけますが、日本人にとって聖徳太子の名は定着しています。

 ところが、その聖徳太子の名前が歴史の教科書から、あわや消えさらんとしました。

 厩戸皇子が聖徳太子であるという確証がないために「厩戸皇子(聖徳太子)」と、かろうじて、太子の名前が残ることになったそうです。


 推古天皇の摂政として、蘇我馬子とともに政治を行い、大陸の進んだ文化や制度をとりいれました。

 それらの功績が高く評価され、紙幣にまで登場してきました。

 日本の歴史は、文書として残っていないものも多く、また史実と神話とが混在したりしているのかもしれません。


 私の中学時代の親友が、歴史の研究を続け、最後は某大学の教授にまでなりました。

 若き頃は彼の実力からすると不遇とも思える時期がありました。

 ひとつのことを永年続けていますと、彼のように社会が評価してくれるようになるのですね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c52890594ee4c241e3ff620fb3f50f19

■ 一週間を先読みする 2017/04/16

 アメリカのペンス副大統領が「日米経済対話」のために来日します。先に訪米した安倍首相とトランプ大統領とのトップ会談では、日米の蜜月を演じたために、経済問題など具体的な課題を先送りしました。それを受けてのペンス・麻生会談です。テーマは3つです。①財政・金融政策、②インフラ事業の協力、③二国間貿易の枠組みですが、とりわけ貿易枠組みは、TPPが流れ、トランプ大統領が強力に日本に迫ってくるための手段です。麻生副総理の力では、押し切られてしまうのではないかと懸念されます。

 中国のGDPが発表されます。6年連続で鈍化しているGDPですが、目標としている6.5%を上回るかどうかに注目が集まっています。数字の操作のお得意な中国ですので、これを若干上回るという見方が多いようです。しかし、数字の遊びで、実質的な改善が見られるわけではないことから、各国の受け止め方は冷淡でしょう。輸出に期待が持てませんので、個人消費の低迷が、数値としてどの様に発表されるかに注目すべきでしょう。

 ヨーロッパでは、強硬な右寄りの政党の台頭の中で、フランスの大統領選挙が行われます。ルペン候補の躍進が目立ちますが、一回の投票で誰かが過半数を超えることはないという見方が大勢です。そうなりますと5月7日に決選投票が行われます。また、6月には同じフランスの国民議会の選挙、9月にはドイツの連邦議会の選挙と、いずれも右傾化の中で現与党の苦戦が予想されています。

 韓国大統領選では、反日強硬主張派に対して安氏の優勢が固まるのかどうか、注目されます。

 中東諸国は、最近のアメリカ原油の動向に関心が高まっています。原油減産で価格の下げが底を打っています。原油が安くて低迷していたアメリカのシェールオイルやオイルサンドが再び元気を出してくる気配です。日本にとっては、原油が安いことは歓迎ですが、なかなか思うようにはいかないのではないでしょうか。

17  中国GDP
18  日米経済対話、米住宅着工件数、IMF世界経済見通し会見
19  米ベージュブック、上海モーターショー
20  日貿易統計(財務省)・衆院憲法審査会、G20財務相・中央銀行総裁会議(~21)
21 日天皇公務軽減有識者会議、 IMF・世銀春季会合(ワシントン、23日まで)

■ 小京都の屋台引き回し 2017/04/15

 飛騨高山では、春の山王祭が催されています。

 三大曳山の一つで、2016年、世界文化遺産に登録されましたね。

 お祭りでない時期に訪れても立派な屋台を見られますが、やはり生の現場を見たいですね。

 残念ながら、秩父の夜祭り以外は祭の時に訪れたことがありません。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/e27d9af290968550b5f702298518ba75


■ アポロ13号が帰還をする日 2017/04/14

 13という数字を忌み嫌う人もいます。キリストの受難の日が「13日の金曜日」とされている俗説からといわれています。

 しかし、キリスト教の信者の話によると受難日は金曜日とされているが日付は定められていないとのことで、この俗説は誤りといえそうです。

 映画にもなったアポロ13号が月面着陸を断念して、地球に戻ることになった日も13日であったそうです。

 なぜ、断念せざるを得なくなったのか、なぜ、無事に帰還できたのか、冷静沈着な対応の大切さを思い知らされる出来事でしたね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/9c6fa31fdba599d7016c7805f9cfc36c


■ 私はカモメ 地球は青かった 2017/04/13

 1961年4月12日に、世界初の有人宇宙衛星船が打ち上げられました。

 ガガーリン少佐が初の宇宙飛行士ですが、亡くなってからもう50年近くになるのですね。

 彼の帰還時に、「地球は青かった」という感想は印象的でした。

 宇宙飛行士の多くが、期間後に地球の美しさをたたえてくれています。

 その地球は、温暖化や核の心配で泣いているのではないでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/a544c0a2ba8ad3cc8d57fdb42a813f30


■ メートル原器はどこにあるのかご存知ですか 2017/04/12

 メートル原器は、白金90%、イリジウム10%の合金で作られ、原器の両端付近に記された目盛の距離が摂氏零度の時に1メートルとなるよう設定されました。

 永年、パリの国際度量衡局に置かれていましたが、現在はセーヴルに移転しています。

 ところが、この原器は、現在原器としては使われていません。

 現在は、光速を基準に定義づけされています。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/abf692a2f9a6ba8280e593f14f859ff8


■ 藤原久子先生の新シリーズ始まる 2017/04/12

 毎月第二火曜日にお届けしています藤原久子先生の新シリーズ連載が始まりました。

 これまでは、論語や菜根譚などを題材として、経営は如何にあるべきかを説いてくださっていました。

 平成29年4月からは「企業のブランド戦略創造への挑戦」と題する連載です。

 企業が保有する有形・無形の資産を基本にして、企業と顧客の共創の中で生み出される顧客価値の重要性と、顧客との関係に依って生み出される絆について考察してくださいます。

 藤原先生は、ご自身の経営者としての体験がコンサルティング、あるいは経営の現場で活かされています。

 体験を通したお話に期待しています。

  http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113337.html


■ 換骨奪胎 ~「まねぶ」と「パクリ」 2017/04/11

「換骨奪胎」という四字熟語があります。

 学ぶ者の基本姿勢を表す言葉と受け止めています。

「まねぶ」は、、「まねる+まなぶ」という言葉からの合成語です。

 どなたの造語かわかりませんが、換骨奪胎を上手に表現していると感心しています。

 著作権が厳しく言われる昨今ですが「パクリ」と言われる著作権違反に遭遇することがあります。

 近年では、ネットの普及から著作権違反も多いようです。

 違反しないように気をつけているつもりですが、意図せずして違反してしまっていることもあるかもしれないと考えますと、怖くなってしまいます。

 だからと言って情報発信を止めてはならないと考えています。

 これが「お節介焼きコンサルタント」の性なのでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/39c687bc57f162e36893abb43d83562d


■ 利益 「りえき」と読むのではありません 2017/04/10

 4月9日は「開眼供養」は、「かいがん」ではなく「かいげん」と読み、仏像などに魂を入れる儀式です。

 漢字の読み方は難しいですね。


 お寺さんをお詣りしたときに、本堂の前にポールが立てられたりして五色の紐が下がっていることに気がつかれた方が多いと思います。

 ご本尊様は秘仏で直接拝めなくても、この五色の紐がご本尊様に繋がっています。

 この紐に触ることにより、直接参拝できたと同じ効果があると言われています。

 そのありがたい効果のことを「利益」といいます。

 これは「りえき」ではなく、「りやく」と読みます。

 われわれが、ときどき「御利益がありますように」といいますが、これはここからきているのですね。

「りえき」では、まだまだ煩悩から解脱できていないことになります。

http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/dd3d629bf22913df5f69fcc0815be5aa


■ 一週間を先読みする 2017/04/09

 トランプ大統領が、中国習主席との会談を前に、シリア空爆を指示しました。その結果米ロ関係が悪化してきました。米中会談のメインテーマは、北朝鮮問題でしたが、北朝鮮に対する中国の姿勢への圧力と言われています。北朝鮮への軍事力の行使は、第三次大戦の危機もはらみ、軍事攻撃に踏み切ることはないでしょうが、現在の北朝鮮は日本へのミサイル攻撃すらしかねません。物騒な時代になってしまいました。

 中国は原油や鉄鉱石の値上がりなどで輸入が膨らんでいます。単月ベースとはいえ、中国の貿易収支の赤字は避けられそうもありません。PPI、PMIの発表もあります。アメリカを訪問した習主席ですが、貿易統計が発表され、立場が苦しくなることが予想されます。その中、北朝鮮問題にどの様に取り組もうとしているのか注目されます。

 シリア問題に軍事介入を始めたトランプ大統領ですが、政策運営に行き詰まりを感じます。インフラ投資や法人税・所得税の減税などの政策はうまく行くのでしょうか?与党下院のライアン議長との意見の違いが浮き彫りになってきています。FRBともギアが噛み合っていません。国際的に流動的な状況の中で、国内問題もうまく行かない内憂外患で、トランプ大統領は内心頭を抱えているのではないでしょうか。

国鉄分割民営化(JR7社発足)30周年、改正固定価格買い取り制度(FIT)法が施行
 米大リーグ・レギュラーシーズン開幕
 日銀短観
 日マネタリーベース、米貿易収支
 WTO貿易政策レビュー、米FOMC議事要旨
 春の全国交通安全運動(15日まで)
 WTO貿易政策レビュー、日勤労統計調査、米雇用統計、ユーロ圏財務相会合、中:外貨準備高

■ 花祭りに思うスパーシタの一文 2017/04/09

 4月8日は花祭りでしたが、子供の頃、お寺さんへ行って、あまりおいしくもない、薄められた甘茶を振る舞ってもらいました。

 われわれの生活というのは、直接間接を問わず、仏教徒の関連はいろいろあります。

 反省の契機となることもあり、多くの学びがあると考えています。


 仏教の名言集とも言えます「スパーシタ」の一文に次のようなことがあります。

  本の中にある知識は
  他人の手中にある財産と同じように
  いざというときに
  役に立たない


 近年、ネットで検索するとすぐにいろいろな情報を検索することができます。

 そのために、何か自分が物知りになったような錯覚をしているのは私だけでしょうか?


 上述の「スパーシタ」をキーワードにネットで検索したら、一件だけ引っかかってきました。

 ネット検索で一件だけというのは、異例中の異例ですね。


「開眼供養」は、「軽減法要」とか「入魂式」、「魂入れ」とも呼ばれます。

 仏像や仏画、われわれの身近なところでは仏壇とかお墓などができたときに、魂を入れる儀式です。

 有名なのは、聖武上皇による東大寺大仏殿の開眼供養です。

 天竺から唐を経て日本に来た僧侶「菩提僊那(ぼだいせんな)」が大仏の眼を入れたと伝わっています。

 五色の紐で集まった人々を繋げて、「ご利益(りやく)」が行き渡るようにする儀式は、今日でも行われます。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/7d5e5b08513011a78cb354d998181f8a

■ 一週間を先読みする   2017/04/02

 高齢者ドライバー問題が話題になる昨今ですが、春の全国交通安全運動が6日~15日まで実施されます。日銀短観、景気ウオッチャー調査、国際収支、勤労統計調査が発表されます。

 3月14~15日のアメリカFRB・FOMCで決定しました追加利上げを受けて、FOMC議事録要旨が発表されます。昨年、利上げタイミングを失し続けてきましたが、ここのところ利上げペースが加速化されていますが、その経緯が発表されます。一方で、その利上げペースですが、今年度4回またはそれを超えるペースで実施されるという大方の予想に反し、3回が据え置かれた経緯も発表されるでしょう。米雇用統計も発表予定ですが、それにより、今後の予測をしやすくなります。

 ヨーロッパでは、イギリスのEU離脱通知を受け、財務相会合が開催されます。EU離脱を始めて経験するEU側としては、将来に禍根を残さないように慎重に審議されるでしょう。

 米ドルに対して下落基調が続いている中国ですが、人民銀行が元を買う為替介入を行っています。7日には、その外貨準備高が発表されます。3兆ドルを割るかどうか、中国経済の先行き不透明感が増しているだけに、為替レートへの影響も懸念されます。

 米大リーグ・レギュラーシーズン開幕
 日銀短観
 日マネタリーベース、米貿易収支
 WTO貿易政策レビュー、米FOMC議事要旨
 春の全国交通安全運動(15日まで)
 WTO貿易政策レビュー、日勤労統計調査、米雇用統計、ユーロ圏財務相会合、中:外貨準備高

■ 経営コンサルタントは雄弁であっても多弁であってはならぬ 2017/04/01

 本日から四月です。

 エープリルフール

 私の周辺には、お茶目な人が多いので、今日一日、騙されないように注意をしたいと思います。


 経営コンサルタントとして名を馳せている人の多くは、大変話が上手です。

 説得力ある経営コンサルタントは、成功しやすいという面があります。


 ところが経営コンサルタントにとって、最も大切なことの一つが「守秘義務」です。

 話が上手な人でも口を滑らせてしまうことがあるかもしれません。

 私は、顧問先の固有名詞は口にしないようにしてきました。

 意図しないで、機密に触れたことをいってしまうことがあるからです。


 一方で、説得力ある人の話は、具体的で、わかりやすく、聞いていてわくわくしてきます。

「具体的」という点では「固有名詞とデータ」を明確に示すとよいのです。

「固有名詞を出さない」v.s.「固有名詞とデータで語る」

 この矛盾を、使い分けられてこそ“真”のプロと言えるのかもしれません。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/6f68ec005586d83e3c42b21967dbdbc4


■ ゴッホの「ひまわり」がある美術館のビルも芸術!? 2017/03/31

 東京にお住まいの人は、新宿西口の高層ビル群に一度は行かれているかもしれません。

 その中に、ひときわ目立つ形状をしているのが、明治安田火災海上ビルです。

 地上から直角に立ち上がっているのではなく、下層階はスロープ状になって立ち上がっています。

 実は、このビルの原型はニューヨークにあります。

 五番街と七番街の間の道は「六番街」ですが、通常は「アメリカス・アベニュー」と呼んでいます。

 一方通行が一般的なマンハッタン中心部を南北に走る道では数少ない双方向の道です。

 この通りに面し、42丁目の通りの北側にモンサント・ビルというのがあります。

 このビルが同じ形状をしています。

 1970年冬に始めてニューヨークに行ったときのことですので、このビルは1960年代後半に建てられたと思います。

 ビルというのは四角いものと思っていましたので、このビルを見たときには驚きました。
 さすがアメリカ、世の中、画一的ではないのだということを思い知らされた一コマでもあります。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/512f01ee147b9ea3a6890ab3c957b7c0


■ 竜安寺石庭を囲む壁の向こう側はどうなっている? 2017/03/30

 史跡・特別名勝として知られます竜安寺の方丈庭園を知らない人はいないというほど日本でも代表的な石庭です。

 その幅は、わずか22メートル、奥行きに至っては10mに過ぎませんが、そこに大宇宙を感じます。

 お恥ずかしながら、そのように説明されますので、そういうものなのだろうと思っています。

 15個の石が無造作とも思える配置にあるだけです。


 その大宇宙を囲む壁の向こう側はどうなっているのか・・・

 宇宙の果ては、どうなっているのでしょうか・・・

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/b2a91a81a2cfa6d79172585aa3428029


■ アメリカ一極体制崩壊の行き先はどこにあるのか? 2017/03/29

 3月28日は、スマトラ沖地震から12年がたちました。

 東日本大震災から6年、地球温暖化と共に、いろいろな天変地異が起こっています。

 地価直下型地震や南海地震などがヒシヒシと迫ってきますが、社会情勢も先行くの不透明感が増しています。


 2016年6月のイギリスのEU離脱、ロシアのクリミア併合に続くシリアにおける代理戦争、2010年のアラブの春以降の中東の混乱、世界各地で起こるイスラーム原理主義者のテロ事件、中国の南シナ海の領有権に対する強権的主張など、「世界の平和と安定」「自由」「人権」「法の支配」と言った普遍的理念に逆行する事件が多発し、将来への不安と不透明感が高まる中、普遍的理念を代表するアメリカの大統領に「アメリカ ファースト オンリー」を主張するトランプ氏が1月20日大統領に就任しました。

 アメリカ「一極体制」が崩壊する行先には、どのような世界があるのだろうと多くの人は将来の不確実性に頭を悩ませているのではないでしょうか。

 それを易しく読み解く人の声に耳を傾けてほしいものです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/6a1a75d7a00a11be58603cccb3917bed


■ 毛色の変わった経営コンサルタント 2017/03/28

 1960年代、若者に人気のアイドルグループ「ジャニーズ」が活躍していました。

 あおい輝彦氏や飯野おさみ氏の名前はアイドルなどに無関心な私でも知っている名前です。

 日本経営士協会には、演劇関連のコンサルタントがいます。

 飯野氏は、彼のおじさん(従兄だったかもしれません)です。

 経営コンサルタントにもいろいろな専門家がいることをご理解いただけるのではないでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/769747fb6f05e49d70c1f62faaed96a0


■ 稀勢の里優勝 ビジネスパーソンは必ずウラを取れ 2017/03/27

 【経営コンサルタントの独り言】改訂版でも書きましたが、稀勢の里関、連続優勝おめでとうございます。

 十三日目の日馬富士戦で肩を痛め、十四日目の戦いぶりから見て、千秋楽は誰が見ても照ノ富士の優勝間違いなしといえる状況でした。

 それを物語るのが、優勝賜杯を受け取ったときの稀勢の里の痛さをこらえるしかめた顔からもわかります。

 それだけに、誰もが稀勢の里の奇跡の逆転劇には感動したことでしょう。

 おそらく、この名場面はこれからも末永く伝え続けられることと思います。


 一方、一杯を守ってきた照ノ富士がなぜ連敗したのかという切り口でご覧になっている人がどれ程いるでしょうか。

「日本人横綱」ということで脚光を浴びている陰で、照ノ富士は、彼なりに苦しんでいたことをご存知でしょうか?

 同じく十三日目の照ノ富士が鶴竜戦で古傷の膝を痛めていたのです。

 照ノ富士も膝痛を顔に出さずに闘っていたことを知り、日本人横綱ということで脚光を浴びがちな陰で、照ノ富士の思いは如何だったでしょうか。

 日本が好きで、相撲が好きで、遠地モンゴルからやってきたこの若者が、日本嫌いにならないためにも、われわれは配慮が必要ではないでしょうか。


 物事には二面性がある。

 これが、私が経営コンサルタントを四十余年もやってこられた背景にあります。

「ウラを取れ」と若手経営コンサルタントにアドバイスをするようにしています。

 日本人として、私も稀勢の里が小結になった頃から十数年も応援しています。

 ですから、稀勢の里の今回の快挙は非常に嬉しいです。

 でも、一方で、照ノ富士の気持ちを忘れてはならないということを声高に言いたいです。

 何かが生じたときに、そこには何らかの事情や理由があると考えます。

 相手が、あるいは誰かが、何かを言ったり、行動した入りする裏には、それなりの事由があるのです。

 それを理解するように努力を重ねますと、“真”の人を見る目を養うことができるようになると思います。

 真実を見極めることができるようになると思います。

 その点では、まだまだ私は、その域にはほど遠い状況です。

 それでも、稀勢の里よろしく、諦めないで努力を重ねるつもりでいます。


■ 新幹線駅とドーナツ現象+利用者ファースト 2017/03/27

 2016年(平成28年)3月26日に東北新幹線と北海道が結ばれました。

 新青森駅-新函館北斗駅間が開業し、JR北海道が運行しています。

 JR北海道といえば、保線・保守の手抜きで多くの事故を起こしてきました。

 それだけに、日本の新幹線技術に泥を塗るのではないかと懸念されます。

 <これは失礼しました。でも、ホンネです>


 東北新幹線が青森まで延伸開通したときに、新青森駅は何もないところにぽつりと駅舎がありました。

 やがて周辺にお店やホテル等が建ち始めました。

 依然として、新青森駅に隣接している部分には何も建たない状態が続いていました。

 駅隣接地では地価が高騰して、庶民の手が届かなくなってしまったのでしょう。

 大資本の人達が隣接地を利用できる弱肉強食の世界があります。

 一方で、甘い汁を吸った人がいるのでしょうね。<げすの勘ぐりで失礼>


「新○○駅」という新幹線の駅の周辺では、必ずと言って良いほど、上述のようなドーナツ現象が起こります。

 まだ、北海道新幹線に乗車していませんので、新函館北斗駅の周辺は知りません。


「新○○駅」といいますと、今ひとつ顕著なことがあります。

 不便であることです。

 たとえば「新横浜駅」は、新幹線を降りますと横浜線に乗り換えるなどしないと横浜駅には行けません。

 すでに開発済の横浜駅に新幹線を通すことは、コスト面でも困難だったのかもしれません。

 でも、それを理由に、利便性が損なわれているのは、マーケティングでいう「顧客は神様」の精神に反することになります。

「利用者ファースト」精神の欠如です。

 御上がすることには、庶民は何も言えないのでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/3b6b487bcf6250935a9eb9e7d6c47fac


■ 省エネ技術が進んで来ていますね 2017/03/26

 2010年東日本大震災の時には、計画停電が実施されました。

 その時には、日本国中が省エネ努力をしたと思います。


 喉元過ぎれば熱さを忘れる

 あの時の必死さは、薄らいできているように思えます。

 われわれの世代では、停電をしばしば経験していますので、電気をこまめに切るというのは身に染みついています。

 ところがそうでもない年配者が結構いるのですね。

 ある会社に週末訪れたときに、お休みですので社長さん以外は誰もいません。

 その誰もいない部屋にも電気が点きっぱなしでした。

 私に対する配慮から点けたままにして下さっていたのでしょうが、「もったいない」という思いが強いです。


 近年は、技術進歩で、人感センサー付きの電灯が普及してきています。

 人がいなくなれば自動的に電気が消えます。

 電気を食うといわれる冷蔵庫にしろ、エアコンにしろ、省エネ技術のおかげで、なんと一般家庭の電気使用量は減ってきているそうです。

 電気料金は、電力会社の利益が出るように勝手に変更できる法律になっていますので、下がっていないのが現状かもしれませんね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/ac809f207c82173df28c84cd003c92e6

■ 一週間を先読みする  2017/03/26

 森友学園問題で、籠池証人喚問を受け、野党が安倍首相夫人他の喚問を要求しています。籠池理事長の発言は、これまでウソを糊塗してきただけに信じられませんが、国会における喚問ですから、罰則ものです。どこまでが真実で、どこからが大嘘なのでしょうか?

 アメリカでは、トランプ大統領へのさや当てもあるのか、予想を早めて利上げを実施しました。今週はGDPの発表があります。ここのところGDPも改善してきているだけにその動向が気になるところです。

 ヨーロッパではイギリスのEU離脱通知が行われます。イギリスに進出している海外メーカー等は、イギリスに居続けるべきかどうか、早急なる判断が迫られていると言えます。イギリスでは、スコットランドが分離独立を掲げ、再び国民投票を行う構えです。
 先のオランダ総選挙では、保守系が優位を保ちましたが、今後、フランスやドイツの右翼の伸びもあり選挙の動向が気になります。

26  日北海道新幹線開業1年、欧夏時間、香港行政長官選挙
27  核兵器国連会議、日金融政策決定会合主な意見・サービス価格指数
下旬  働き方改革実行計画策定
29  フィギュアスケート世界選手権(~4/1)、英EU離脱通知
30  日ロ外務次官戦略対話、米GDP、G7文化相会合(~31)
31  EU消費者物価、中国PMI


■ ゴッホの「ひまわり」がある美術館のビルも芸術!? 2017/03/31

 東京にお住まいの人は、新宿西口の高層ビル群に一度は行かれているかもしれません。

 その中に、ひときわ目立つ形状をしているのが、明治安田火災海上ビルです。

 地上から直角に立ち上がっているのではなく、下層階はスロープ状になって立ち上がっています。

 実は、このビルの原型はニューヨークにあります。

 五番街と七番街の間の道は「六番街」ですが、通常は「アメリカス・アベニュー」と呼んでいます。

 一方通行が一般的なマンハッタン中心部を南北に走る道では数少ない双方向の道です。

 この通りに面し、42丁目の通りの北側にモンサント・ビルというのがあります。

 このビルが同じ形状をしています。

 1970年冬に始めてニューヨークに行ったときのことですので、このビルは1960年代後半に建てられたと思います。

 ビルというのは四角いものと思っていましたので、このビルを見たときには驚きました。
 さすがアメリカ、世の中、画一的ではないのだということを思い知らされた一コマでもあります。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/512f01ee147b9ea3a6890ab3c957b7c0


■ 竜安寺石庭を囲む壁の向こう側はどうなっている? 2017/03/30

 史跡・特別名勝として知られます竜安寺の方丈庭園を知らない人はいないというほど日本でも代表的な石庭です。

 その幅は、わずか22メートル、奥行きに至っては10mに過ぎませんが、そこに大宇宙を感じます。

 お恥ずかしながら、そのように説明されますので、そういうものなのだろうと思っています。

 15個の石が無造作とも思える配置にあるだけです。


 その大宇宙を囲む壁の向こう側はどうなっているのか・・・

 宇宙の果ては、どうなっているのでしょうか・・・

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/b2a91a81a2cfa6d79172585aa3428029


■ アメリカ一極体制崩壊の行き先はどこにあるのか? 2017/03/29

 3月28日は、スマトラ沖地震から12年がたちました。

 東日本大震災から6年、地球温暖化と共に、いろいろな天変地異が起こっています。

 地価直下型地震や南海地震などがヒシヒシと迫ってきますが、社会情勢も先行くの不透明感が増しています。


 2016年6月のイギリスのEU離脱、ロシアのクリミア併合に続くシリアにおける代理戦争、2010年のアラブの春以降の中東の混乱、世界各地で起こるイスラーム原理主義者のテロ事件、中国の南シナ海の領有権に対する強権的主張など、「世界の平和と安定」「自由」「人権」「法の支配」と言った普遍的理念に逆行する事件が多発し、将来への不安と不透明感が高まる中、普遍的理念を代表するアメリカの大統領に「アメリカ ファースト オンリー」を主張するトランプ氏が1月20日大統領に就任しました。

 アメリカ「一極体制」が崩壊する行先には、どのような世界があるのだろうと多くの人は将来の不確実性に頭を悩ませているのではないでしょうか。

 それを易しく読み解く人の声に耳を傾けてほしいものです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/6a1a75d7a00a11be58603cccb3917bed


■ 毛色の変わった経営コンサルタント 2017/03/28

 1960年代、若者に人気のアイドルグループ「ジャニーズ」が活躍していました。

 あおい輝彦氏や飯野おさみ氏の名前はアイドルなどに無関心な私でも知っている名前です。

 日本経営士協会には、演劇関連のコンサルタントがいます。

 飯野氏は、彼のおじさん(従兄だったかもしれません)です。

 経営コンサルタントにもいろいろな専門家がいることをご理解いただけるのではないでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/769747fb6f05e49d70c1f62faaed96a0


■ 稀勢の里優勝 ビジネスパーソンは必ずウラを取れ 2017/03/27

 【経営コンサルタントの独り言】改訂版でも書きましたが、稀勢の里関、連続優勝おめでとうございます。

 十三日目の日馬富士戦で肩を痛め、十四日目の戦いぶりから見て、千秋楽は誰が見ても照ノ富士の優勝間違いなしといえる状況でした。

 それを物語るのが、優勝賜杯を受け取ったときの稀勢の里の痛さをこらえるしかめた顔からもわかります。

 それだけに、誰もが稀勢の里の奇跡の逆転劇には感動したことでしょう。

 おそらく、この名場面はこれからも末永く伝え続けられることと思います。


 一方、一杯を守ってきた照ノ富士がなぜ連敗したのかという切り口でご覧になっている人がどれ程いるでしょうか。

「日本人横綱」ということで脚光を浴びている陰で、照ノ富士は、彼なりに苦しんでいたことをご存知でしょうか?

 同じく十三日目の照ノ富士が鶴竜戦で古傷の膝を痛めていたのです。

 照ノ富士も膝痛を顔に出さずに闘っていたことを知り、日本人横綱ということで脚光を浴びがちな陰で、照ノ富士の思いは如何だったでしょうか。

 日本が好きで、相撲が好きで、遠地モンゴルからやってきたこの若者が、日本嫌いにならないためにも、われわれは配慮が必要ではないでしょうか。


 物事には二面性がある。

 これが、私が経営コンサルタントを四十余年もやってこられた背景にあります。

「ウラを取れ」と若手経営コンサルタントにアドバイスをするようにしています。

 日本人として、私も稀勢の里が小結になった頃から十数年も応援しています。

 ですから、稀勢の里の今回の快挙は非常に嬉しいです。

 でも、一方で、照ノ富士の気持ちを忘れてはならないということを声高に言いたいです。

 何かが生じたときに、そこには何らかの事情や理由があると考えます。

 相手が、あるいは誰かが、何かを言ったり、行動した入りする裏には、それなりの事由があるのです。

 それを理解するように努力を重ねますと、“真”の人を見る目を養うことができるようになると思います。

 真実を見極めることができるようになると思います。

 その点では、まだまだ私は、その域にはほど遠い状況です。

 それでも、稀勢の里よろしく、諦めないで努力を重ねるつもりでいます。


■ 新幹線駅とドーナツ現象+利用者ファースト 2017/03/27

 2016年(平成28年)3月26日に東北新幹線と北海道が結ばれました。

 新青森駅-新函館北斗駅間が開業し、JR北海道が運行しています。

 JR北海道といえば、保線・保守の手抜きで多くの事故を起こしてきました。

 それだけに、日本の新幹線技術に泥を塗るのではないかと懸念されます。

 <これは失礼しました。でも、ホンネです>


 東北新幹線が青森まで延伸開通したときに、新青森駅は何もないところにぽつりと駅舎がありました。

 やがて周辺にお店やホテル等が建ち始めました。

 依然として、新青森駅に隣接している部分には何も建たない状態が続いていました。

 駅隣接地では地価が高騰して、庶民の手が届かなくなってしまったのでしょう。

 大資本の人達が隣接地を利用できる弱肉強食の世界があります。

 一方で、甘い汁を吸った人がいるのでしょうね。<げすの勘ぐりで失礼>


「新○○駅」という新幹線の駅の周辺では、必ずと言って良いほど、上述のようなドーナツ現象が起こります。

 まだ、北海道新幹線に乗車していませんので、新函館北斗駅の周辺は知りません。


「新○○駅」といいますと、今ひとつ顕著なことがあります。

 不便であることです。

 たとえば「新横浜駅」は、新幹線を降りますと横浜線に乗り換えるなどしないと横浜駅には行けません。

 すでに開発済の横浜駅に新幹線を通すことは、コスト面でも困難だったのかもしれません。

 でも、それを理由に、利便性が損なわれているのは、マーケティングでいう「顧客は神様」の精神に反することになります。

「利用者ファースト」精神の欠如です。

 御上がすることには、庶民は何も言えないのでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/3b6b487bcf6250935a9eb9e7d6c47fac


■ 省エネ技術が進んで来ていますね 2017/03/26

 2010年東日本大震災の時には、計画停電が実施されました。

 その時には、日本国中が省エネ努力をしたと思います。


 喉元過ぎれば熱さを忘れる

 あの時の必死さは、薄らいできているように思えます。

 われわれの世代では、停電をしばしば経験していますので、電気をこまめに切るというのは身に染みついています。

 ところがそうでもない年配者が結構いるのですね。

 ある会社に週末訪れたときに、お休みですので社長さん以外は誰もいません。

 その誰もいない部屋にも電気が点きっぱなしでした。

 私に対する配慮から点けたままにして下さっていたのでしょうが、「もったいない」という思いが強いです。


 近年は、技術進歩で、人感センサー付きの電灯が普及してきています。

 人がいなくなれば自動的に電気が消えます。

 電気を食うといわれる冷蔵庫にしろ、エアコンにしろ、省エネ技術のおかげで、なんと一般家庭の電気使用量は減ってきているそうです。

 電気料金は、電力会社の利益が出るように勝手に変更できる法律になっていますので、下がっていないのが現状かもしれませんね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/ac809f207c82173df28c84cd003c92e6

■ 一週間を先読みする  2017/03/26

 森友学園問題で、籠池証人喚問を受け、野党が安倍首相夫人他の喚問を要求しています。籠池理事長の発言は、これまでウソを糊塗してきただけに信じられませんが、国会における喚問ですから、罰則ものです。どこまでが真実で、どこからが大嘘なのでしょうか?

 アメリカでは、トランプ大統領へのさや当てもあるのか、予想を早めて利上げを実施しました。今週はGDPの発表があります。ここのところGDPも改善してきているだけにその動向が気になるところです。

 ヨーロッパではイギリスのEU離脱通知が行われます。イギリスに進出している海外メーカー等は、イギリスに居続けるべきかどうか、早急なる判断が迫られていると言えます。イギリスでは、スコットランドが分離独立を掲げ、再び国民投票を行う構えです。
 先のオランダ総選挙では、保守系が優位を保ちましたが、今後、フランスやドイツの右翼の伸びもあり選挙の動向が気になります。

26  日北海道新幹線開業1年、欧夏時間、香港行政長官選挙
27  核兵器国連会議、日金融政策決定会合主な意見・サービス価格指数
下旬  働き方改革実行計画策定
29  フィギュアスケート世界選手権(~4/1)、英EU離脱通知
30  日ロ外務次官戦略対話、米GDP、G7文化相会合(~31)
31  EU消費者物価、中国PMI


【経営コンサルタントの独り言】 日本製のマスク

 気管支喘息を患っている私は、一年365日、24時間、食事や入浴などを除くとマスクを着用しています。

 真夏の暑いときにマスクを着用するのは、慣れているとはいえ、辛く感じます。

 それでもマスクを着用するのは、マスクをしている方が楽だからです。


 森林浴ができるときには、できる限りマスクを外します。

 平素、マスクを着用しているだけに、空気がおいしく感じます。


「床ずれ」という言葉があります。

 マスクを常時着用していますと、「耳ずれ」(そのような言葉があるとは思えませんが)を起こすことがあります。

 それが夏ですと、汗が滲みて痛みを引き起こしますので、一層辛くなります。


 普通の人に比べますと大量に使いますので、箱買いをするのは当然です。

 ところが、箱売りされているマスクは大半が中国製です。

 幸いなことに日本製もないことはないのです。

 日本製は、マスクの掛け紐が、「耳ずれ」を起こしにくいです。

 使用されている生地も柔らかで、しなやかですので、肌を擦る感覚が少ないのです。


 日本製と中国製の大きな違いは、何だと思われますか?

 中国製は、箱からマスクを一枚取り出すときに、耳の掛け紐が他のマスクのそれと絡まってしまい、なかなか取り出せません。

 ところが日本製は、スッと取り出せます。

 一枚一枚重ねて箱に入っているのです


「それって、当然では・・・」とおっしゃるかもしれませんが、違うのです。

 中国製はマスクが束ねられて箱に入れられています。

 そのためメーカーがマスクを箱詰めする時には、マスク生地の外側に、掛け紐がだらりと下がった状態でしょう。

 ところが日本製は、一枚一枚たたみ込んであるので、掛け紐が外側に出ていません。

 掛け紐同士が引っかかって邪魔をしないのです。

 そのためにコストが高くなってしまうのでしょうが、そこそこの定価で売られているのが、また素晴らしいことです。

 たかがマスク、されどマスク

 日本人らしい心配りを感じます。


■ 一週間を先読みする 2017/03/19

 森友学園問題や防衛省の日報隠し問題などで、安倍総理を始め政府が苦戦をしいられています。春闘が一段落し、これからは中小企業の賃上げ動向が気になります。景気面では金融政策決定会合議事要旨や貿易統計の発表があります。

 アメリカでは経常収支や新築住宅販売統計の発表があります。ハワイ州の違憲判決で苦境に立つトランプ大統領ですが、防衛予算10%の財源をオバマ時代の予算を項目によっては30%も削減することで捻出しています。今後、国民がどの様な反応を示すのでしょうか。

 欧州では、オランダ選挙が現状重視の結果となり、フランスやドイツの選挙を控えて、胸をなで下ろした人が多いのではないでしょうか。この一週間にはEU財務相会合・理事会が開催され、どの様なことが発表されるのでしょう。ドイツでは、デジタル技術国際見本市がハノーバーで開催されます。AIやVR、IoTなど新しい技術が生まれていますが、どの様な展示会になるのでしょうか。

 サウジアラビア国王が日本を訪れましたが、日本にとって経済的にメリットのある話に展開するのでしょうか?香港では長官選挙があります。親中派が郵政ですが、民主派がどの様な動きを示すか次第では逆転もあり得るという予想です。しかし、いずれにしろ香港への中国関与はあまり変化がないのではないかと思います。

19  安倍首相訪欧
20  日ロ2+2・地下鉄サリン事件22年、EU財務相会合、独CeBIYTデジタル見本市(~24)、WBC準決勝・決勝
21  米経常収支、EU財務相理事会、英消費者物価
22  日金融政策決定会合議事要旨・貿易統計
23  米新築住宅販売
24  日3か月天気予報

■ 漫画という言葉が以前ほど使われなくなりましたね 2017/03/18

 近年、「漫画」という言葉が、以前ほど使われなくなってきました。

 コミック誌の売上も減少してきています。

 海外にもコミック誌はありますが、日本のコミック誌ほど分厚いのはないのではないでしょうか。

 子供の頃は、漫画本を持つことがあまりなかった時代です。

 近所の遊び仲間の家で読ませてもらったりしました。

 貸本屋が街にできたのは、それより後の話です。

 私は、貸本屋に入った経験もないのですが、従弟の一人は、漫画が好きで、それが高じて貸本屋を始めました。

 もちろん、今は転業しています。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c29e91ab6ab4efa9adba1c1ccbfdb207


■ 経営者はコンサルタントの実力をどの様に判断する? 2017/03/17

 テレビドラマ「百の資格を持つ女」を扮する渡辺えり子さんが、場面にそった資格を活かして大活躍します。

 近年「検定試験」が花盛りです。

「京都検定」など、「ご当地」検定も多いですね。

 ○○検定1級などと、ランク付けされていることが多いです。


 経営士という経営コンサルタント資格もランクがあります。

 経営コンサルタントという高度な業務をこなせるには、知識だけではできません。

 経験を積み、経験に裏付けされた実力を持ち、実績ある経営コンサルタントと、資格を取りたての先生とでは、コンサルティング結果は大きく異なるのが通常です。

 そのために、経営士にはランクがあります。

 まずは経営士補を取得し、経営士Cクラス、Bクラス、Aクラスと昇格をして行きます。

 昇格には、経験・実力・実績が審査の判断基準となります。

 従って、経営コンサルタントとしての実力判定の目安になります。

 一方で、資格が高くなるほど、コンサルティング・フィーも上昇しますので、経営者が選定する時に、実力か、費用か、判断をする必要があります。

 それでは、経営士補から経営士Cクラスに昇格するには・・・

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/115bb0ca3e9aecfe964d0621753c6137


■ 涅槃会・・・ 何と読むのでしょうか? 2017/03/17

 涅槃会とは、「ねはんえ」と読みます。見慣れない字ですね。

 お釈迦様の入滅の日を記念して、各地のお寺さんで開催される仏事の一つです。

 お釈迦様が横たわり、周囲に弟子や動物たちが泣く様子が描かれた仏画をご覧になったことがおありと思います。

 以前、京都東福寺の特別公開の時に見たときには、滅多に見られないものに接することができ、なんとも言えない思いを致しました。

 奈良の当麻寺では、中将姫が祀られていますが、涅槃図がご本尊と記憶しています。

 大きな涅槃図は、近くでは見られませんが、その大きさには圧倒されました。

「当麻寺」というお寺さんの名前も読み方が難しいですね。

「たいまでら」と読むのだそうです。

 五重塔を二つ持つ、大きなお寺さんです。

 素晴らしい庭園もお薦めです。

 奈良の奥、と言いますか、南の方にあり、吉野山に近く、足が不便です。

 そのためか、立派なお寺さんなのに、知名度はそれほど高くないのが残念です。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/69a5dc4903a1c416341f34ab9b1b68f7


■ 消費者の権利をどう守る 2017/03/16

 東芝が、想定外のトラブルで苦境に陥っています。

 ひょっとすると二部上場に落ちてしまうかもしれない状況です。

 それどころか、東芝という企業そのものが存続できるかどうかということも懸念しなければならないのかもしれません。

 社員の心中はいかばかりかと思いますと、こちらも辛くなってしまいます。


 一方、東芝商品を愛用してきた消費者の立場に目を転じますと、こちらも暗い気持ちになってしまいます。

 白物家電は、中国に売却されましたが、今後のメインテナンスはどうなるのでしょうか?

 東芝のPCを使っている人は、トラブルが発生したときに、キチンと対応してもらえるのでしょうか?

 3月15日「世界消費者権利デー」にこのような思いをした人は多いのではないでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/69a5dc4903a1c416341f34ab9b1b68f7


■ 平時の備えあれば、憂いなし 2017/03/15

 間中に放過せざれば、忙処に受用あり。

 静中に落空せざれば、動処受用あり。

 暗中に欺隠せざれば、明処に受用あり。


「人の品性は包容力の大きさにある」

 わかっているつもりですが、実行できないでいる自分を恥ずかしいと思いつつも、いまだ実現できていません。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c0725cd1816e7f36d7e7f683aa66212d


■ 経営コンサルタントの自己研鑽は「下学上達」 2017/03/14

「下学上達」は何と読むのでしょう。

 経営四字熟語は、「科学」です。

 駄洒落です。<済みません m(_ _)m >


 経営環境は、日々変化しています。

 経営コンサルタントは常に先を読んで、アドバイスをしてゆかなければなりません。

 しかし、難しい理論をひけらかす経営コンサルタントであって欲しくないのです。

 経験や基礎知識・経験のない経営コンサルタントは、頭でっかちの、薄っぺらなことしかアドバイスをできません。

 経営者・管理職の方が、実践の場を踏んでいるだけに強いのです。

 そこで求められる姿勢が「下学上達」なのです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/d4039bf762f9788cf3e85d95286d5cda


■ 写真付きで「お水取り」を紹介しています 2017/03/13

「お水取り」の「おたいまつ」は、写真でご覧になられた方も多いと思います。

 偶然にもお水取りの日に奈良を訪れました。

 雨が降る中に時間ほど待ちましたが、おたいまつを見ることができました。

 何と幸運なことでしょう。


 女性に人気のある詩仙堂は、春の息吹を感じられました。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/b952532b436e80d2f2c3111d99de2fb7


■ 宝永大地震は関東から九州まで 2017/03/12

 江戸中期、宝永大地震が発生しました。

 東日本大震災までは、日本史上最大の地震といわれていました。

 広範囲な津波、富士山の大噴火、江戸の降灰被害等々大きな影響がありました。

 瀬戸内海まで津波に襲われたと言われていますので、もし東南海地震などが発生したら、現代の日本の被害は宝永大地震のそれとは比較にならない大きさではないでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/b0f60fb37e8cf46f7c6f459660837de3


■ 一週間を先読みする 2017/03/12

 最近高齢者ドライバーの交通事故が多いですが、道路法が改正され、認知症検査が厳しくなります。陛下退位に関する法制化が具体的になってきます。安倍首相の訪欧がありますが、日米関係だけではなく日米欧の結束が強まるのでしょうか。朴槿恵元大統領の罷免問題で誕生する新政府、日韓関係はどうなるのでしょうか。朴槿恵問題でサムスン事実上のトップの嫌疑から経済的な影響が日本経済にもあるのではないかと懸念されます。

 アメリカでは、先週の雇用統計が良かったこともあり、14~15日のFOMCで、FRBによる追加金利上げが濃厚になりました。前回に続き0.25%の小刻みな、おっかなびっくりの利上げとなるでしょう。中国を始め新興国からの米資金の引き上げが具体化してくることは必定です。新興国への影響が徐々に出てくるでしょう。

 17~18日、ドイツ保養地のバーデンバーデンでG20が開催されます。トランプ大統領就任後の初会合です。アメリカファーストのアメリカが為替政策で強気な発言をするでしょう。貿易赤字で名指しされているドイツや中国がどの様な発言をするのか、麻生発言と共に注目されます。アメリカは日本の自動車や農業をWTO提訴しましたが、こちらも気になります。


【経営コンサルタントの独り言】 日本製のマスク

 気管支喘息を患っている私は、一年365日、24時間、食事や入浴などを除くとマスクを着用しています。

 真夏の暑いときにマスクを着用するのは、慣れているとはいえ、辛く感じます。

 それでもマスクを着用するのは、マスクをしている方が楽だからです。


 森林浴ができるときには、できる限りマスクを外します。

 平素、マスクを着用しているだけに、空気がおいしく感じます。


「床ずれ」という言葉があります。

 マスクを常時着用していますと、「耳ずれ」(そのような言葉があるとは思えませんが)を起こすことがあります。

 それが夏ですと、汗が滲みて痛みを引き起こしますので、一層辛くなります。


 普通の人に比べますと大量に使いますので、箱買いをするのは当然です。

 ところが、箱売りされているマスクは大半が中国製です。

 幸いなことに日本製もないことはないのです。

 日本製は、マスクの掛け紐が、「耳ずれ」を起こしにくいです。

 使用されている生地も柔らかで、しなやかですので、肌を擦る感覚が少ないのです。


 日本製と中国製の大きな違いは、何だと思われますか?

 中国製は、箱からマスクを一枚取り出すときに、耳の掛け紐が他のマスクのそれと絡まってしまい、なかなか取り出せません。

 ところが日本製は、スッと取り出せます。

 一枚一枚重ねて箱に入っているのです


「それって、当然では・・・」とおっしゃるかもしれませんが、違うのです。

 中国製はマスクが束ねられて箱に入れられています。

 そのためメーカーがマスクを箱詰めする時には、マスク生地の外側に、掛け紐がだらりと下がった状態でしょう。

 ところが日本製は、一枚一枚たたみ込んであるので、掛け紐が外側に出ていません。

 掛け紐同士が引っかかって邪魔をしないのです。

 そのためにコストが高くなってしまうのでしょうが、そこそこの定価で売られているのが、また素晴らしいことです。

 たかがマスク、されどマスク

 日本人らしい心配りを感じます。

■ 一週間を先読みする 2017/03/12

 最近高齢者ドライバーの交通事故が多いですが、道路法が改正され、認知症検査が厳しくなります。陛下退位に関する法制化が具体的になってきます。安倍首相の訪欧がありますが、日米関係だけではなく日米欧の結束が強まるのでしょうか。朴槿恵元大統領の罷免問題で誕生する新政府、日韓関係はどうなるのでしょうか。朴槿恵問題でサムスン事実上のトップの嫌疑から経済的な影響が日本経済にもあるのではないかと懸念されます。

 アメリカでは、先週の雇用統計が良かったこともあり、14~15日のFOMCで、FRBによる追加金利上げが濃厚になりました。前回に続き0.25%の小刻みな、おっかなびっくりの利上げとなるでしょう。中国を始め新興国からの米資金の引き上げが具体化してくることは必定です。新興国への影響が徐々に出てくるでしょう。

 17~18日、ドイツ保養地のバーデンバーデンでG20が開催されます。トランプ大統領就任後の初会合です。アメリカファーストのアメリカが為替政策で強気な発言をするでしょう。貿易赤字で名指しされているドイツや中国がどの様な発言をするのか、麻生発言と共に注目されます。アメリカは日本の自動車や農業をWTO提訴しましたが、こちらも気になります。

■ 明治以降東京は二度の壊滅を経験している 2017/03/11

 江戸時代、何度も大火に見舞われている東京ですが、明治以降は神戸や東北の各地に近い被災を二度経験しています。

 一度は関東大震災、二度目は第二次大戦・太平洋戦争です。

 私の家族は都心から30㎞近くも離れている東京の西の方に住んでいました。

 東京大空襲のあった3月10日の夜は、東の空が真っ赤に見えたと言いますので、その凄まじさは言語に尽くせないものであったのではないでしょうか。


 戦争を知らない人が多い日本ですが、有り難いことですね。

 終戦後20年には東海道新幹線がはしり、その十年後の1975年には、東海道新幹線は全線開通した山陽新幹線と繋がりました。

 平和ボケをしているという私達ですが、いつまでもこの平和が続いて欲しいですね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/18edf15640c991d4ac39b4cedcfc0ab4


■ さらなる女性の活躍を推進する 2017/03/09

 3月8日は「国際婦人デー」でした。

 歴史を紐解きますと、女性差別が、アメリカでさえ、つい120年近く前まで続いていたのですね。
 1904年にニューヨークで参政権を要求した女性労働者の運動が契機で、この日がようやく制定されたのですね。

 日本では・・・

 それよりも何年も後ですが、某年に動き始めました。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/f533fa3604a32666b818728d1adc0b6a


■ メンチカツはお好きですか? 2017/03/08

 関東では「メンチカツ」と呼びますが、関西では「ミンチカツ」といいますね。

 明治時代に東京浅草の洋食店が「ミンスミートカツレツ」として販売されたのが起源だそうです。

 その後、東京で「メンチボール」という、今日でいうミートボールが出現しました。

 それにヒントを得た神戸の精肉店が、平たくし、「ミンチカツ」として販売したのが始まりだそうです。(味のちゅぬやサイトより)


 メンチカツは、冷凍食品として欠かせない商品の一つとなっています。

 カツサンドですと高級サンドイッチという感覚ですね。

 メンチカツを挟んだサンドイッチや食材パンは、庶民派の食べ物で、味音痴の私にはおいしく感じます。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/1da7a66767f1923b2851b5fe17b83b82


■ 秋吉台の山焼きは春を告げる 2017/03/07

 秋吉台の山焼きも、この時期の季節の行事としてテレビなどで必ず紹介されますね。

 秋吉台に行かれた方はご存知のように、カルスト台地に石灰岩が頭を出しています。

 展望台に上ってみますと、それが羊のように見えるのも面白いですね。

 秋吉台の下には、日本でトップクラスの鍾乳洞「秋芳洞」があります。

 われわれは、これを「しゅうほうどう」と呼んでいましたが、今は違うのです。

 では、何と読むのでしょう。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/788783a3a127207eda753d84be7da910


■ 啓蟄で小動物が動きです季節 2017/03/06

 啓蟄って、難しい言葉ですね。

 蟄って、見たこともないような感じですね。

 辞典に載っていないこともあるようで「ちつ」と読むのです。

 でも、どの様な意味なのでしょうか?

 訓読みすると「かくれる」だそうです。

 すなわち、身を隠すことですね。

 そう言えば、時代劇で「蟄居(ちっきょ)を命ずる」というようなことを耳にしますね

 そこまでは納得しましたが、では「啓蟄」って・・・

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/90e4aac8b7a4e9cce7cbb99335d6fdb2


「風が吹けば桶屋が儲かる」もともとは「箱屋」です 2017/03/05

 3月4日は、沖縄の楽器である「三線の日」でした。

 胴の部分に蛇皮を使っています。

 それに対して三味線は、猫の皮を使うのが良いと聞いていますが、犬など、他の動物の皮を用いることもあるようです。

「風が吹けば桶屋が儲かる」

 風で土ぼこりがあがる
 舞い上がった土ぼこりが目に入ってしまい、盲人が増えてしまう
 盲人は三味線を引く職業に就いていることが多いので三味線を買う
 三味線が売れると猫皮が必要になり、猫が殺される
 猫が減ればネズミが増えてしまう
 たくさんのネズミが桶をかじってしまう
 すると桶が売れて、桶屋が儲かる

 浮世草子に出てくる一節ですが、原作では桶屋ではなく箱屋でした。


 三線ではなく、三味線ですが、私の母は、故初代成田雲竹先生の妹弟子一門に属し、名取りでした。

 初代雲竹先生の直筆の書も戴きました。

 津軽三味線の不出の名士として知られています。

 津軽三味線は、バチでたたいて奏でるといいます。

 それが、あの勇壮の演奏に繋がるのですね。

 一門は海外にも渡航し、母も随伴しました。

 三線の日に、フッと一年余前に他界した母を思い出しました。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/10955e83d75905921bb1d731a7417e26


 一週間を先読みする 2017/03/05

 トランプ政権が、通貨安誘導と被害妄想で世界を揺るがせています。しかし、最近は日本に対しては、その手を緩めて来ているように思えます。それどころか、これまで英国を特別扱いしていた対外的な接し方が、日本を非常に意識した対応と変化をして来ています。先週の大統領の演説では、全体的にトーンダウンをしています。外交のあり方が次第にわかってきたのでしょうか。
 7日には、貿易統計が発表されます。その貿易収支が改善の見込みです。その中で、日米の赤字幅拡大していることから、せっかく日本に対して手を緩め始めていることに変化があるかもしれないという懸念があります。

 ここのところ、原油安が底を打ち始める珪肺が出てきています。また、EUの物価上昇率が、目安としている2%を上回るなどしています。その結果、金融緩和に批判的なドイツがさらなる縮小を求めています。今週のECB理事会でのドラギ総裁の発言に注目が集まりそうです。

 全人代が、毎年10日くらいの予定で開催されていますが、今年は5日より始まります。習政権に対し、どのような意見が出るのか、大きな期待はできないのではないでしょうか。それだけ、習主席の権力強化が盤石になってきているといえるのかもしれません。

 今月は、天皇陛下退位に関して、決定の方向への動きが活溌です。中旬には意見とりまとめが行われ、決定の方向に動く模様です。

■ 五節句の料理をすべて作ってお祝いする家庭も少なくなりました 2017/03/04

 3月3日は、桃の節句でした。

 白酒を備えてお祝いをしたお宅もあると思います。

 この日は、中国の陰陽五行説に由来する五節句の一つ「上巳(じょうし)」です。

 それぞれの節句にお供えされる節句料理というのは決まっています。

 節句というのは、季節の節目となる日で、1月7日の七草は「人日」といって七草を戴きます。

 3月3日は、既述の通り「上巳」で菱餅や白酒が供されます。

 5月5日は「端午」で柏餅(関東)やちまき(関西)が振る舞われます。

 7月7日「七夕」はそうめん、9月9日は「重陽」で菊酒がつきものです。

 残念ながら、五節句の料理を作って、すべてをお祝いするお宅は少ないでしょう。

 かくいうわが家でも、お恥ずかしながら、年を追う毎にやらなくなってきています。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/881fa10e4ae0305d9495c560a3ecfb1f


「ミニの日」ミニカー、ミニブタ、ミニシクラメン、ミニスカート 2017/03/03

 年配の方は、「ミニスカート→ツイギー」と連想する人が多いでしょう。

 昨今では、短いスカートがあたり前で、ミニスカートいう言葉は死語なのかもしれませんね。

 高校生は、せっかくの制服スカートをなぜ、あのように短くするのでしょうね。

 陀院死高校生にとっては、刺激が大きすぎるような気がしますが、女子高校生にとっては、やりたくなくても、やらないといじめにでも遭うのでしょうか?


 3月2日は「ミニの日」の日でした。

 3月1日が豚の日でそれに続き3月2日はミニブタの日でもありました。

 両者の制定には、関係はなさそうです。


 何年か前に、アメリカで「ミニブタブーム」が起こりました。

 今でもミニブタをペットにしているお宅が結構あるそうです。

 多くの人が、「豚は臭い」と思われているのではないでしょうか。

 でも、豚は清潔好きですので豚舎の清掃は不可欠です。

 清潔好きと豚のインフルエンザとは関係ないかもしれませんが、鳥インフルエンザの被害などを見ますと、被災された方は大変でしょうね。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/3a85498a2fd143549d2e7c28400f837b


■ 3月なのに二月堂とは如何に? 2017/03/02

 3月は、なぜ「弥生(やよい)」と呼ぶのでしょうか?

  http://www.glomaconj.com/#tsukimei

 3月1日には、奈良東大寺の二月堂で修二会が開かれます。

 修二会行事のハイライトは「お水取り」です。

 3月12日に行われます。

 二月堂の外廊下を、日で飾る行事は、火事にならないかと心配になりますね。

 修二会とは?

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/143c1b8bdb51a452b3f00dec4095eda7


◆ 「バカヤロー」とは聞き捨てなりません!! 2017/03/01

 2月28日はバカヤローの日だそうです。

「バカヤロー」とは聞き捨てならない表現ですし、それが記念日にあるとはどういうことかと、初めは訝りました。

 調べてみて、ニヤリとしました。

 子供の頃、マスコミを騒がせていたことを思い出します。

 マスコミといいましても、私の子供の頃はラジオと新聞ですので、今日ほどのインパクトはありません。

 とはいえ、子供心に見聞したことが、いまだに思い出されるのですから、当時としてはインパクトがあったのでしょう。


 近年、言葉が大変乱暴になったような気がします。

「死ね!」などという汚い言葉を平気で吐きます。

 テレビの影響が大きいと思いますが、関係者はそれを認めようとしないで、自己弁護をします。

 現実を直視し、俗悪番組はやめて欲しいです。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/72d442c77789c040fa0affe11e6fc5f6


今日の出来事

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる
 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。
 今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また
、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

今月の見落とせない出来事
今月の見落とせない出来事は、経営マガジンのページの移動しました
今後の出来事
 2017年03月   欧:オランダ総選挙、英:EU離脱手続開始
 2017年04月   日:消費税10%へ、仏大統領選
 2017年06月   仏議会選挙
 2017年09月   独連邦議会選挙
 2017年秋  中国共産党大会
 2018年  日:自民党総裁選
 韓国平昌冬季オリンピック・パラリンピック
 2019年  日:消費税10%へ(4月)、参院選、ラグビーワールドカップ日本大会
 2020年  日:基礎的財政収支黒字化、JR山手線新駅
   東京オリンピック・パラリンピック(7/24~8/9)   
 2025年  日:団塊世代75才 
 2027年  日:リニア新幹線部分開業(東京-名古屋) 
 2030年  日:北海道新幹線札幌延伸 
  ↑ PAGE TOP
【時事経済用語解説】

2プラス2:外務・防衛閣僚会合。外相と防衛相の4人が出席し、外交・安全保障政策・防衛協力について協議する枠組み

ADP:民間雇用者数:automatic data processing
 給与計算会社のADP社が発表する雇用調査レポート。労働省の非農業部門雇用者数の先行指標として注目されている。

APEC:Asia-Pacific Economic Cooperation
 アジア太平洋経済協力会議、1989年に発足、日本をはじめ、東南アジア諸国、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどアジア太平洋地域の国が経済協議のために集まる会議。貿易と投資の自由化などの経済協力を進めているが、近年、政治的な協議の場ともなってきた。(Weblio)

CPI:消費者物価指数(Consumer Price Index)
 消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。(Wikipedia)

ECB:欧州中央銀行、European Central Bank
 ユーロ圏17か国の金融政策を担う中央銀行(Wikipedia)

EPA:経済連携協定 Economic Partnership Agreement 
自由貿易協定(FTA)を柱として、関税撤廃などの通商上の障壁の除去だけでなく、締約国間での経済取引の円滑化、経済制度の調和、および、サービス・投資・電子商取引などのさまざまな経済領域での連携強化・協力の促進などをも含めた条約である。(Wikipedia)

Fintech:フィンテック、FinTech、Financial technology
 情報技術(IT)を駆使して金融サービスを生み出したり、見直したりする動き、外部に公開した形で開発されることもあるため、オープンイノベーションの一環である(Wikipedia)

FOCAC:中国・アフリカ協力フォーラム:Forum on China?Africa Cooperation
3年毎に開催される、中国とアフリカ諸国との公式フォーラム

FOMC:連邦公開市場委員会、Federal Open Market Committee
 公開市場操作(国債買いオペなどを通じて金融機関の資金需給を調節すること)の方針を決定する委員会(Wikipedia)

FRB:連邦準備銀行 (Federal Reserve Banks)
 アメリカ合衆国連邦準備制に基づき、中央銀行制度を司る企業体。日本の日本銀行に相当し、紙幣の発行などを行う。FRB報告は、全米12地区の連邦準備銀行からの景気報告を集約した文書(Wikipediaより作成)

GDP:Gross Domestic Product
 国内総生産。一年間に国内で生産された付加価値の合計をさす。Grossとは減価償却などの固定資本減耗を含めた値、という意味で国内純生産と区別される。(Hatena Keyword)

ISM:Institute for Supply Management
 製造業景況感指数のこと。全米供給管理協会が発表する企業の景況感を示す指数、米国の景気先行指標として注目される。(証券用語解説集)

HICP:Harmonised Index of Consumer Prices
 ユーロ圏の消費者物価指数、日米などはCPIという用語を使っているが、消費者物価指数を表す点では同じ

LMCA:Labor Market Conditions Index
 「労働市場状況指数」は、FRBが2014年10月から公表を開始した労働市場に関する指標。雇用統計や失業率、労働参加率、パートタイム就労の比率、民間雇用、政府雇用、一時雇用を含む19項目の指標を元に算出されるもの(Lets-gold)

PCE:Personal Consumption Expenditures
 人消費支出 個人が物やサービスに対してどれだけお金を支出したかを示す指標

PMI:Purchasing Managers’Index
 購買担当者景気指数 / 製造業購買担当者景気指数。景気の先行きを示す指標のひとつであり、製造業の購買担当者に生産意欲などをアンケートして指数化したもの(出典:m-Words)

PPI:Producer Price Index
 生産者物価指数。アメリカでは労働省が毎月発表する、米国内の製造業者の約10,000品目における販売価格から調査・算出した物価関連の経済指標をいう。(iFinance)

QUICK短観
 日銀短観の先行指標になることを目的に、国内の全上場企業を対象に景況感などを調査・集計。調査内容は景況感のほか、円相場判断や雇用判断、販売・仕入価格判断などがある。(QUICK)

TICAD:アフリカ開発会議:Tokyo International Conference on African Development
アフリカ開発会議は、日本が主催する、アフリカの開発をテーマとする国際会議で、経済支援をとうしてアフリカへの海外投資を促進することを目的としている。

TPP:Trans-Pacific Partnership、Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement
 環太平洋経済協定他の呼び方がある。加盟国の間で取引される品目に対して関税を原則的に100パーセント撤廃しようという枠組み(weblio辞典より作成)

WPI:Wholesale Price Index
 卸売物価指数。原材料や中間製品価格など第1次卸段階における平均的な消費内容のある時点での基準販売価格を100として、それらの価格水準がどれだけ変化しているかを示すもの。(exBuzz words)

さくらレポート:地域経済報告のこと。日本銀行が地域経済担当部署からの報告を集約し、調査統計局地域経済担当が四半期ごとに公表している統計調査

消費者信頼感指数:Consumer Confidence
 アメリカの民間経済研究所コンファレンスボード(全米産業審議委員会)が発表する、消費者マインドを指数化した景気関連の経済指標(iFinance)

全人代
 全国人民代表大会の略表記、中華人民共和国の一院制議会で、憲法上、国家の最高権力機関および立法機関としての位置づけ。(Wikipedia)

ダボス会議
 毎年1月に世界各国の政治や経済界のリーダーがスイス東部のダボスに集まり4日の日程で開催、世界情勢について討議

地域経済報告:日本銀行が地域経済担当部署からの報告を集約し、調査統計局地域経済担当が四半期ごとに公表している統計調査のこと。別名さくらレポート。

日銀短観
 全国約1万社を対象に調査。景気が「良い」から「悪い」と答えた企業の割合の差。


ベージュブック:Beige book
 地区連銀経済報告 米国の連邦準備銀行がまとめた、地域の経済状況を報告する文章のこと。FOMCが開催される2週間前の水曜日に公表する。報告書がベージュ色のためベージュブックと呼ばれる。 (weblio)

マネーストック
 基本的に、通貨保有主体(一般法人、個人、地方公共団体・地方公営企業)が保有する通貨量の残高(金融機関や中央政府が保有する預金などは対象外)(日銀サイトより作成)

マネタリーベース
 「日本銀行が供給する通貨」のこと。市中に出回っているお金である流通現金(「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」)と「日銀当座預金」の合計値。(日銀サイト)

量的緩和:Quantitative easing
 正式には「量的金融緩和政策」を指し、「量的緩和政策」とも言われる。金利の引き下げで経済刺激効果が出て景気は回復するが、深刻なデフレではゼロ金利でも十分な景気刺激効果を発揮することができない。中央銀行は当座預金残高量拡大させ、市場の資金を潤沢にする、その政策である。(Wikipediaより作成)

  ↑ PAGE TOP
お勧めブログ

【経営者・管理職の皆様へお勧めブログ】
 ◇ 心 de 経営
 ◇ 今日は何の日 経営マガジン
 ◇ 独立起業支援
 ◇ 経営コンサルタントの使い方
 ◇ 経営コンサルタントからのメッセージ
 ◇ 経営四字熟語・名言格言金言
 ◇ 電通鬼十訓・経営15訓
 ◇ 今日は何の日
 ◇ ありし日の経営コンサルタント
 ◇ 時代の読み方
 ◇ 時代の読み方総集編
 ◇ 経営情報・セミナー案内
 ◇ 
海外ビジネス情報
 ◇ 歴史に学ぶ経営
 ◇ 経営コンサルタントの本棚
 ◇ 旅・写真・趣味
 ◇ 杉浦日向子の江戸塾
 ◇ ブログ案内
 ◇ 税金Q&A
 ◇ IT・パソコン利用ノウハウ
 ◇ 環境を考えよう
 ◇ 経営特訓教室
 ◇ お節介焼き情報

【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】
 ◇ 経営コンサルタントへの近道・資格取得
 ◇ 経営コンサルタントになろう
 ◇ 経営コンサルタントQ&A
 ◇ 新・新米経営コンサルタントの独立起業日記
 ◇ 新米経営コンサルタント竹根の独立起業間での心の動き
 ◇ 経営士塾タスク
 ◇ 独立起業支援
 ◇ 経営コンサルタントのためのIT講座
 ◇ 歴史に学ぶ経営
 ◇ 心で経営
 ◇ 電通鬼十訓・経営15訓
 ◇ 経営コンサルタントの本棚
 ◇ 時代の読み方
 ◇ ブログ案内
 ◇ 経営情報・セミナー案内

【趣味・旅行のブログ】
 ◇ カシャリ!一人旅・写真・趣味

【掲載ブログ】

 お好みのブログでご覧下さい。

  Yahoo ブログ  アメブロ   Gooブログ
  ドリームゲート
 FC2ブログ

経営コンサルタントへの道
 経営コンサルタントを目指す人の60%が閲覧し、コンサルティングに欠かせない情報が毎日改訂
  ↑ PAGE TOP
経営情報・セミナー案内
◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン他)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。
  ご利用者様のご判断と責任で行動してくださるようお願いします。


今月の呼びかけ: ウイルス感染を目的としたばらまき型メールに警戒を

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)によりますと、実在する組織からの注文連絡等を装った添付ファイル付きメールが不特定多数の宛先に届くという事象が確認されました。その結果、多くの相談が寄せられ、相談の内容や情報提供からウイルス感染を目的としたばらまき型メールであると判断し、注意喚起を行っています。

 実在する組織を装ったメールであるだけではなく、本文に不自然な言い回しがないなど、非常に巧妙です。内容に不審な箇所を見い出しにくい点や添付ファイル(ウイルス)がセキュリティソフトで検知できない点等、標的型攻撃の手口と似ています。被害者は、添付ファイルを開って、感染させられています。

 どの様なメールなのか、その対策や万一感染してしまったときの手順を紹介しています。 詳細


■  アダルトサイトのワンクリック請求の被害に備える

            ~ Windows10向けの復旧手順書 ~

 2015年7月29日より、Windows10への無償アップグレードの提供が始まりました。私も自分の体験談を「Windows10アップグレードよたよた体験記」として連載しています。

  バックナンバー
  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/c/34dd48d6e06411b3271f2cfa84a735c5

 すでにアップグレードした方も多いと思いますが、「パソコンにアダルトサイトへの登録完了や費用請求の画面が表示されるようになってしまった」という相談が、IPAに来るそうです。

 IPAのサイトを基に、ポイントを整理しましたので、ご参考になさってくださると幸いです。  詳細

◆【便利情報】 ハイブリッドキャスト・サービス利用をはじめてはいかがですか?

 NHKが”放送はより「豊か」に、さらに「便利」に”と銘打ってハイブリドキャスト・サービス提供をしています。放送と通信のハイブリッド、すなわちその両者を連携して利用できるテレビサービスです。
 ネット対応のテレビであれば、ニュースや気象をはじめ、番組に関する情報をこれまでのデータ放送より鮮明な画質で見られます。ネットに接続されていればdボタンを押すだけです。ひょっとすると、気が使いうちに、すでにあなたもハイブリッドキャストを利用しているのかもしれません。
 スマホやタブレットはハイブリッドランチャーをダウンロードするだけで利用できます。 <詳細

  ↑ PAGE TOP 
お勧めセミナー プロコンサルタントによる


 日本経営士協会 セミナー

 いろいろなテーマで、毎月複数会全国各地で開催しています。 開催案内

  ※ 上記以外の  公的機関 ・ 日本経営士協会 主催のセミナーも掲載しています。

  ↑ PAGE TOP 
経営やコンサルティングのセミナー・経営情報

全国共通 関連情報 ←クリック
   北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州 ←クリック
   その他の補助金・助成金情報 ←クリック

■ 日本経営士協会

 いろいろなテーマで、毎月複数会全国各地で開催しています。 開催案内

■《人材支援》中小企業の人材確保のため合同企業説明会等を行っています  合同企業説明会や新人向けセミナーを通じて、若者、女性、シニアなどの多 様な人材から、中小企業・小規模事業者が必要な人材を確保できます。 詳しくは、以下のサイトをご覧ください。 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/koyou/2015/150826jinzai.htm

■ 《セミナー》地域発の新たな事業の担い手の創出を支援する「創業スクール」を全国各地で開講します
 
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1329


■ 《補助金公募》平成26年度補正予算「中小企業・小規模事業者事業継続力強化支援事業」の募集を行っています

 中小企業・小規模事業者のBCP(事業継続計画)の策定・運用の取組を支援するための補助金を交付します。
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1774

■ 2015年版小規模企業白書の市販本が刊行されました

「平成26年度小規模企業の動向」及び「平成27年度小規模企業施策」(小規模企業白書)の市販本が7月31日に刊行、8月1日から発売されています。
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1772

■《イベント》第1回「日本サービス大賞」の募集を開始しました
日本初、優れたサービスを表彰する「日本サービス大賞」が新たに創設されました。本日より、内閣総理大臣賞をはじめとする受賞候補者の募集を開始しています。全ての業種・事業者から応募できます。
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1298

■ 
平成27年度版中小企業施策利用ガイドブックを配布しています

  http://e-net.smrj.go.jp/archives/648

 中小企業庁の補助事業のPRチラシを配布しています

平成26年度補正/27年度予算に係る補助事業の内容を分かりやすく解説したPRチラシを配布しています。ご活用ください。

請求はこちらから。
http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/FaxHosei.pdf

■《小規模支援》商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律に基づく「経営発達支援計画」の認定をしました(第1回)

商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律に基づき、小規模事業者の事業の持続的発展を支援する体制を整備するため、商工会又は商工会議所が作成する「経営発達支援計画」を70件認定しました。
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1429

■《事業承継》青森県・岩手県・群馬県・千葉県・新潟県に事業引継ぎ支援センターを新たに設置します

 後継者不在などで、事業の存続に悩みを抱える中小企業・小規模事業者の方
の相談に対応するため、「事業引継ぎ支援センター」を設置しています。
 今回、新たに青森県、岩手県、群馬県、神奈川県、新潟県の5箇所に事業引
継ぎ支援センターを設置することになりました。
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1298

■《補助金公募》平成27年度「革新的ものづくり産業創出連携促進事業(プロジェクト委託型)」の公募を行っています

 国が指定するテーマに沿って、実用化につながる可能性の高い研究開発・試
作品開発に対する支援を行います。
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1254

■《金融支援》中小企業・小規模事業者への資金繰り支援を強化します
 ~2月16日から政府系金融機関における制度の運用を実施していま
す!~
http://e-net.smrj.go.jp/archives/448

■《認定情報》下請中小企業振興法に基づく認定申請を受け付けています 
http://e-net.smrj.go.jp/archives/456

■《相談窓口》下請かけこみ寺をご活用ください
 ~原材料・エネルギーコスト増に関する相談窓口を新設~
http://e-net.smrj.go.jp/archives/458

    出典: e-中小企業ネットマガジン

  ↑ PAGE TOP 
地域別経営情報

北海道・東北 
   関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

《PR情報》「東北圏オンリーワン企業紹介」ページを解説しました

(公財)東北活性化研究センターでは、東北圏(新潟県を含む7県)に本社を置く、独創性や新規性を有する企業や高いシェアを持つ企業を対象とした、オンリーワン企業を紹介するページを開設しました。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.kasseiken.jp/onlyone/

    出典: e-中小企業ネットマガジン

関東・首都圏



   北海道・東北 関東・首都圏 近畿 中国・四国 九州

 ※ 現在、手元にご紹介する情報がなく、ご不便をおかけします。

  
出典: e-中小企業ネットマガジン


 
   北海道・東北 関東・首都圏 中部 中国・四国 九州

◆「創業支援」専門家による相談窓口を開設しています

堺商工会議所では、創業について、「開業したい!どんな準備がいるのか知りたい!」「開業資金を借りたい!」などの相談ごとに対し、何度でも無料でアドバイスが受けられる窓口を開設しています。

(相談日時)13:00~16:00(原則、毎週火、水)

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.sakaicci.or.jp/senmonsoudan/index.htm

■《専門家派遣》平成27年度「人財活用・事業継続専門家派遣事業」を実施しています

(公財)京都産業21では、中小企業に経営・技術の専門家を派遣し、収益の向上と従業員の処遇改善の両立を図る事業を実施しています。

[受付期間]随時受付(予定数に達し次第、受付終了)

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.jigyo-keizoku.jp/shien/41874/

  出典: e-中小企業ネットマガジン

中国・四国
     北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 九州

■ 中国地域 ■

◆《PR情報》中国経済産業局では、旬レポ中国地域最新号

「旬レポ中国地域」は、毎月 第1月曜日発行の電子広報誌です。中国地域の「旬」な情報をレポートし、『元気』を発信してまいります!
 http://www.chugoku.meti.go.jp/info/densikoho/MT.htm

■ 四国地域 ■

■《PR情報》平成27年度版『四国逸品すとーりー』の配布・WEB配信を開始しました

中小機構四国本部では、四国内の新連携事業、地域資源活用事業、農商工等連携事業の認定事業者の商品や新たに開発・発売された商品の情報を掲載した「四国逸品すとーりー」の配布・WEB配信を始めました。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/kikou/press/shikoku/092526.html

  出典: e-中小企業ネットマガジン他

九  州
     北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国


■ 宮崎県に事業引継ぎ支援センターを新たに設置します

 後継者不在などで、事業の存続に悩みを抱える中小企業・小規模事業者の方の相談に対応するため、「事業引継ぎ支援センター」を設置しています。
 今回、新たに宮崎県に事業引継ぎ支援センターを設置することになりました。
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1770

 ※ 手元にご紹介する情報がない場合は、ご不便をおかけしますがご容赦ください。

【お願い】
 開催日他が変更となることがあります。ご自身の責任でご利用ください。
  ↑ PAGE TOP
公的補助金・助成金 経営者・管理職・コンサルタント必須情報


中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
中小企業対策事業 地域オープンイノベーション促進事業
中小企業対策事業 商店街活性化支援事業
小規模事業者支援パッケージ事業 地域力活用市場獲得等支援事業

上記以外の補助金・助成金情報

その他の補助金・助成金情報 ←クリック

◆動画で「中小企業庁の施策」を紹介しています

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=59W2nMt0X7U&feature=youtu.be

下請中小企業振興法に基づく認定申請を受け付けています

中小企業庁では、下請中小企業者等が、連携して行う取引先の開拓を図る取組を対象とする「特定下請連携事業計画」の認定制度の申請受付を行っています。法認定を受けると、各種支援措置の対象となります。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2013/131226shitauke.htm

運営協議会の設置及び運営に関する業務

地域オープンイノベーション促進事業の運営協議会の設置及び運営に係る業務を実施。 公募済み 公募要領等は各経済産業局HPに掲載

地域経済産業G地域新産業戦略室 03-3501-8794

◆「 組織内部の不正行為にはトップダウンで、組織横断の取り組みを 」
 ~現状チェックと対策ポイントの見直しで効果的に内部不正を防止~

 2014年に入り、金融機関や行政機関において業務に携わる者による情報窃取等の不正行為の報道がありました。

 このように不正行為は、従業員や委託先社員等の組織の内部情報にアクセスできる関係者(以後、内部者)によって行われることがあり、その多くは金銭やビジネス利用等を目的としています。

 経営層は、そのリーダーシップのもと、各部門を横断的に密連携させ、委託先も含めた内部不正対策に取り組む必要があります。しかし、前例に学ぼうとしても被害にあった組織は信頼や評判が損なわれるといった負の影響を懸念し、情報が公表されることはまれで、その実態を把握しにくいのも事実です。

 そこで今月の呼びかけでは、2013年3月に公開した「組織における内部不正防止ガイドライン」をもとに内部不正を防止するための対策を説明します。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2014/03outline.html

◆営業秘密管理指針の改訂と、営業秘密管理の平易な資料を公表

 経済産業省では、競業避止義務契約の有効性が認められる可能性が高いポイントなどを盛り込み、その詳細を参考資料6として追加する等の営業秘密管理指針の改訂を行いました。また併せて、営業秘密管理に関して、スライド形式の平易な資料を作成しました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/trade-secret.html

◆インターネットサービス利用時の情報公開範囲の設定に注意!

 SNSは気軽に情報発信できるツールとして使われており、利用者自らインターネット上に自分の情報を公開することが珍しくなくなってきましたが、「誰に対してどこまで自分の情報を公開するのか」という意識が薄らいでいる事例が多く見受けられます。

 今月の呼びかけでは、どこまで情報を公開すると脅威になるかを示すとともに、意図しない公開が起こらないよう、Googleグループ、Facebook、Twitterなどのインターネットサービスの設定例を図解で示して、情報公開の範囲を意識したサービスの利用方法を解説しています。また、デジカメやスマホで撮った写真の公開にあたっての注意点ついても示します。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

 http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/10outline.html

◆“ただ乗り”を するな させるな 無線LAN

 IPAでは、平成23年4月に、家庭内において適切なセキュリティ設定がされていない無線LAN環境が他人に使われてしまわないよう、注意喚起を行いました。しかし、未だに、家庭内における無線LANのセキュリティ設定が適切でない例が見受けられます。無線LANを介してインターネットに接続できる機器(ノートパソコン、携帯型ゲーム機、スマートフォン、タブレット端末、携帯音楽プレーヤーなど)やそれらを持ち歩く利用者が増えていることから、知らないうちに家庭内の無線LANが無断で利用されてしまう可能性は2年半前に比べて高まっています。

 本年10月には、このいわゆる“ただ乗り”により殺人予告等を書き込んだとして未成年者が逮捕されたとの報道がありました。

 今月の呼びかけでは、無線LAN環境を“ただ乗りされた場合”と“ただ乗りした場合”における危険性について解説し、対策を示しています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/12outline.html

◆中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト「ミラサポ」を開設しました

中小企業庁では、中小企業・小規模事業者の未来をサポート(国や公的機関の支援情報・支援施策を、わかりやすく提供し、経営の悩みに対する先輩経営者や専門家との情報交換の場を提供する)するサイトを開設しました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

 http://www.meti.go.jp/press/2013/07/20130730003/20130730003.html

◆省エネ・節電支援・講師派遣サービスを実施しています


省エネルギーセンターでは、省エネ・節電支援・講師派遣サービスを無料で実施しています。また、「省エネ・節電ポータルサイト」では、政策情報や最新事例の紹介も行っています。

無料省エネ診断>燃料・熱も総合的に削減
http://www.shindan-net.jp/service/shindan.html

無料節電診断>ピーク電力削減
http://www.shindan-net.jp/service/setsuden.html

無料講師派遣>多彩な講師陣
http://www.shindan-net.jp/service/shindan-send.html

◆ビジネス・マッチング・ステーション(BMS)をご活用ください。
~公的機関の実施している取引あっせん支援サイトです~


 「ビジネス・マッチング・ステーション(BMS) 」は、取引先の新規開拓や販路拡大等のサポートを目的として運営する取引マッチングサイトです。受発注企業ともに、無料で登録・利用いただけますのでご活用ください。

※各都道府県の下請企業振興協会の協力のもと、(公財)全国中小企業取引振興協会が運用しています。
※登録企業数は、2万5千件超となっております(平成25年6月現在)。
※平成25年度から、海外に向けて企業情報を発信できるようになりました。

詳細は以下のサイトをご覧ください。
http://www.biz-match-station.zenkyo.or.jp/

◆製品安全に関する各種ハンドブックの手引きを作成しました

 経済産業省では、製造事業者の製品安全に関する各種ハンドブックの主要事項を抽出した「手引き」を作成しました。過去に発行済みのハンドブックとともにご活用下さい。

 リコール情報
 http://www.meti.go.jp/product_safety/recall/index.html

 製品安全に関する事業者ハンドブック
 http://www.meti.go.jp/product_safety/producer/jigyouhandbook.html

◆「 スマホにおける新たなワンクリック請求の手口に気をつけよう! 」

 IPA(情報処理推進機構)セキュリティセンターでは、アダルトサイトの請求画面を表示させるだけの新たなワンクリック請求アプリを複数発見しました。従来の主な手口は、メールやインターネット検索から非公式マーケットに誘導して不正なアプリをインストールさせるというものでした。

 しかし、今回紹介するワンクリック請求アプリは、公式マーケットに登録されたものであり、また、インストール時に不審な動作をするようには見えないので、注意が必要です。IPAのWebサイトでは、多様化しているワンクリック請求の手口の一端を紹介するとともに、Android端末とiPhone、iPadにおける対処法について説明しています。

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/05outline.html

◆「 止まらないウェブ改ざん! 」~ウェブサイトの管理の見直しを!~

 IPAセキュリティセンターでは、6月の呼びかけにおいて、システム管理者に向けて、「ウェブ改ざん」の被害防止のために総合的な対策を取るよう呼びかけました。しかし、その後も相次いでウェブサイトの改ざん事故が起きています。今後も被害の連鎖が続くものと思われることから、再度呼びかけを行います。

 IPAのWebサイトでは、IPAに寄せられた実際の事例を解説するとともに、ウェブサイト管理者向けにウェブサイトの改ざんを免れるための対策を整理して紹介しています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/07outline.html

海外展開のお悩み「ワンストップ」で解決!

中小機構では、中小企業海外展開ワンストップ相談窓口を設置しています。

ナビダイヤル番号(全国共通) 0570-073-600
受付時間 9:00~17:45(祝日、休日を除く平日のみ)
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/063793.html

中小サービス業における海外展開を支援します

(一財)海外産業人材育成協会では、現地人材を国内に招き、日本式サービス手法(おもてなしの精神など)に係る研修や、現地に講師を派遣し、現地人材に対するサービス品質の向上や経営管理等に係る指導を通じて、現地中核人材の育成を支援します。サービス業の海外展開にご関心のある方はぜひご利用ください。

[事業の種類]
1.受入研修(現地人材を日本に受け入れて行う研修)
2.専門家派遣(専門家を現地に派遣して行う指導)
http://www.hidajapan.or.jp/jp/smehosei/index.html

◆海外展開のお悩み「ワンストップ」で解決!

中小機構では、中小企業海外展開ワンストップ相談窓口を設置しています。

 ナビダイヤル番号(全国共通) 0570-073-600
 受付時間 9:00~17:45(祝日、休日を除く平日のみ)
 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/063793.html

下請かけこみ寺をご活用ください
 ~原材料・エネルギーコスト増に関する相談窓口を新設~

中小企業庁では、中小企業・小規模事業者の取引上の悩み相談を広く受け付けている「下請かけこみ寺」(全国48か所)において、新たに、原材料・エネルギーコスト増に関する相談窓口を新設するとともに、専門の相談員を配置しました。また、消費税の転嫁拒否等の相談をお受けする専門フリーダイヤルを設置していますので、お気軽にご相談ください。
[下請かけこみ寺フリーダイヤル]    0120-418-618
[消費税転嫁対策専用フリーダイヤル]  0120-300-217

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2012/0510FreeDial.htm

 また、メールやWebフォームでのご相談も受け付けております。
詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.zenkyo.or.jp/kakekomi/

◆中小企業ビジネス支援サイト【J-Net21】

特集「会計力を高めて強い会社にする」では、会社を強くするために税務・会計の能力を高めるポイントを紹介します。

http://j-net21.smrj.go.jp/features/2013080638.html

◆中小機構イベントカレンダー

中小機構関連イベントを掲載しています。

http://www.smrj.go.jp/kikou/info/event/

◆『小規模企業共済』の節税効果

中小機構の運営する「小規模企業共済制度」の掛金は税法上、「小規模企業共済等掛金控除」として、各年の課税対象となる所得金額から控除できます。また、1年以内の前納掛金も課税所得金額からの控除対象となります。

http://www.smrj.go.jp/skyosai/customer/e-netmagazine/020350.html

◆中小企業関係機関リンク集

http://www.chusho.meti.go.jp/link/index.html

  出典: e-中小企業ネットマガジン
  ↑ PAGE TOP 
 
海外ビジネス情報     
海外ビジネスに関し、主に公的機関からの情報をお届けします。

■《セミナー》「JICAの中小企業海外展開支援施策と活用事例の紹介in宮崎・熊本」を開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1636

■《セミナー》中小企業海外展開支援 課題別セミナーを開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1638

■《セミナー》中小企業のための海外ビジネス展開セミナーを開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1640

■《イベント》「中小企業製品を活用した開発途上国援助セミナー&交流会」を開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1642

■《セミナー》「JICA中小企業海外展開支援 地域別セミナー ~アフリカにおける中小企業の海外展開の可能性を探る~」を開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1743

■《セミナー》「カンボジア、ベトナム投資概要セミナー」を開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1745

■《海外調査》中南米日系社会との連携調査団を派遣します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1747

■《セミナー》「神奈川県 ドイツ バーデン・ビュルテンベルク州ヘルスケアワークショップ」を開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1749

■《説明会》「2015年度JICA中小企業海外展開支援事業(基礎調査、案件化調査、普及・実証事業)募集要項説明会」を開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1751

■《情報支援》民間企業の製品・技術の活用が期待される開発途上国の課題についてWebページでご案内しています
http://e-net.smrj.go.jp/archives/1753

■《補助金公募》「地域経済活性化に資する放送コンテンツ等海外展開支援事業費補助金」(J-LOP+(ジェイロッププラス))の募集を開始しています
(募集期間)平成27年3月16日(月)~平成28年1月31日(日)
http://e-net.smrj.go.jp/archives/312


◆《セミナー》中小企業のための海外ビジネス展開セミナーを開催します

http://e-net.smrj.go.jp/archives/882

◆《商談会》タイ大手自動車部品メーカー商談会を開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/724

◆《補助金公募》「海外の展示会に出展する際の費用の一部を助成します」
http://e-net.smrj.go.jp/archives/726

◆《セミナー》「海外進出戦略策定セミナー(インドネシア)」を開催します
http://e-net.smrj.go.jp/archives/728

◆《補助金公募》平成27年度「海外事業再編戦略推進支援事業」の公募を開始しました

 海外子会社の経営に課題を抱えている中小企業(国内親会社)に対し、専門家による経営診断及び市場調査等を通して、当該課題の解決の推進を支援します。
http://e-net.smrj.go.jp/archives/700

◆中小企業の海外展開を支援する投資組合が組成されました

中小機構では、新事業開拓促進出資事業(ファンド出資事業)において、著しい成長が期待されるASEAN及びイスラム市場への海外展開支援をテーマにした、我が国で初めてのイスラム法(シャリア)適格PEファンドに対し、中小機構出資分として24億円を出資することで合意し、組合契約を締結しました。本出資は、中小機構が行っていた「中小企業海外展開支援出資事業」の公募に対して応募があったものです。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/fund/chosa_joho/press/087720.html


◆認定支援機関向け海外展開支援研修の申込みを開始しました

(独)中小企業基盤整備機構では、認定支援機関を対象に、海外展開支援のスキル向上を目的とした研修を実施します。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kokusai/2014/140820kensyuu.html

◆海外人材の確保・定着支援事業への参加企業を募集します

中小企業庁・全国中小企業団体中央会では、中小企業と外国人留学生を結びつけるマッチングや海外人材の育成及び定着までを一体的に実施する取組を支援します。海外展開を担うグローバル人材の確保等にご関心ある中小企業の皆様はぜひご参加ください。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.japanesedream.jp/


◆「展示会の落とし穴~知的財産の流出リスクとその対策~」を発行しました

近畿経済産業局では、中小企業の円滑な海外展開を支援するため、「海外ビジネスに向けた展示会出展の事前準備ガイドブック『展示会の落とし穴-知的財産の流出リスクとその対策-』」を発行しました。展示会の準備段階から、出展時に起きうるリスクについて、具体的に対策を検討できる内容となっておりますので、是非、ご活用ください。

詳しくはこちらから

http://www.kansai.meti.go.jp/2kokuji/chizai2013/tenzikainootoshiana.html


中小サービス業における海外展開を支援します

一般財団法人海外産業人材育成協会では、現地人材を国内に招き、日本式サービス手法(おもてなしの精神など)に係る研修や、現地に講師を派遣し、現地人材に対するサービス品質の向上や経営管理等に係る指導を通じて、現地中核人材の育成を支援します。サービス業の海外展開にご関心のある方はぜひご利用ください。

[事業の種類]
1.受入研修(現地人材を日本に受け入れて行う研修)
2.専門家派遣(専門家を現地に派遣して行う指導)
http://www.hidajapan.or.jp/jp/smehosei/index.html

◆関東地域における人材戦略ベストプラクティス集

関東経済産業局では、海外人材が活躍している企業を特集した「関東地域における人材戦略ベストプラクティス集第2号(平成25年度版)~海外人材活躍企業~」を作成しました。海外人材の採用と活躍を促すための取組みをご紹介
していますので、ぜひご活用ください。

http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/humanresources/25fy_bestpractice2go.html


◆「海外展開を成功させるための方法

中小機構では、海外進出後の海外事業の見直し方法や海外子会社管理についての考え方やチェックリストなどをまとめた「海外展開を成功させるための方法」を作成しましたので、ぜひご活用ください。

http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/


「海外事業者との投資提携事例集~協業で未来を拓く~」

経済産業省では、海外事業者と投資提携を行うことで成功している日本の中堅・中小企業の事例を収集し、投資提携により得られたメリットや知っておくべきリスクも掲載した「海外事業者との投資提携事例集」を作成しました。ぜひご活用ください。

http://www.meti.go.jp/policy/investment/5references/jirei.html


「展示会の落とし穴~知的財産の流出リスクとその対策~」

近畿経済産業局では、中小企業の円滑な海外展開を支援するため、「海外ビジネスに向けた展示会出展の事前準備ガイドブック『展示会の落とし穴-知的財産の流出リスクとその対策-』」を発行しました。展示会の準備段階から、出展時に起きうるリスクについて、具体的に対策を検討できる内容となっておりますので、是非、ご活用ください。

詳しくはこちらから
http://www.kansai.meti.go.jp/2kokuji/chizai2013/tenzikainootoshiana.html


中小サービス業における海外展開を支援

一般財団法人海外産業人材育成協会では、現地人材を国内に招き、日本式サービス手法(おもてなしの精神など)に係る研修や、現地に講師を派遣し、現地人材に対するサービス品質の向上や経営管理等に係る指導を通じて、現地中核人材の育成を支援します。サービス業の海外展開にご関心のある方はぜひご利用ください。

[事業の種類]
1.受入研修(現地人材を日本に受け入れて行う研修)
2.専門家派遣(専門家を現地に派遣して行う指導)
http://www.hidajapan.or.jp/jp/smehosei/index.html


◆海外ビジネス関連セミナー紹介

公的機関が開催します海外ビジネスに関するセミナーや情報を一括して紹介しています。
  http://www.glomaconj.com/consultant/3keikonhenomichi/keikon.htm#kaigai
 ←クリック

◆海外展開の準備状況を簡単にチェック!

10の質問に答えるだけで、自社の現状認識や海外展開推進力などを簡単に診断できます!課題の解決に役立つ情報もあわせて提供しています。
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/selfcheck/

◆外国人留学生のインターンシップ受入企業を募集します


全国中小企業団体中央会では、外国人留学生を対象とした中小企業での職場実習(インターンシップ)を実施することを通じて、中小企業のグローバル人材の確保を支援しております。海外市場を開拓するための人材をつかむチャンスでもありますので、ご関心のある企業の皆様はぜひご参加ください。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.japanesedream.jp/shinsotsuouen/project.html

◆ 在アフリカ進出日系企業の実態調査結果について

ジェトロでは、平成25年9月13日から10月23日まで、アフリカのジェトロ事務所所在5カ国(南アフリカ、エジプト、ケニア、ナイジェリア、コートジボワール)に進出している日系企業に対し、経営実態等に関するアンケート調査を実施しました。ご関心のある方は、ぜひご覧ください。

http://www.jetro.go.jp/news/releases/20140108224-news

海外展開のお悩み「ワンストップ」で解決!

中小機構では、中小企業海外展開ワンストップ相談窓口を設置しています。

ナビダイヤル番号(全国共通) 0570-073-600
受付時間 9:00~17:45(祝日、休日を除く平日のみ)
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/063793.html

中小サービス業における海外展開を支援します

(一財)海外産業人材育成協会では、現地人材を国内に招き、日本式サービス手法(おもてなしの精神など)に係る研修や、現地に講師を派遣し、現地人材に対するサービス品質の向上や経営管理等に係る指導を通じて、現地中核人材の育成を支援します。サービス業の海外展開にご関心のある方はぜひご利用ください。

[事業の種類]
1.受入研修(現地人材を日本に受け入れて行う研修)
2.専門家派遣(専門家を現地に派遣して行う指導)
http://www.hidajapan.or.jp/jp/smehosei/index.html


  出典: e-中小企業ネットマガジン

 
 
 
 ↑ PAGE TOP
今月の独善解説
【経営コンサルタントの独り言】 
 経営士・経営コンサルタントとして永年培ってきた経験をベースに、独断と偏見で、その日のニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

【今月の経営コンサルタントの独善解説】 ←クリック

【総集編】
  ドリームゲート 
 http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118709.html
  アメブロ      http://ameblo.jp/keieishi17/theme-10071326395.html
  Gooブログ    http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/c/171ec1471f64a622fdc111c76cddf011


2016年
◇ 2017年 2月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2017年 1月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック


2016年
◇ 2016年12月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年11月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック

◇ 2016年10月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 9月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 8月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 7月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 6月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 5月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 4月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 3月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 2月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 1月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2016年 1月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック

2015年
◇ 2015年12月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年12月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年11月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年11月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年10月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年10月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 9月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 9月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 8月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 8月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 7月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 7月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 6月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 6月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 5月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 5月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 4月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 4月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 3月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 3月前半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 2月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2015年 1月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
2014年
◇ 2014年12月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年11月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年10月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 9月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 8月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 7月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 6月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 5月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 4月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 3月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 2月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2014年 1月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
2013年

◇ 2013年12月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年11月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年10月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 9月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 9月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 9月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 8月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 8月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 8月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 7月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 7月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 7月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 6月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 6月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 6月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 5月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 5月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 5月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック

◇ 2013年 4月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 4月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 4月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 3月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 3月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 3月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 2月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 2月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック

◇ 2013年 2月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 1月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 1月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◇ 2013年 1月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック


【 注 】
 「映像」は、閲覧と発行時間が異なる場合には、掲載ブログとは異なるブログが表示されたり、リンクが切れていたりすることがあります。

【連載】 インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 13 安全技術の未熟さと取り組み姿勢 2016/09/30

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は?
   4 中国メディアですら懸念表意
   5 需要はそれほど大きくない?
   6 アメリカでの挫折
   7 故障率が高く、技術格差は明白
   8 外国の技術を我がもの顔で自分のものと虚言
   9 日中合戦のインドネシア
  10 中南米での信用失墜
  11 ドゥテルテ新大統領になりフィリピンへ進出か?
  12 なぜ安全性で信頼されないのか?

◇13 安全技術の未熟さと取り組み姿勢

 前回、中国の高速鉄道におけます安全性の問題点は、高速鉄道以前のプリミティブな問題をご紹介しました。

 既述のことで重複しますが、自国の技術を誇大広告の目玉として利用している、走行速度の高速化をしている点から安全性が損なわれているようです。

 中国の高速鉄道は、日本やヨーロッパ諸国他から導入したオリジナル技術よりも高速で走らせています。ここにハード面での問題が生じそうです。

 日欧の原型モデルにおける空力特性は相当に詰めてあり、中国の高速鉄道車両もその形状を継承していますので、車体の強度などが原型通りであれば問題はないでしょう。

 この連載の初期で私が懸念していました、無理やり時速350キロで走らせることで、車体が浮き上がって脱線するようなことはないでしょうと、冷泉氏は言っています。また、そのために、部品が脱落するという可能性は少ないという見解をお持ちです。

 しかし、その前提には、車体が原型モデル通りに製造されているということがありますが、品質管理が日欧と同様なレベルで行われているのでしょうか。

 氏が言うように「社会のしくみ、価値観、行動様式といったレベルに問題がある」という以上、品質管理がキチンとなされているとは考えづらいです。

 350キロの走行ととなりますと、パンタグラフと架線の間で、相当なスパークが起きます。日本の新幹線の場合には、屋根が耐火性になっていますので、火花が飛び散って燃えるということは心配ないようです。中国製も同様な対応がなされているのでしょうか。


【参考資料】
 冷泉彰彦のプリンストン通信
 まぐまぐニュース
 Gooニュース
 NHKサイト

<続く>

【連載】 インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 12 なぜ安全性で信頼されないのか? 2016/09/23

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は?
   4 中国メディアですら懸念表意
   5 需要はそれほど大きくない?
   6 アメリカでの挫折
   7 故障率が高く、技術格差は明白
   8 外国の技術を我がもの顔で自分のものと虚言
   9 日中合戦のインドネシア
  10 中南米での信用失墜
  11 ドゥテルテ新大統領になりフィリピンへ進出か?

◇12 なぜ安全性で信頼されないのか? 2016/09/23

 既述の通り、中国の高速鉄道技術は、日本と欧州から技術供与を受けて始まったプロジェクトです。各国の鉄道技術の寄せ集めといえますので、経験も実績もない、砂上の楼閣に成り立っています。

 国が背景にいて、採算度外視の受注活動ですから、台湾のように日本びいきの国でない限り、他国が勝てる可能性は低いのです。

 一方、「やすかろう、悪かろう」という中国製の高速鉄道では、「安全性」という高いコストは軽視されています。

 冷泉氏は、中国製高速鉄道の安全性について、詳しく分析しています。専門的なことはここでは省略しますので、詳細を知りたい方は、氏のメールマガジンなどをご利用ください。

 氏が最も心配しているのはATC(自動列車制御装置)のシステムと、高速鉄道そのものの運用技術です。

 2011年に温州市で起きた衝突事故は、この面がキチンとしていなかったことに由来しています。システムとその運用に関しては、中国側で厳格な秘密主義を取っています。そのため情報が限られています。

 温州市の事故の真因は何処にあるのでしょうか。

 そもそも事故原因の調査に関して全く不誠実な姿勢で取り組んでいたと言われています。
 高速鉄道より以前の、大きな2つのポイントを氏は指摘しています。

 その一つが、社会のしくみ、価値観、行動様式といったレベルに問題があるといいます。

 他方は、鉄道運行管理の基本中の基本が、キチンと理解されていないことにあるようです。運行管理の原則である「閉塞(列車のいる区間には入ってはいけない)」という概念にかけているのです。


【参考資料】
 冷泉彰彦のプリンストン通信
 まぐまぐニュース
 Gooニュース
 NHKサイト

【連載】 インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 11 ドゥテルテ新大統領になりフィリピンへ進出か? 2016/09/20

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は?
   4 中国メディアですら懸念表意
   5 需要はそれほど大きくない?
   6 アメリカでの挫折
   7 故障率が高く、技術格差は明白
   8 外国の技術を我がもの顔で自分のものと虚言
   9 日中合戦のインドネシア
  10 中南米での信用失墜

◇11 ドゥテルテ新大統領になりフィリピンへ進出か?

 2016年のフィリピン大統領選挙に勝利したドゥテルテ新大統領ですが、選挙前から中国政策に取り組むことを明言してきました。

 6月には、就任前のドゥテルテ大統領に、中国がフィリピン国内の鉄道建設に協力したいという申し入れをしたということが明になりました。大統領によりますと、中国の駐フィリピン大使は、マニラとクラークを結ぶ鉄道について「中国がやれば2年間で建設できる」と、大風呂敷を広げたそうです。

 しかし、2004年に、中国は無償資金協力による鉄道建設計画を放棄した前科があります。その時は、フィリピン政府が、中国案を受け入れました。ところが、工事の中断が相次いだり、支援計画にも不備や不法な疑いがあったりして、当寺のアキノ大統領が凍結しました。

 その事業は日本が引き継ぎ、中国の尻ぬぐいをしました。

 このような過去があるにもかかわらず、厚顔無恥も甚だしく、再びフィリピンに鉄道建設を持ちかけているのです。

 ドゥテルテ大統領は、就任前ではありますが、中国大使の話に対して、「マニラとバタンガスを結ぶ鉄道も作りたい」と応じたそうです。

 フィリピンは、再度失敗の轍を踏むのでしょうか?

 中国寄りのリップサービスで、習近平体制の中国に一杯食わせるのでしょうか?

【参考資料】
 冷泉彰彦のプリンストン通信
 まぐまぐニュース
 Gooニュース
 NHKサイト

■ 一週間を見る視点 2016/09/19

 FOMCが2日間の日程で開催されます。アメリカの再利上げがあるのかないのかが注目されます。新興国・ブリックスや開発途上国の経済に大きな影響が懸念される一方、アメリカ経済の堅調度合いを知る良い機会と言えます。日本にもマイナスの影響の方が大きいこともありますので、私は期待感を持って今回も実施されないと読んでいます。他方、年内に数回に分けて実施するという年初の発表から見ますと、今回実施しないと年内1回だけの機会が残されていることとなり、公約(公約と言えるかどうか?)違反が問われかねません。

 日本では、日銀金融政策決定会合が2日間の日程で予定されています。黒田総裁が再利下げを行うかどうかが注目されます。また、シルバーウィークの飛び石連休ですので、人出が経済効果をどの程度高められるか気になります。ゴールデンウィーク程の連休効果は期待できませんね。秋の交通安全運動が始まりますので、車でお出かけの人は、安全運転をお願いします。

 国際的には、南アで開催されますワシントン条約締約国会議が気になります。クロマグロ(本マグロ)への厳しい意見が強まりますと、ますますマグロが遠ざかってゆきます。


9月18日(日)

 国際:自動車F1シンガポールGP決勝
 その他:ロシア下院選

9月19日(月)

 国際:安倍首相国連サミット演説
 日本:敬老の日
 米国:住宅市場指数

9月20日(火)

 国際:国連総会一般討論演説開始、日中経済協会代表団訪中(24日まで)
 日本:閣議、日銀金融政策決定会合(日銀、21日まで)、コンビニ売上高、フィンテック・サミット(21日まで)
 米国:FOMC(21日まで)、住宅着工件数

9月21日(水)

 日本:貿易統計(財務省)、訪日外国人数(日本政府観光局)、日銀金融政策決定会合結果発表・黒田東彦総裁会見(日銀)、粗鋼生産、秋の全国交通安全運動(30日まで)、スーパー売上高、全国百貨店売上高
 米国:FOMC結果発表、イエレン米FRB議長記者会見

9月22日(木)

 日本:秋分の日
 米国:景気先行指標総合指数、中古住宅販売件数

9月23日(金)

 日本:勤労統計(厚労省)、3カ月予報(気象庁)、石油製品価格調査(資源エネルギー庁)

9月24日(土)

 国際:ワシントン条約締約国会議(南ア、10月5日まで)
 欧州:英労働党党首選結果発表


【連載】 インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 10 中南米での信用失墜 2016/09/16

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は?
   4 中国メディアですら懸念表意
   5 需要はそれほど大きくない?
   6 アメリカでの挫折
   7 故障率が高く、技術格差は明白
   8 外国の技術を我がもの顔で自分のものと虚言
   9 日中合戦のインドネシア

◇10 中南米での信用失墜 2016/09/16

 中南米にまで中国は触手を伸ばし、しかも習主席がバラ色の話をばらまいています。しかし、中国の高速鉄道の建設計画が次々と失敗に終わっています。

 その一つが、ベネズエラでの失敗です。

 2009年に発表されたベネズエラにおける、総延長450キロの高速鉄道計画は、現在ではほとんど放棄状態です。中国側のスタッフは、すでに現地を去り、関連工場は、金目の物は持ち去られ、廃墟同然の状態です。

 ベネズエラは原油輸出国ですが、原油価格の暴落で経済危機に陥ったことを表向きの理由にしています。

 中国メディアは「企業に採算を無視させた当時の中国政府の国家戦略にある」と、このプロジェクトを批判しています。

 契約前から、ベネズエラの深刻な電力不足は解っていました。すなわち、高速鉄道が完成しても、電力不足でベネズエラでは車両を走らせられないことを初めから解っていたのです。

 メキシコでも破綻しています。

 2015年に、中国の企業連合が5,000億円で落札しました。総距離210キロにおよぶメキシコで最初の高速鉄道が実現するはずでした。

 しかし、入札で落札下にもかかわらず、その数日後にメキシコ政府が契約を取り消しました。入札が1社単独だったことにメキシコ政府が疑問を抱いたのです。中国企業とメキシコのペニャニエト政権との贈賄疑惑が浮上したのです。

 おりしも、原油安や財政難を抱えていたメキシコ政府は、計画そのものを無期限延期とせざるを得なかったのです。中国は、自分達側の落ち度を棚上げして、メキシコの「無期限延期」に賠償金を請求しています。

 2016年オリンピック・パラリンピック開催国として、国際的にもBRICsの一員として認められているブラジルにも高速鉄道計画があります。

 2011年に高速鉄道の入札が行われる予定になっていました。中国は、それに応札したのは、言うまでもありません。

 ところが、ブラジルの規定で「5年以内に鉄道事故を起こした会社は入札できない」となっているために、2年前に事故を起こしている中国は門前払いを喰わされました。

 ブラジル側の条件が厳しすぎて、結果的にはどの国も応札をせず、現在に至っても高速鉄道の計画は進んでいません。

◆ Windows10のWindows Updateができなくなるトラブルにご注意 2016/09/15

 マイクロソフトは、9月14日に「Windows10 Version 1607用の累積的な更新プログラム(KB3189866)」を発表しました。ところが、ダウンロード開始後、45%前後で止まってしまうトラブルが多発しているようです。

 私も、以前にトラブルに巻き込まれてしまったことがありますが、1~2か月ほど前、Ver.1511の時に同様なトラブルに遭遇してしまいました。再起動しても改善されず、その後も自動的にWindows Updateが繰り返されてしまいました。この状態に陥りますと、手動による方法しか解決の方法はありません。

 PCにあまり詳しくない方は、マイクロソフトが修正するまで、1607の更新はしない方がよろしいと思います。

 万一、ダウンロードしてしまい、上記のトラブルに巻き込まれた場合には、下記URLから手動によるインストールプログラムをダウンロードして、手動で1607をインストールしてください。

  http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/search.aspx?q=kb3189866

【連載】 インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 9 日中合戦のインドネシア 2016/09/13

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は?
   4 中国メディアですら懸念表意
   5 需要はそれほど大きくない?
   6 アメリカでの挫折
   7 故障率が高く、技術格差は明白
   8 外国の技術を我がもの顔で自分のものと虚言

◇9 日中合戦のインドネシア

 既述の通り、インドネシア高速鉄道においては、まだ記憶に新しい日中合戦が2016年3月に行われました。

 永年の日本との関係があるにもかかわらず、日本を蹴ったインドネシアですがいまだに着工すらできていません。「インドネシア政府は債務保証をする必要がない」という言葉に踊らされて、日本の新幹線技術の優秀性を知りながら、中国の高速鉄道導入を決定してしまいました。

 ところが、いまになって中国側がインドネシア政府の債務保証を求めてきています。インドネシア国民は、当然のことながら衝撃を受けています。

 折しもアメリカの中国高速鉄道の計画中止が報じられました。インドネシアの鉄道関係者の中には、「早期に中止を決定できて羨ましい。中国は机上の空論的な調子の良い話が多い」という嘆きを漏らしているようです。

 それだけではなく、早くも「日本案のほうがよかった」という声すら上がっているそうです。それに加えて、インドネシア政府は、「インドネシア・ジャワの横断鉄道は日本に建設要請する予定だ」と報道関係者に言っているそうです。


 インドネシアと同様に、日本との関係が深いタイでも高速鉄道建設計画で、中国と合意しました。ところが、中国のやり方に懸念を抱いているタイ政府は、高速鉄道建設計画に対して、方針を変更しました。

 中国から借款を受けずにタイの資金でまかなうことを決めました。また、一部区間の工事は自国企業が行い、残りの区間については延期すると発表したのです。これは、事実上、合意の白紙化といえます。


【参考資料】

 冷泉彰彦のプリンストン通信
 まぐまぐニュース
 Gooニュース
 NHKサイト

<続く>

◆ 今週一週間を見るポイント 2016/09/12

 今週の時事・経済関連や社会ニュースから、経営コンサルタントの独断と偏見で、解説にならない解説をお届けします。


 ブラジル・リオデジャネイロでは、パラリンピックで選手が活躍しています。40個のメダル、そのうち10個が金メダルという目標を掲げて、大きな期待に応えるべく、熱戦が繰り広げられています。東京では、大相撲秋場所が開催され、まさにスポーツの秋の真っ盛りと言えます。

 東京ではゲームショーが開催されますが、VR(バーチャルリアリティ)が最も関心の高いテーマかもしれません。ゴーグル形状のディスプレイを見ながら街の中を歩き回って、ポケモンGOをする輩は、まさか出ないでしょうね。

 民主党代表を決める選挙が開催されます。蓮舫氏が、国籍問題で騒がれていますが、それはあまり影響していないようです。背水の陣で臨むべきところを、もし、日本でうまく行かなかったら台湾に戻ろうという気持ちはなかったのでしょうか?自分自身がなすべきことをキチンとしていない人が党の代表になっても良いのでしょうか? ただし、別に蓮舫さん以外の人を押しているわけではありません。

 国連総会が開幕しますが、北朝鮮問題について、中国が中途半端な態度を続けるのではないかと懸念されます。安保理の大改革が必要です。


9月11日(日)

 日本:大相撲秋場所初日(東京)
 米国:同時テロから15年

9月12日(月)

 日本:機械受注(内閣府)、企業物価指数(日銀)

9月13日(火)

 国際:第71回国連総会が開幕
 日本:法人企業景気予測調査(内閣府・財務省)、参院選1票の格差訴訟で第1回口頭弁論
 米国:財政収支
 欧州:英CPI、独景気予測指数
 その他:中国鉱工業生産・小売売上高

9月14日(水)

 日本:鉱工業生産・出荷・在庫指数確報(経産省)、三村日商会頭会見
 米国:輸出入物価指数
 欧州:EU鉱工業生産、英失業率

9月15日(木)


 日本:民進党代表選、東京ゲームショウ2016(幕張メッセ、18日まで)、QUICK短観
 米国:経常収支、小売売上高、卸売物価指数、鉱工業生産、設備稼働率、企業在庫、製造業景況指数、半導体製造装置BBレシオ
 欧州:英中銀金融政策委員会金融政策・議事録発表、EU貿易収支、英小売売上高

9月16日(金)

 米国:CPI、消費者態度指数
 欧州:EU非公式首脳会議

9月17日(土)

 日本:公明党党大会


◆【お節介焼き情報】 時代の読み方 時代を適切に掴み、トレンドを読む 2016/09/12

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


 昨今のように、時代の変化が激しく、多様性の時代には、これからどの様な時代が来るのかを予測することは大変困難です。

 一方で、それだからといって、なにもしないのでは、時代遅れになってしまいます。

 時代に取り残されないためには、現状をキチンと把握しておく必要があります。

 そのために、ブログやサイトで、時代の読み方という、独断と偏見で選んだテーマについてお届けしています。

 少しでも現状がどのような状況なのかを皆様にお届けしたくて、おせっかいやき精神が燃えています。

 現状を時系列的に把握してゆきますと、そのトレンドを予測できるようになります。

 予測ですので、外れることもあります。

 でも、外れても良いのではないですか!!

 中には、予測が当たり、それがビジネスに活かされることもあります。


 経営コンサルタントになりたての若き頃、予測が外れて失敗することが当然のような日々でした。

 まだ、パソコンがおもちゃといわれる時代の1970年代は、オフコン全盛の時代でした。

 中小企業にパソコンを使って頂こうとベーシック言語でアプリケーションを開発しはじめました。

 ところが漢字を使えず、カタカナとアルファベットの時代でした。

 少々時代を先走り、結局、どこの会社でも使ってくれませんでした。

 でも、これがソフトバンクに認められ、出版にまで繋がったのです。

 私のこの体験が【時代の読み方】というブログを書き続ける原点なのです。

  時代の読み方
  時代の読み方総集編


【連載】 インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 8 外国の技術をだまし取って我がもの顔 2016/09/09

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は?
   4 中国メディアですら懸念表意
   5 需要はそれほど大きくない?
   6 アメリカでの挫折
   7 故障率が高く、技術格差は明白

8 外国の技術をだまし取って我がもの顔

「易姓革命」の国である中国は「国盗り」まで正当化する匪賊国家であり、こうしたパクリに対してはまったく罪悪感がありません。こう言い切るのは、まぐまぐニュース氏です。

「易姓革命(えきせいかくめい)」は、古代中国において、孟子らの儒教に基づく、五行思想などから王朝の交代を説明した理論のことです。(【Wikipedia】)

 中国では、ほとんどの新王朝の場合は史書編纂などで歴代王朝の正統な後継ですと、継承者としての正当性を強調します。また、新王朝の正当性を強調するために、前王朝と末代皇帝の不徳と悪逆が強調されてきました。

 このように中国は、国盗りが正当化されたり、ウソも1000回繰り返すと真実になると教えられたりする国です。すなわち「俺の物は俺の物、人の物も俺の物」的な発想が当たり前の国のようです。

そのような、中国では、世の中の常識は、中国の常識ではないのです。

2016年、日本が競合の末に敗れたインドネシアでの高速鉄道受注合戦ですが、それを始め、中国は、世界各国で破格の条件を提示してきました。その結果、次々と高速鉄道計画の受注に成功した中国です。しかし、ここに来て、アメリカでは工事の中止が決定、その他の国でも同じような動きが出始めるなど、ここに来て暗雲が立ち込めています。

 その背景には、何があるのでしょうか?

 すでに当ブログ連載でもご紹介しましたが、中国の高速鉄道は、日本の「E2系」、ドイツのシーメンス、フランスのアルストム、カナダのボンバルディアのモデルがベースとなっています。

 日本が営業最高速度は275キロとしていることと見かけ上高速化するために、モーターを強化し、ギア比を大きくしているだけです。当然、そこにムリが生じ、実現の段になって技術力の違う中国がそのまま運用できるはずもありません。

 その好例が、インドネシアにおける、日中受注合戦に見られます。

 インドネシア中国高速鉄道社が、運輸省に提出した複数の言語による書類がありますが、中国語表記のものでさえ、現地の担当官が読めないことがあるそうです。

 インドネシア高速鉄道の受注合戦で日本側が提出した資料の用語で、中国にとっては不適切な表現があるにもかかわらず、その表現がそのまま使われていたという、一笑に付せないエピソードも伝えられています。

 このように、中国技術の底の浅さが見えるにもかかわらず、中国は、すべての技術が自前の研究開発によるものであるとふれ回っています。

 多くの国が、その現実を解っていながら、中国からの経済支援などの腐れ縁もあり、あるいは中国との貿易面でのメリットを考えたりして、中国の強引とも言えるような受注合戦に乗ってしまっているのです。

 EU諸国も、中国の東シナ海や南シナ海でも横暴の事実を知っていながら、貿易面でのメリットを考えて、あまり積極的な発言をしません。それどころか見て見ぬ振りをしてきています。中国も、それが解っていますので、足元を見て、領土問題にしろ、高速鉄道問題にしろ、横暴なことを続けているのです。


【参考資料】

 冷泉彰彦のプリンストン通信
 まぐまぐニュース
 Gooニュース
 NHKサイト

<続く>

  ※ 【映像】は時間経過により、映像リンクが切れることがあります。

【連載】 インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 7 故障率が高く、技術格差は明白 2016/09/06

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は?
   4 中国メディアですら懸念表意
   5 需要はそれほど大きくない?
   6 アメリカでの挫折

◇ 7 故障率が高く、技術格差は明白

 中国では、車両故障率の高さが問題になっています。

 2015年には、210件余りの列車事故が発生し、車両故障による事故が、前年比で45%も増加しています。その車両故障による事故が最も多いが高速鉄道だといいます。

 習近平主席の実績を上げるために、バラ色の計画を提出したつけが回ってきていると言えます。

 バラ色の提案書にいったんはのっても、いざ実行の段になると前に進まなくなるということの繰り返しです。

 この典型的な中国パターンは、経済面よりも、政治的な思考が大原則です。そのため、採算性はもちろん、完成の期日も明記されていません。兆元単位の資金もどんぶり勘定ですので、もめごとに繋がらないのが不思議なくらいです。

2016年春、日本が競合の末に敗れたインドネシアの高速鉄道も、政治案件としてほとんどタダ同然で工事を受注するという破格の条件で中国が獲得しました。しかし、中国の典型的なパターン通りで遅々として進んでいません。

 それもそのはず、中国側がインドネシアに提示した計画書は、日本が提示したものとまったく同じ内容だったと言われています。

 車両の製造技術、軌道の工事技術に加え、運用のための全体的な仕組みが、実積に基づく日本の総合力と比較すれば、万人が認めざるを得ません。

【参考資料】
 冷泉彰彦のプリンストン通信
 まぐまぐニュース
 Gooニュース
 NHKサイト

◆【お節介焼き情報】 映像に見る今日の話題

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

 バックナンバー ←クリック

 時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。
 その気持ちを持って、日々情報収集をするように努力をしています。
 お節介焼き経営士としましては、それを独り占めしていると気持ちが悪いのです。
 つい、それを口にしたり、文字にしたりしてしまいます。

 NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、これは、皆様の参考になるのではないでしょうかという思いがありますと、お節介心から紹介したくなってしまいます。
 賢明なる皆様は、すでにご存知なことが大多数であるにも関わりませず、お節介心が黙っていられないのです。
 ただ、私の場合には、「お伝えする」というだけではなく、「そのことについて、自分はこのように考えます」という思いも伝えています。
 そうでなければ、ネットで見て下さったり、その他のメディアを利用したりする方が、その方の目的に沿うわけです。

「百聞は一見にしかず」といいます。

 映像や画像がある場合には、そこへのリンクを貼って、できる限り理解を深めていただきたいと思います。
 気持ちとしては、そのように考えていますが、自分の考えにマッチした映像や画像がなかなか見つからず、文字だけで失礼していることが多いと思います。
 なかには、時間経過でリンクが切れてしまっているものもあると思います。
 自分の思い描く理想の形での情報発信にはなっていない面もありますが、ご容赦いただきますようお願いします。


時事独善解説 全  般 独断と偏見で、今、世の中で何が起こっているのかを解説

  http://www.glomaconj.com/indexpc.html#eizou

全  般 毎日ブログを発行、その中の今週のお勧めブログ紹介
   http://www.glomaconj.com/indexpc.html#osusume-blog

■ 
今週を見るポイント  2016/09/05

 今週の時事・経済関連や社会ニュースから、経営コンサルタントの独断と偏見で、解説にならない解説をお届けします。

 4日より2日間の予定で中国においてG20が開催されます。また、引き続き6日から3日間の予定で、ASEAN首脳会議がラオスで開催されます。当然、安倍首相は出席をします。前者は、中国が議長国であり、後者では、中国の影響力の強いラオスでの開催です。いずれも中国が存在感を示すパフォーマンスの場として利用されるのでしょう。

 日本では、景気動向指数、景気ウォッチャー調査が内閣府より発表されます。また、アメリカでは、地区連銀経済報告でありますベージュブックがが発表されます。2週間後にはFOMCが開催されることになっています。再利上げの裏付けとなるデータが発表されるのでしょうか?

 ヨーロッパでは、ECB定例理事会が開催される予定ですし、中国ではCPI・PPIや貿易統計が発表されます。両者とも、景気の低迷問題を抱えていて、アメリカの再利上げは、さらに厳しさを増すことが懸念されます。

9月4日(日)

 国際:G20、自動車F1イタリアGP決勝

9月5日(月)

 日本:勤労統計調査(厚労省)、PMI、黒田日銀総裁講演
 米国:レーバーデー
 欧州:ユーロ圏小売売上高
 その他:中国非製造業PMI

9月6日(火)

 国際:ASEAN(8日まで)
 日本:閣議、新車販売台数
 米国:労働市場情勢指数(LMCI)、ISM非製造業景況感指数

9月7日(水)

 国際:パラリンピック
 日本:景気動向指数(内閣府)、消費活動指数(日銀)、石油製品価格調査(資源エネルギー庁)
 米国:ベージュブック

9月8日(木)

 日本:GDP・景気ウオッチャー調査(内閣府)、国際収支・貿易統計(財務省)、企業倒産、企業業績見通し
 米国:消費者信用残高、アメリカンフットボールNFL開幕
 欧州:ECB定例理事会、ドラギECB総裁記者会見
 その他:中国貿易統計

9月9日(金)

 日本:閣議、第3次産業活動指数(経産省)、マネーストック速報(日銀)、経団連東北地方経済懇談会
 米国:卸売在庫・売上高
 欧州:ユーロ圏財務相会合
 その他:中国CPI・PPI

9月10日(土)

 日本:東京六大学野球秋季リーグ戦開幕


【連載】 インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 6 アメリカでの挫折 2016/08/30

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は?
   4 中国メディアですら懸念表意
   5 需要はそれほど大きくない?

◇6 アメリカでの挫折

 このブログ連載の4回目でも述べましたが、中国は、メキシコ、米国、タイ、インドネシアやベネズエラなどの各地で高速鉄道の契約が見直されはじめています。

 その典型的な例として、アメリカにおける、ラスベガス-ロサンゼルス間を結ぶ高速鉄道の計画で、アメリカ側の契約企業でありますエクスプレスウエスト社が中国鉄道総公司との合弁解消を、2016年6月に発表しました。

 ご記憶の方も多いと思いますが、2015年9月に、習近平主席が訪米前に、大々的に発表しました。2016年9月に着工すると大々的に報じられたにもかかわらず、合弁解消発表となってしまいました。

 合弁解消の理由として「中国企業がやるべきことを時間通りできていない」と計画の遅れをその理由として挙げています。

 習近平主席の訪米の成果として強調するためにぶち上げたプロジェクトとして成立した契約ですので、それを傷つけられるような寝耳に水のこのニュースは、中国には大きなショックでしょう。中国側は、早速「無責任な行為で契約違反だ」と批判しました。

 アメリカ側は、もともと中国企業の実態情報を持っていて懸念していましたが、政治的な色彩が強い契約だったでしょう。

 もともと、アメリカには「バイ・アメリカン法」という規制がありますので、合弁でないと成立しない契約です。ところが、契約主義のアメリと、技術的にも追いついていない中国の事情から、計画通り進まないことに対する感覚的なずれは、直ぐにほころびとして出てしまったのです。

「バイ・アメリカン法」は、日本の自動車産業をはじめ、アメリカに工場を持つ契機となった、アメリカ側の鉄鋼産業保護や多くの製造業保護の産業育成政策という、雇用機会確保を目的とした、ご都合主義による法律です。

 アメリカ国内の公共事業においては、アメリカ国内で生産された鉄鋼やその他の製品を優先的に使うことが義務化される法律です。高速鉄道という巨額な資金が必要なプロジェクトでは、巨額な融資が必要であり、この条件を満たさないと認可もおりません。

 この法律に反しますと、巨額の罰金が科せられます。

 しかし中国は、国内の過剰生産となっている鉄鋼をなんとか消化しようという目論見があったのです。そのために、「バイ・アメリカン法」を無視してでも強引にこのプロジェクトを推進したいという思惑です。

 アメリカの契約企業でありますエクスプレスウエスト社は、この法律を犯してまで推進するリスクをとることには、当然のことながら躊躇し、その結果として契約解消に繋がったのです。

【参考資料】

 http://news.goo.ne.jp/article/mag2/world/mag2-210774.html

 <続く>

  ※ 【映像】は時間経過により、映像リンクが切れることがあります。

■  今週一週間を見るポイント 2016/08/29

 8月最後の週となります。すでに夏休みが終わっている学校もありますが、9月1日から登校という学校も多いのではないでしょうか。かつては、東北や北海道など、涼しい地方を除いて一斉に新学期がスタートしました。近年、脱ゆとり教育ということで、授業の時間不足から夏休みが短縮される地域が増えてきたためです。

 尖閣諸島などの問題で、日中関係が改善されていません。先週は日中韓外相会議が開かれたものの、日中関係改善の具体的な進展はありませんでした。その背景には、今週末に迎える中国の抗日戦争勝利記念日の問題もあるのではないでしょうか。その折には、国民を煽るような政府高官発言も懸念されます。

 アメリカでは、雇用統計が発表されます。アメリカの景気を読むには、雇用統計、失業率などを見よ、という鉄則があるほど、重要な指標のひとつです。中国の経済停滞は依然として続いています。そのような国際経済環境下では、アメリカの景気の重要性が高くなっていますので、この数値は見落とせません。

 そのような中、先週、FRBのイエレン議長が追加金利上げに意欲を示しました。アメリカの経済は拡大しているというのです。もともと年度内に複数回に分けて利上げをするということを言っていましたが、これまでは、利上げをしようとすると各種景気指標が悪く、利上げに踏み切れませんでした。

 イエレン議長は、追加利上げの意識が強すぎ、利上げをしなければならないという脅迫間に襲われているように思えます。アメリカの追加利上げは、新興国や開発途上国に深刻な影響を与えかねません。慎重な決断を望みます。


8月28日(日)

 国際:自動車F1ベルギーGP決勝

8月29日(月)

 日本:大相撲秋場所番付発表
 米国:テニス全米オープン(9月11日まで)

8月30日(火)

 日本:商業動態統計(経産省)、労働力調査(総務省)、家計調査・有効求人倍率(厚労省)

8月31日(水)

 日本:鉱工業生産・出荷・在庫指数(経産省)、住宅着工統計(国交省)

9月1日(木)

 日本:法人企業統計(財務省)、三村日商会頭会見、新車販売台数
 米国:新車販売台数

9月2日(金)

 米国:貿易収支、雇用統計

9月3日(土)

 その他:中国の抗日戦争勝利記念日

■ インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 5 需要はそれほど大きくない? 2016/08/26

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は? 2016/08/19
   4 中国メディアですら懸念表意

◇5 需要はそれほど大きくない? 

 中国メディアの「界面」は、高速鉄道の輸出事業が問題続きである背後には、海外諸国において「高速鉄道に対する需要」がさほど大きくないのではないかという見解を出しています。需要が大きくなから、必要性も大きくありませんので、諸国がいったんは契約しても、安易にキャンセルをしてくるとでも言いたいのでしょうか。

 彼らの言い分は、世界的に見て高速鉄道路線で黒字化を達成しているのは東海道新幹線と、北京-上海間の京滬高速鉄道の2路線だけと主張しています。ほかの路線はすべてが赤字で、政府の補助金などによって運行を維持しているというのです。

 当然のことながら、長距離の移動の場合は高速鉄道よりも空路のほうがメリットを示せます。一方、大都市間を結ぶ中距離の路線で黒字化が見込める高速鉄道市場はさほど多くはないという見解です。

 中国やアメリカなど、国土の広い国では、それも一理あるかもしれませんが、日本など、大都市が高速鉄道で1~2時間の距離にある場合には高速化が可能ですので、需要が少ないというのは、言い訳にしか聞こえません。

 黄文雄氏のメールマガジン「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」の中で、黄氏は、「世界が中国のインチキぶりにようやく気が付き始めた結果」と一刀両断しています。習近平政権は、お金をちらつかせ、舌先三寸で各国から受注してきましたが、これが習政権の命取りになるだろうという厳しい意見を述べています。

【参考資料】
 冷泉彰彦のプリンストン通信
 まぐまぐニュース
 Gooニュース
 NHKサイト

 <続く>

◆ 耐久消費財の使用年数が景気回復の足かせ? 2016/08/24

 NHKのビジネス特集で、耐久消費財の使用年数が延びていることが紹介され、興味を持ちました。その概要を紹介しておきます。

 2016年3月に、内閣府が、耐久消費財の平均使用年数について調査結果を発表しました。
 エアコンの買い換えというのは、10年前には10年ほどで行われていましたが、この調査では、12.3年と、2年以上も使用年数が長くなっていることが解りました。同様に冷蔵庫や洗濯機、乗用車なども発表されました。ほとんどの耐久消費財における使用年数が伸びていることが解りました。

 買い替える理由で多いのが「故障」です。デジカメやスマホ・携帯電話は、上位品目への買い替えが主な理由であることから、高機能化を求める傾向は変わらないようです。

 家電製品などの性能が向上し、長持ちするようになったこともあるでしょうし、そもそもモノを長く使うことは悪いことではありません。“大きい買い物”の落ち込みによって、消費は低迷したままです。

 経済財政白書に「購入頻度の低い耐久消費財の購入タイミングがある時期に集中したことで、その後一定期間、家計が耐久消費財の購入を控えたことが影響している」という記述があります。家電製品などの耐久消費財の買い控えが強まったことにより、消費が低迷し、その結果、日本経済にマイナスの影響が出ているのです。

 担当の柴田明宏NHK記者は、以下のようにくくっています。

 白書では、消費低迷の原因について、若い子育て世代や60歳代前半の無職世帯が、将来への不安や安定収入が少ないことを背景に、消費に慎重になっていることも影響していると指摘しています。そうであれば、将来、不安を解消するための社会保障制度の改革や正規雇用と非正規雇用の賃金格差の是正、また、仕事と子育てを両立させることのできる働き方改革などに取り組む必要があります。

 氏がおっしゃるように、生活が安定し、将来が見えるようにならなければ消費は伸びないでしょう。個人消費が回復しない限り、アベノミクスが「大成功」と言える日は来ないかもしれませんね。




■ インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 4 中国メディアですら懸念表意 2016/08/23

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?
   3 車体の安全性は? 2016/08/19

◇4 中国メディアですら懸念表意

 まだ、記憶に新しい2015~2016年にかけてのインドネシア高速鉄道におけます日中競合合戦ですが、結果は、お金にモノを言わせた中国に軍配が上がりました。しかし、その後はどうなっているのでしょうか。

 また、世界各国での高速鉄道受注合戦は、どうなっているのでしょうか。Gooニュースを基にご紹介します。

 中国は、メキシコ、米国、タイ、インドネシアやベネズエラなどの各地で高速鉄道の輸出を推進しています。ところが、各地で問題に直面しています。

 中国メディアの「界面」は、このほど、中国人の理解からすれば「コスト優位があり、総延長は世界一、さらには資金面のサポートもある中国高速鉄道は輸出競争力も高い」はずですのに、なぜ輸出事業は問題続きなのかと疑問を投げかけています。

 記事中で、中国高速鉄道の輸出が問題続きであると事実を認めています。シンガポールとマレーシアのクアラルンプールを結ぶ高速鉄道については韓国も入札に参加する意向を示していることを指摘し、今後はさらに問題が激化する可能性を示唆しています。

 それだけですと、香港の出版社の関係者が拘束されましたように「界面」も潰されかねません。

 問題続発と言うことを伝えると共に、高速鉄道プロジェクトは巨額の投資が必要ですので、時間がかかって当たり前であるにもかかわらず、各国は成果を短期に求めすぎていると、中国の高速鉄道輸出を擁護する発言をしています。

 中国メディアの「界面」は、それだけでは、まだ不充分と考えたのか、「高速鉄道事業が政治問題化している」と、日本を名指しで、「日本がつねに邪魔をし、撹乱するため」と、日本を悪者にして、報道しています。

 日本批判をすることにより、当局からの処罰を逃れているのでしょう。

【参考資料】

 http://news.goo.ne.jp/article/searchina/world/searchina-1614346.html

 <続く>

■ 今週一週間を見るポイント 2016/08/22

 8月6日に開会したリオデジャネイロのオリンピックですが、いよいよ閉幕です。高い目標を掲げた日本チームですが、甘い算定が現実では厳しい裁定が出るでしょう。

 ナイロビでアフリカ開発会議(TICAD)が開催されます。TICADは、Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発における東京国際会議)という名称からもわかりますように、日本が主催する、アフリカの開発をテーマとする国際会議で、3年毎に開催されます。

 アフリカにおける主導権争いの一環として、中国主導の中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)は、戦略的にTICADの前年に開催し、日本に対抗しています。それだけに安倍政権としては、何としても成功させ、盛り上がりを高めたいところです。

 一方で、国内景気が安倍政権の期待通りには改善していません。そのような中、景気動向指数や消費者物価指数、サービス価格指数など、目処となる数値が発表されます。その数値に一喜一憂する必要はありませんが、安倍首相としては気になる数値でしょう

8月21日(日)

 日本:大阪府箕面市長選

8月22日(月)

 国際:リオオリンピック閉幕
 日本:スーパー・コンビニ売上高、粗鋼生産
 欧州:独仏伊首脳会談

8月23日(火)

 日本:勤労統計確報(厚労省)、FinTechフォーラム(日銀)
 米国:製造業PMI、新築住宅販売件数
 欧州:ユーロ圏・独・仏PMI

8月24日(水)

 日本:景気動向指数(内閣府)、3カ月予報(気象庁)

8月25日(木)

 日本:企業向けサービス価格指数(日銀)
 米国:耐久財受注額
 欧州:独企業景況感指数

8月26日(金)

 日本:消費者物価指数(総務省)、基調的なインフレ率を捕捉するための指標(日銀)
 米国:GDP、消費者態度指数、イエレンFRB議長講演

8月27日(土)

 国際:アフリカ開発会議(TICAD)首脳会議(28日まで)

■ インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 3 車体の安全性は? 2016/08/19

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー
   2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?

3 車体の安全性は? 2016/08/19

 中国の高速鉄道網といいますのは、幹線での高速列車の運営が、2007年4月の中国国鉄によるCRH型車両導入により開始されました。

 中国には、もともと高速鉄道の技術はありませんでした。

 中国鉄道部では、中国独自の高速鉄道技術であると言っていますが、世界の代表的な高速鉄道技術を寄せ集めただけのものです。

 技術が移転されて国産化が進んでいますが、中国国外の技術で製造した車両の技術トラブルは、その国外メーカーが責任を負わなければならないという横暴さが大手を振って歩いています。

 ひとつの体系化された高速鉄道技術を持っているわけではありませんし、すべてが時速350 kmで運転されているわけでもありません。

 中国高速鉄道技術の基本となっている一つは、日本の新幹線「E2系」をベースにしたものです。

 そのほかに、ドイツ・シーメンスやフランスのアルストム、カナダのボンバルディアのモデルをベースに改良したものなど、各社の技術をベースにしていますので、異なった技術ベースの高速鉄道車両で運営されているのです。

 基本設計は、各社のオリジナルのままですので、車体形状もバラバラです。

 基本設計はそのままで、モーターを強力化し、ギヤ比を変えて高速化しているだけです。駆動力を上げただけで、300キロとか、350キロでの営業運転を可能にしているのです。

 例えば、日本のE2系の場合をみますと、日本における国内仕様では営業最高速度は275キロです。中国のCRH2は時速350キロ、CRH380は380キロ運転という仕様です。(【Wikipedia】)

 各社基本設計では、車体の空気特性や強度などはキチンと計算されていますので、無理矢理350キロで走らせても、車体が浮き上がって脱線したり、部品が脱落したりする可能性は少ないでしょう。

 しかし、中国製の車両や運転管理技術はどうなのでしょうか?

【参考資料】

 http://news.goo.ne.jp/article/searchina/world/searchina-1614346.html

 <続く>

■ 今週一週間を見るポイント 2016/08/15

 8月15日は、終戦記念日です。「何の終戦? サッカー? それとも?」というように、第二次世界大戦で日米が戦争をしたことも信じられない昔のことのように思っている人もいるでしょう。しかし、広島や長崎の原爆や沖縄の人の味わった苦痛は、その惨劇の重要な一コマです。争いごとは、ご勘弁願いたいです。

 アメリカでは、消費者物価指数や住宅着工件数など、国民の消費性向を見る重要指標が発表されます。それを受け、FOMC議会要旨の発表があります。

 リオオリンピックも中盤から終盤にさしかかります。メダル目標の総数40個、金メダル14個という目標に何処まで近づくことができるでしょうか。

 連日、暑い日が続いています。どうぞ熱中症などにお気を付け下さい

8月14日(日)

 ※ 現在、手元にご紹介する情報がなく、ご不便をおかけします。

8月15日(月)

 日本:全国戦没者追悼式、GDP(内閣府)、鉱工業生産・出荷・在庫指数(経産省)
 米国:製造業景況指数

8月16日(火)

 日本:マンション市場動向
 米国:CPI、住宅着工件数、鉱工業生産、設備稼働率
 欧州:ユーロ圏貿易収支、独景気予測指数、英CPI

8月17日(水)

 日本:訪日外国人数(日本政府観光局)
 米国:FOMC議事要旨
 欧州:英失業率

8月18日(木)

 日本:貿易統計(財務省)、QUICK短観
 米国:造業景況指数
 欧州:ECB理事会議事要旨

8月19日(金)

 日本:証券各社経済見通し

8月20日(土)

 ※ 現在、手元にご紹介する情報がなく、ご不便をおかけします。



■ インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 2 世界一の鉄道網は 2016/08/14

 近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

 ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。

バックナンバー ←クリック

   1 リニアモーターカー

2 世界一の鉄道網を持つのはどこの国?

 前回、中国ではすでにリニアモーターカーが実用運転されているというお話をしました。
 私が初めてそのことを聞いたときに、マユツバか、磁気浮上式ではなく、大江戸線と同様に磁気駆動式のリニアモーターカーではないのかと疑いました。

 2010年12月の時点で、中国には世界一長い 8,358 km の高速鉄道網があると、中国鉄道部が公表しています。しかし、2011年1月に国際鉄道連合が発表した統計では、中国の営業中の高速鉄道は 4,175 km であるとあります。

「白髪三千丈」などといわれますように、中国の数字は、針小棒大化されていますので、発表数値を鵜呑みにはできません。しかし、日本は1964年に東海道新幹線を開業させて以来、高速鉄道の総延長距離で40年以上にわたり世界をリードしてきましたが、中国に追い抜かれていることは認めざるを得ないでしょう。

 ただし、中国の高速鉄道網というのは、高速化された在来線、高速鉄道用の新線とリニアモーターカーからなっています。そのうちの 2,197 km は世界最高の営業速度である 350 km/h に対応していると言っています。  【参考資料】 【Wikipedia】

 後述のように、失敗続きの中国高速鉄道ですが、習近平主席政権維持の一環として、目玉商品となっていることを忘れることはできません。

 2016年7月1日に中国共産党創建95年の記念式典が開催されました。習近平主席は、「中国の経済発展と国力増強を一党独裁の成果だ」と述べました。2017年秋には、党代表大会が開かれます。それまでに、習主席が軍部や党の権力を完全掌握できていないと失脚の可能性もあります。

 イギリスのEU離脱問題は、欧州が重要な輸出相手であるだけに、大きな痛手です。中国の経済成長は下降の一途を辿っているだけに、なりふり構わず成果を強調しなくてはならなかったのでしょう。

 輸出額が減少している中国にとっては、そのかさ上げとして、高速鉄道の受注がインパクトある商品なのです。そのために破格の条件を出していて、いざ着工となると実現能力が追いついていないという問題に直面するのです。

 <続く>

■ インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 1 リニアモーターカー 2016/08/12

 リニアモーターカーというと、2025年を目標として運転開始を計画しているJR東海のリニアモーターカーをイメージする人が多いでしょう。

 しかし、東京の地下鉄に、すでにリニアモーターカーは採用され、運行されています。都営大江戸線は、リニアモーターカー駆動なのですが、ほとんどの人がそれを知らないで利用しています。

 お役所の宣伝下手の現れなのでしょうか。

 かつて、成田・羽田間をリニアモーターカーで結ぶことを、JALが企画したことがあります。その時には、ドイツのリニアモーターカー導入を検討していました。しかし、コスト面などから企画段階で立ち消えになってしまいました。

 私達はJR東海の中央リニアのイメージが非常に強いですが、そのイメージの中に、「磁気浮上式リニアモーターカー」というのが「リニアモーターカー」だと思い込んでいるのです。

 上述の都営大江戸線は、電動のモーターを利用していません。線路の中央に磁気ベルトのように磁石が並べられていて、S極とN極のオン・オフで前進させているのです。

 磁気浮上式リニアモーターカーでなければすでに日本でも利用が開始されているのです。
 さらに驚くことに、中国では、磁気浮上式リニアモーターカーが実用化されているのです。

 ご存知でしたか?

 信じられますか? <続く>

■ 今週を見るポイント   2016/08/08

 今週の時事・経済関連や社会ニュースから、経営コンサルタントの独断と偏見で、解説にならない解説をお届けします。

 6日から始まったリオのオリンピックで、寝不足の人も多いのではないでしょうか。柔道や水泳など、立ち上がりの競技で金メダルがとれると弾みがつくと思います。オリンピックの陰に隠れてしまいそうな高校野球ですが、ファンの方は、両方の結果が気になるのではないでしょうか。

 アメリカでは、相変わらず大統領選の行方が、欧州では、イギリスとEU離脱の影響や難民問題、ブラジルを含む各地でのテロ不安と、気になることがたくさんありますね。

 中国の経済問題も動向が心配ですが、貿易統計、CPI・PPI、鉱工業生産指数等の統計数値がどうなるでしょうか。

8月7日(日)

 野球全国高校野球選手権(21日まで)
 その他:タイ新憲法案国民投票

8月8日(月)

 日本:景気ウオッチャー調査(内閣府)、金融政策決定会合(日銀)、国際収支、企業倒産
 その他:中国貿易統計

8月9日(火)

 日本:平和祈念式典・長崎原爆忌 、マネーストック(日銀)
 その他:中国CPI・PPI

8月10日(水)

 国際:OPEC月報
 日本:財政収支(財務省)、企業物価指数(日銀)、機械受注(内閣府)、第3次産業活動指数(経産省)、石油製品価格調査(資源エネルギー庁)

8月11日(木)

 日本:「山の日」記念全国大会記念式典

8月12日(金)

 日本:中国鉱工業生産、小売売上高、日航機墜落事故31年

8月13日(土)

 ※ 現在、手元にご紹介する情報がなく、ご不便をおかけします。


■ 日本の長時間労働  2016/08/02

「日本人は勤勉である」とかつてはさかんに言われました。ところが、昨今では、「日本人は働き過ぎ」「日本人の労働効率は、先進国中で最悪」などと、陰口をたたかれています。

 労働時間の実態を見てみましょう。長時間労働というのは、週に49時間以上を指します。働いている人に対する、長時間労働をしている人の割合は、下記の通りです。

 日本   21.7%
 アメリカ 16.4%
 イギリス 12.3%
 フランス 10.8%
 ドイツ  10.5%

 フランスやドイツの、ほぼ倍にのぼりますし、先進国中でも日本がずば抜けて多いことが解ります。

 こうした長時間労働の結果、過労死した人の遺族が、過労死の労災請求をした人の数は、2015年には283人にまで及びます。

 今後労働基準法第36条、通称「サブロク協定」が見直されるでしょうが、世界の標準からはまだまだほど遠い状況で落ち着くのではないでしょうか。

■ 一週間を見る視点 2016/08/01

 いよいよブラジル・リオのオリンピック・パラリンピックが、今週5日から21日までの期間に開催されます。ロシアのドーピング問題など、残念なことが直前に発覚しましたが、スポーツマン精神というのは崇高なものと見なされています。その精神に則って、正々堂々と協議をして欲しいですし、日本も多くのメダルが取れることを期待したいですね。
 今週は、アメリカでは、注目されます個人所得や消費データに加えて、雇用統計が発表されます。トランプvsクリントンの大統領選挙戦が本格化しますが、相手を攻撃するような選挙戦ではなく、政策論争が白熱して、良識ある投票に繋がることを願っています。

 先週韓国で慰安婦救済の財団が発足し、日本から10億円という多額の出資が行われました。韓国国内におけます慰安婦問題についての国民の今後の動き次第では、指導力が低下しているパク政権の重荷になり、最悪、この問題に関する日韓協定が覆いされてしまうことも懸念されます。

7月31日(日)

 ※ 現在、手元にご紹介する情報がなく、ご不便をおかけします。

8月1日(月)

 日本:百貨店各社の売上高、新車販売台数、スーパーハイビジョン
 米国:製造業景況感指数
 その他:中国PMI

8月2日(火)

 国際:第129回IOC総会(4日まで)
 日本:閣議(新経済対策)、全国財務局長会議(財務省)、マネタリーベース(日銀)
 米国:個人所得・消費

8月3日(水)

 日本:金融政策決定会合議事要旨(日銀)
 米国:雇用リポート、ISM非製造業景況感指数
 欧州:ユーロ圏小売売上高

8月4日(木)

 日本:車名別新車販売台数
 米国:製造業受注
 欧州:英中銀金融政策委員会発表

8月5日(金)

 国際:リオデジャネイロ五輪(21日まで)
 日本:閣議、景気動向指数(内閣府)、貿易統計(財務省)、勤労統計(厚労省)
 米国:貿易収支、雇用統計

8月6日(土)

 日本:広島原爆忌

■ 消費者物価指数に見る政府・日銀金融政策 2016/08/01

 変動の大きい生鮮食品を除いた消費者物価指数は、前年同月比で、0.5%下回りました。これは4か月連続でマイナスとなっていて、しかも下落率は3年3か月ぶりの大きな下落率つです。

 政府・日銀が2%という目標を抱え、それが実現せず、消費税増税を先送りするなど、思惑通りに進んでいません。参院選では、安倍政権を支持する人が多く、自民党が圧勝しましたが、現実は国民の期待通りにはなっていません。

 消費者物価指数は、原油価格が下がった影響で、電気代などが値下がりしたことやテレビなどの新製品の出荷遅れで、現行商品の売価が値下がりしているなどが主要因であると政府は発表しています。

 一方、酒類以外の食料と、エネルギーを除いた指数は101.6と、0.4%上昇していますし、このところプラスの伸び率ですので、物価が上がっていないことについて、一概に安倍政権の政策上の問題と非難するのも、バランスを欠いた発想と言えるのかもしれません。

【 注 】
【今日のブログ】や「映像」は、閲覧と発行時間が異なる場合には、掲載ブログとは異なるブログが表示されたり、リンクが切れていたりすることがあります。
 ↑ PAGE TOP
経営四字熟語
四字熟語というのは、漢字4文字で構成された熟語で、中国の故事などに基づくことが多々あります。それを経営コンサルタント歴35年の目で見るといずれも経営に直結する示唆の多いことに気がつきました。 詳細> ←クリック

知行合一(ちこうごういつ)

 朱子は「先知後行学」の中で「先ず知識を蓄え、それを基にして行動を起こすべきである」と説いています。知識を持っていれば、何か判断すべき時に、好ましい判断ができることは想像できます。




 それに対して、王陽明は陽明学の一環として伝習録の中で「知行合一(ちこうごういつ)」を説いています。知識と実践は同一でなければならないという考え方です。・・・・・続き> ←クリック

【 注 】
「<お休み・準備中> ご迷惑をおかけします。」というメッセージが表示される場合でも、時間経過に伴い、追加/改訂等がなされることがあります。
 
 ↑ PAGE TOP

NEWS 過去の新着情報

2012年9月4日
「知り得」コーナーを「グローバルな視点で経営を診る」コーナーに変更し、ブログとのリンクをはかりました。
2012年6月15日
仏教・仏像・寺社・旅」のページを新設しました。
2012年2月8日
経営コンサルタントへの道」に【今日は何の日】【今週の四字熟語】をいれました。
2012年1月16日
今日の独り言のコラムを毎日更新
2011年12月01日
トップページを大幅に変更しました。
2011年12月01日
ご挨拶のページを更新しました。
2011年09月22日
経営四字熟語を更新しました。
2011年03月22日
経営コンサルタントの独り言集
2010年12月02日
Yahoo検索トップページに表示
2010年11月12日
経営コンサルタントに関するFAQ
2010年10月12日
四字熟語経営
2010年09月30日
新刊「経営コンサルタントへの“秘密”の道」
2010年08月14日
経営コンサルタントを使いこなせないで経営者・管理職と言えるか
2010年07月09日
電子書籍を知らない経営コンサルタントはいらない
2010年07月09日
電子書籍を知らない経営コンサルタントはいらない
これまでのニュース
コンサルタントが読むべき書籍・DVD(2010/05/05)
経営者のために経営コンサルタントの選び方 10のポイント(2010/03/25)
経営コンサルタントへの道10年ぶりリニューアル(2010/02/04)
コンサルタント起業特訓講座(2009/07/04)
社長室ホットラインサービスを新設(2009/06/29)
経営コンサルタントに関するQ&A(2009/06/21)
グロマコングループメンバー募集(2009/06/18)
先輩コンサルタントの独立起業体験記(2009/05/28)
経営コンサルタントの仕事の仕方(2009/05/13)
経営コンサルティング研究会(2009/05/03)
最適な経営コンサルタントの資格(2009/04/25)
コンサルタントの無料相談開設(2009/04/16)
コンサルタント実力養成講座
営業部門強化の情報
メーリングリストとは
 cmr  
 grph  T
 michi  BLG3
EP  BLG4

経営コンサルタント グロマコン

〒112-0004
東京都文京区後楽2-3-10
         白王ビル4F
    (特)日本経営士協会内

TEL 03-6801-6630

関連団体 
 JMCAロゴ 内閣府認証特定非営利活動法人
日本経営士協会 
 JCAロゴ 日本コンサルタントアカデミー 


 毎日複数本発信 
今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報

仏像・寺社・旅・写真
copyright N. Imai  all rights reserved