HOME 経営マガジン  経営コンサルタント 経営コンサルタントへの道 経営者・管理職 

私のサイトへの訪問をありがとうございます。

へたの横好きで撮った写真をここにまとめておくことにより、必要なときに見やすいようにと考え、単なる思いつきで着手しました。

他人様に見ていただくというより、自分の作品を整理するためのページです。

カシャリ!一人旅
   山梨県
清里
    関連資料(準備中)

 清里(きよさと)は、清里高原といわれ、歌手・女優の山口百恵さんが、別荘地として紹介したことなどが契機となり、若い女性に人気が出た避暑地です。

 東京や名古屋からも近い、本州の中央に近いところに位置し、山梨県北杜市、八ヶ岳連峰の南麓に位置しています。緩やに広がる八ヶ岳の裾野と、変化に富む富士山や南アルプス等3,000メートル級の山々とのコントラストが美しい高原として知られています。

 四季がはっきりとした自然やのどかに点在する牧場、美術館や各種スポーツ・登山・トレッキングなど、観光だけでなく、幅広いアクティビティーの地でもあります。

 また、温泉地でもあり、北杜市五酒(ウィスキー、ワイン、ビール、日本酒、焼酎)を生産している地でもあります。高原野菜の天国ともいわれ、瑞々しい野菜をいかした料理も楽しめます。



 今回は、新宿駅から高速バスで清里バスターミナル(JR清里駅隣接)まで行きました。一日一往復しかありませんので、スケジュールには気をつけないといけません。

   往路  新宿0900 → 清里1225  復路  清里1634発 − 新宿20:10着

 中央高速を小淵沢で降りると、複数のバス停(大半がホテル)に寄りながら、清里まで行くので、降りてから1時間ほどかかりました。しかも、途中双葉サービスエリアで小型のバスに乗り換えが必要です。

 復路も同じですが、高速に乗ると事故渋滞のメッセージが出て、しかも双葉を出てまもなく、パトカーがサイレンを鳴らして飛んで行きました。新たな事故が発生した様子で、後で解ったことですが、複数の事故があったようです。そのために、予定より一時間遅れの21時過ぎにバスタ新宿に帰着しました。


 清里内の観光は、ピクニックバスというサービスが3系統あり、ハイシーズンには2台運行と本数が増便されます。8月は毎日二台運行ですが、7月後半と9月は週末のみ2台運行です。

 二台運行のときには7便ありますが、運転間隔と訪問地によって待ち時間ができてしまいます。スケジュールは、事前にキチンと立てておきませんと時間ロスだけではなく、ホテルまで戻れなくなってしまいかねません。

 清里という観光地は、基本的には車で回らないと行きたいところをすべて回りきることは困難です。事前に目的値を絞って、スケジュール化をすると、満足感も上がるでしょう。

↑top 
山梨県 平山郁夫シルクロード美術館 1



平山郁夫シルクロード美術館は、小海線甲斐小泉駅前にあります



↑ 拡大



小海線は単線です。



ディーゼル・蓄電池のハイブリッド車

平山郁夫シルクロード美術館 入口


甲斐小泉駅の目の前にあります



シルクロードのイメージを出すために
らくだが3頭で出迎えてくれました。



美術館横(裏手)には、ボードウォークがあり、
オブジェが置かれていました。



現代アートのオブジェ



行きの前を進むと美術館の建物
ただし、ここからは入れません。
左手を下に下りてゆきます。



カーブした美術館の建物は、想定以上に大きかったです



美術館玄関

ガンダーラ仏像 菩薩立像


ピンボケになってしまいました



↑ 拡大

 髪を束髪垂髪にしたバラモン形の菩薩で、左手に蓮華を持つ。蓮華を手にするが、クシャトリヤ形の観音菩薩とは別の尊格。尊名は不明。

 中央の首飾りは大きな貴石を挟んで、両側に一対のエロスを配している。エロスはギリシアの神で、死者の霊魂を死者の国に導く役刮を持つ。人びとが菩薩に求めていたことがわかる。



↑ 拡大

ガンダーラの仏像

 紀元1世紀、イラン系クシャン朝が支配するガンダーラ地方(現パキスタン北部)で、はじめて仏陀の像がつくられました。インドの仏教と、神を人の姿で表現するギリシア・ローマの伝統、さらにクシャン王侯像のイメージか融合してつくられたのがガンダーラ仏です。片岩を高度な技術で彫刻しており、仏像のほか、仏伝図も数多く遺られました。仏塔や寺院の壁面に貼り付けられていたため、背而は扁平です。

仏像の伝播

 インドで仏教が成止してからおよそ500年後、ガンダーラ地方ではじめて仏像(石像)が出現しました。

 仏教とともに東へ伝播した仏像は、シルクロードを通って西域に伝わり、中岡に至ると金銅仏や石像が盛んにつくられ、大規模な石窟寺院も営まれました。

 やがて朝鮮半島から6世紀に日本に仏像がもたらされると、金銅仏のほか塑像、木彫像、乾漆像などさまざまな素材、様式で制作されました。



↑ 拡大



髪飾りが、ガンダーラ・バラモン型仏像の特徴の一つです
立派な耳飾りを着けています



螺髪がついているのは、日本の仏像にも共通します。
首の周りには、貴石を模した金製の飾り


↑ 拡大

ギリシャのエロス神をあしらった首飾り

平山郁夫シルクロードコレクション


↑ 拡大

 当美術館が所蔵するシルクロードコレク村は、平山郁夫先生と奥様が収集し、寄贈したものです。

 ガンダーラ仏像やコイン、西アジアやガンダーラ一帯から収集された絵画、金工品、ガラス器、装身具、文書など1万点にものぼります。



↑ 拡大

浄土幻想 宇治平等院 浄土幻想 日野法界


↑ 拡大


初転法輪 インド・アマラーヴァティー

アマラーヴァティーは、
 古代インドのイクシュヴァーク朝(3世紀)の首都。
南インドにおける大仏教遺跡として有名。

 ローマとの交易で繁栄した



↑ 拡大
台座の碑文解読(サンスクリット語)

 シッダームマハーラージャティラージャデーヴア(プトラ)の・・・ この仏像はダルマデーヴア寺に建立され・・・ この正式で宗教的な寄進によって、ウールナファルダラに健全な肉体が与えられますように。 またダルマーデヴアの苦しみが平癒しますように。 またあらゆる生き物が安寧で幸福でありますように。

            ハリ一・ファルク博士(ベルリン自由大学教授)訳



仏陀坐像



初転法輪 パキスタン



弥勒菩薩坐像



↑ 拡大

カビサ

 アフガニスタン中央部、ヒンドゥクシュ山脈の南側に位置し、古来、山脈越えの拠点として栄えた。クシャーン朝の夏の宮殿があった。


ハッダ

 アフガニスタン南東部、カピサとガンダーラを結ぶ要衝の町ジャララバードの郊外にある大仏較遺跡群がある。

 ガンダーラの影響が強いか、粘土に石灰を混ぜたストゥッコ塑像が特徴。アフガニスタンのストゥッコ像の大半かハッダのものといえるほどおぴただしい数の作例が報告されている。



仏陀坐像と供養者



仏陀立像 パキスタン



菩薩像頭部 中国



↑ 拡大

十一面観音菩薩像

 日本における十一面観音若薩像は、
観音菩薩像と密教が結びついた事によって成立し、
それにより多面多冑で表されるようになった。
こうした表現は当時、強い救済力を持つと考えられていたのである。

 経典に見える十一面観音菩薩像は、
「十種の功徳」「四種の果宝」を説き、財宝を守り、水難・火災から逃れ、
極楽往生を手助けする現世利益の仏として著されている。



仏陀坐像


↑top 
↑top 
 
経営コンサルタント・グロマコン 
 日本コンサルタントアカデミー
 (特)日本経営士協会

HOME 仏教 仏像 名所旧跡 スナップ ↑top
 
Copyright© N. Imai All rights reserved