本文へスキップ

経営コンサルタント・グロマコンは、1970年代から続く、コンサルティング・ファームの老舗です。

【今日は何の日 経営マガジン】TOPICS

新着情報NEWS

平成29年2月23日(木)  毎日、複数本の今日のブログを発信しています。
2017年
2017年2月4日 【今年何が起こったか】で毎月の行事予定を一括掲載します。
2017年1月15日 今日の出来事・行事「一週間を先読みする」の改訂版がアップロードされました。
2017年1月7日 今年予定されている出来事を追補しました。
2017年1月7日 日光二荒山神社の写真集をアップロードしました。
2017年1月6日 日光東照宮の写真集をアップロードしました。
2017年1月1日 ブログを日本経営士協会に移管しました。
2016年11月26日 マガジンのページに目次を付けて、目的の記事を見つけやすくしました。
2016年10月19日 営業部門強化のページを改定しました。
2016年9月1日  コンサルタントの人材銀行「コンサルタントバンク」が無料登録を開始しました。
2016年8月1日
鎌倉五山巡りの写真を公開しました
2016年8月1日
スマートフォン専用サイトを仮オープンしました。

toridoshi  今年は酉年
 幸せをとりましょう 
 ひとつ上のステージをとりましょう
 私どもは写真をとります

今日のマガジン ←バックナンバー

◆【今日のマガジン】 あなたのアンテナ感度が高まる

 その日に注目すべき出来事は何か、今日は何の日なのかを念頭におきますと、TVや新聞、人との会話などに対してアンテナの感度が良くなります。
 毎週月曜日に発信しています【経営マガジン】の姉妹編です。発行は不定期ですが、その日に感じたこと、思ったことや時宜に即した情報を見つけたときなどにお手元に届くようにしています。


【 目 次 】
kyou ha nannohi  本日の記念日やそれにまつわる思いを紹介しています。
dekigoto  日々、何が世の中で予定されているのかを知ると世の中を時系列的に見ることができます。
blog  今日発信される/されたブログの目次です。(発信予定のブログは時間になってから)
おすすめブログ  毎日複数のブログを発信していますが、バックナンバーも見つけやすいです。
eizou  経済・経営のみならず、時事問題を映像付きで(ない場合もあります)平易に解説しています。
一週間のひとり言  前週にお届けした経営コンサルタントのひとり言をまとめ読みができるように一括掲載しています。
keiei jouhou  経営に関する知って得する情報を経営コンサルタントの視点から紹介しています。
hitorigoto  このような情報をお知りになるとよろしいのではという、経営コンサルタントのお節介焼き情報
osusume  経営コンサルタントのお節介焼き情報を週替わりでご紹介しています。
seminar  経営コンサルタントが提供する、タイムリーなテーマとオーソドックスなテーマとをご紹介
カシャリ!一人旅  素人写真ですが、カメラ片手の旅の記録を説明文とその時の思いを記録しています。

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック


plum bloosam

2月の写真 梅

 梅は、桜と同じでバラ科に属します。花芽は一節につき1個を付けるので、華やかさの点では桃の豪華さには及びません。しかし、楚々とした花は、清々しい香りと共に、日本人の心を弥してくれます。

 白、ピンク、紅と色のバリエーションは意外とあります。東京都文京区にあります水戸家の庭園跡の小石川後楽園には、36種100本を超える、いろいろな種類、色の梅が競い合います


   詳細 小石川後楽園


↑ top 



this week m

    ※ 前日のマガジン ←クリック

 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック


今日は何の日インデックス
  
日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます



■ 万国郵便連合加盟記念日 2/19

 1877(明治10)年2月19日に、郵便の国際機関である万国郵便連合(UPU)に加盟したことを記念して「万国郵便連合加盟記念日」が制定されました。
 万国郵便連合は
・・・・・<続き
花粉症とアレルギーの日 2/20

 2月20日というのは「アレルギーの日」です。1995年に日本アレルギー協会が制定しました。日本の免疫学者がブタクサが原因で花粉症なるということを発見したことにちなんでいます。
 ブタクサは、外来植物で、日本・・・・・<続き
■ 手塚治虫「火の鳥」 2/21

 私が経営士・コンサルタントとして独立して1年半頃が経過した1979年の2月21日に、 東大宇宙航空研が内之浦からX線観測衛星「ひのとり」を打上げました。手塚治虫ファンならすぐに、華麗な色使いの『火の鳥』をすぐに連想できるでしょう。その連想通り・・・・・<続き

 竹島の日 2/22

 竹島の日(たけしまのひ)は、2005年(平成17年)に「竹島の日を定める条例」により島根県が定めた記念日です。

 竹島については、韓国が領有権を主張していますが、日本の領土です。

 1905年(明治38年)、竹島が何処の国にも属していないことが確認され・・・・・<続き
 税理士記念日 2/23

 1942(昭和17)年2月23日に、「税理士法」の前身である「税務代理士法」が制定されました。これを受けて日本税理士会連合会が「税理士記念日」を1969(昭和44)年に制定したのです。
 税理士記念日制定の目的は
・・・・・<続き

 特許ライセンスの新制度 2/24

 特許庁は、特許のライセンスを受けた事業を保護する新制度の創設について、2011年に、国会で特許法改正を目指すと発表しました。同時に特許審査手数料の引き下げや、中小・ベンチャー企業に対する減免制度の拡充もすすめる方向です。

 フォントという言葉は、パソコン利用者にはおなじみですが
・・・・・<続き
 夕刊紙の日 2/25

 日本では、「新聞は配達されるもの」と思い込まれていますが、逆に新聞の配達が日本ほど発達している国も少ないのではないでしょうか。ましてや、朝刊と夕刊の配達となると日本だけではないかと思います。
 1969(昭和44)年2月25日に。・・・・・<続き

↑ top 


dekigoto2


 国内外で、見落とせない、こんなことが予定されています。それを意識していますと、テレビや新聞、ネット情報を見るときに、見落とさずに情報を入手できます。
経済時事用語】も併せてご利用ください。
 http://www.glomaconj.com/indexpc.html#yougo

■ 一週間を先読みする 2017/02/19

 春闘の時期、固定費化するベアを嫌う経営者側と、収入の安定化を図りたい労組側との対立が際立っています。労組の民進党離れも起こり始めました。蓮舫代表の力量が問われています。
 安倍・トランプ会談で意気揚々と帰国したものの、国会運営がままならないのは計算違いと安倍首相は、感じているのでしょうか?

 ユーロ圏19か国の財務相会合がブリュッセルで開催されます。財政危機のギリシャ問題が再燃しそうです。7月に多額の国債償還期を控えて追加支援が欲しいギリシャは、これ以上の要求はのめない状況です。それに対して独仏などは年金削減などの要求をするのは確実でしょう。

 アメリカでは連邦準備制度理事会(FRB)がFOMC議事録要旨を発表します。金利を再び上げるのかどうか、注目されます。トランプ大統領の人事問題や大統領自身の問題も懸念されます。
 台湾蔡総統との電話会談では、二つの中国を認めるのかと思いきや、習主席とは一つの中国といい、コウモリのような二股膏薬外交で他国の愁眉を買っています。イスラエルネタニアフ首相との会談でも従来の二国存在が崩れるような発言をしています。

 新興国の経済停滞も続いていますが、ブラジルの金融政策が今週発表されます。プミポン前国王死去の影響が大きいタイですがGDP発表があります。成長率5%目標をずっと下回っていますが、回復数値が出るのでしょうか。

19  冬季アジア札幌大会(26日まで)
20 日貿易統計(財務省)、ユーロ圏財務相会合 
21 EU財務相理事会 
22 米FOMC議事要旨 
23 日 皇太子さま誕生日(57歳)、日景気動向指数改定値(内閣府)・企業向けサービス価格指数(日銀)
24 日プレミアムフライデー開始・3カ月予報(気象庁)、米新築住宅販売
25  日国公立大2次試験前期日程開始

◆ 2017年を先読みすると自分の生き方を見直さざるを得なくなる 2017/01/01

 2017年がスタートしました。

 今年は、ヨーロッパで総選挙、大統領選等等が目白押しです。アメリカ大統領選挙でも予想外の結果が出たことに驚きを感じましたが、今年は、「何が起きても不思議ではない」といえるほど、不透明要素をはらんだ幕開けです。

 2015年に、不況脱出と大山鳴動のスタートを切った黒田日銀総裁ですが、2020年のプライマリーバランス(収支均衡)黒字化は、ほぼ不可能な見通しです。2年経っても鼠一匹と言っては失礼ですが、物価目標は先送りをせざるを得なくなりました。それが、ご自身の甘い判断であったことについては一切触れない、傲慢というか、不遜というか、今少し謙虚にならないと黒田総裁への国民の理解は得られないでしょう。

 今年は「酉年」、「日本の元気を取り返す年」です。名目GDPが2016年1.5%の伸びが2017年は2.5%を目標にし、実質成長率を1.5%と読んでいます。消費者物価の伸びは、0%であった2016年から1.1%とかなり努力しなければ実現しないような数値に修正されています。その道のエキスパートが言っていますように、国民が不透明な時代で先が読めないために財布の紐を緩めたがりません。これまでの政策を謙虚に見直し、雇用拡大の実効性ある政策を実施してほしいものです。

 中国は、秋に共産党大会開催が予定されていますが、習政権の政治手法が懸念されます。ロシアもプーチン大統領が柔軟性ある発想で、自国が国際的にも重要なポジションにいることをさらに意識をして欲しいです。

 トランプ政権の発足で、ロシア政策が見直されるでしょう。それによっては日本の北方問題へのマイナスの影響が懸念されます。アメリカ・ファースト政策で、関税が上げられた上に、FRBの金利上げの影響で新興国等の経済が苦境に陥るでしょう。雇用政策の改善という裏に、輸入品依存のアメリカ国民には、高くなった商品を買わされることになり、トランプ大統領への不満が出て来るかもしれません。トランプ効果などと、まだ見ぬ夢の実現に期待していては、アメリカ経済は、一時的な浮揚で終わりかねません。

 最初に申し上げましたように、2017年は何が起こるか解らない年です。われわれ一人一人が自分の生活を守ることができるように、足元をキチンと固めておく必要がありそうです。


2月の見落とせない出来事
米FOMC結果発表・米国防長官日韓歴訪出発(4日まで)、中国PMI
日マネタリーベース・消費動向、英イングランド銀行金融政策発表
日閣議・日銀金融政策決定会合議事要旨、マティス米国防長官来日(4日まで)、米雇用統計、EU非公式首脳会議、ユーロ圏小売売上高
日勤労統計調査(厚労省) 
 米貿易収支、独鉱工業生産
 日景気ウオッチャー調査(内閣府)・国際収支(財務省)、金融政策決定会合主な意見(日銀)
 日機械受注(内閣府)、米シカゴ自動車ショー(~20)
10 日米首脳会談、日企業物価指数(日銀)、米財政収支、中国貿易統計、英貿易統計
12  独大統領選
13  日GDP(内閣府)
14  独GDP、英消費者物価
15  米CPI
16 G20外相会議(~17)、 米住宅着工件数、北鮮金正日総書記誕生75周年
17  ミュンヘン安全保障会議(19日まで)
18  ベルリン国際映画祭授賞式
19  冬季アジア札幌大会(26日まで)
20 日貿易統計(財務省)、ユーロ圏財務相会合 
21 EU財務相理事会 
22 米FOMC議事要旨 
23 日 皇太子さま誕生日(57歳)、日景気動向指数改定値(内閣府)・企業向けサービス価格指数(日銀)
24 日プレミアムフライデー開始・3カ月予報(気象庁)、米新築住宅販売
25  日国公立大2次試験前期日程開始
26  日東京マラソン、米アカデミー賞授賞式
27 リオカーニバル 
28  日住宅着工統計(国交省)・鉱工業生産・出荷・在庫指数(経産省)、米GDP


今後の出来事
 2017年03月   欧:オランダ総選挙、英:EU離脱手続開始、中:全人代
2017/03/09  EU首脳会議(~10)
2017/03/14  米:FOMC(~15)
 2017/03/17  G20(~18) 
 2017/03/20  安倍首相ドイツ訪問・国際情報通信技術見本市 
 2017年04月   日:消費税10%へ?、仏大統領選
 2017/04/21  IMF・世銀春季会合(~23)
 2017/05/02  米:FOMC(~3)
 2017/05/06  ADB総会(~7)
 2017/05/07  仏大統領決選投票
 2017/05/25  OPEC総会
 2017/05/26  G7(伊~27日) 
 2017/06/11  仏国民議会選挙
 2017/06/13  米FOMC(~14)
 2017/06/18  仏国民議会決選投票
 2017/06/22  EU首脳会議(~23)
 2017/07/07  G20首脳会議(独~8日) 
 2017/07/25  米FOMC(~26) 
 2017/09/06  東方経済フォーラム(露~7日)・日ロ首脳会談 
 2017年09月   独連邦議会選挙、国連総会
 2017/10/13  IMF・世銀総会(~15)
 2017/10/19  EU首脳会議(~20)
 2017年秋  中国共産党大会、東アジア首脳会議(フィリピン)
 2017/10/31  米FOMC(~11/1) 
 2017/11/10 APEC首脳会議(ベトナム~11日) 
 2017/12/14  米FOMC(~15) 
 2017/10/19  EU首脳会議(~20)
 未定  日中韓首脳会談(日本) 
 2018年  日:自民党総裁選
 韓国平昌冬季オリンピック・パラリンピック
 2019年  日:消費税10%へ(4月)、参院選、ラグビーワールドカップ日本大会
 2020年  日:基礎的財政収支黒字化、JR山手線新駅
   東京オリンピック・パラリンピック(7/24~8/9)   
 2025年  日:団塊世代75才 
 2027年  日:リニア新幹線部分開業(東京-名古屋) 
 2030年  日:北海道新幹線札幌延伸 

↑ top 


blog2 
  ※ 未発信のブログを含みますので、時間になりましてから再訪問をお願いします。


◇ 深夜発信 午前1時頃
今日のつぶやき】 前日のつぶやき一覧、後刻改訂版も発信

◇ 早朝発信 午前7時頃
今日は何の日】 毎日が何かの記念日です。
 その日の記念日の中から選んでエッセー風にお伝えします。

◇ 午前発信 午前9時頃
経営コンサルタントの独り言
 前日のつぶやきのトピックスから、その日の思いつきでひと言


◇ 正午発信 経営情報を中心に毎日異なったテーマでお届け
  経営マガジン
   一週間を先読みする
  経営四字熟語
   四字熟語から学ぶ経営や人生
  経営コンサルタントからのメッセージ
   菜根譚や時事問題から経営者・管理職としてあり方を振り返る
  杉浦日向子の江戸塾
   環境に優しい江戸時代から生き方を学ぶ
  経営コンサルタントQ&A
   経営コンサルタントになるには、成功するには
  経営コンサルタントの使い方
   経営者・管理職のための経営コンサルタントの上手な使い方講座
  カシャリ!一人旅
   訪れたことのある地でも、見落としていることもあります。
   経営や生き方も、視点を変えると別のものが見えます。

◇ 気紛れ便
 日により発信時間・内容が異なり、休刊もあります。


↑ top 


おすすめブログ

【経営者・管理職の皆様へお勧めブログ】
 ◇ 心で経営
 ◇ 経営マガジン
 ◇ 経営コンサルタントの独り言
 ◇ 経営四字熟語
 ◇ 経営コンサルタントの使い方
 ◇ 経営コンサルタントからのメッセージ
 ◇ 経営トップ15訓
 ◇ 杉浦日向子の江戸塾
 ◇ 時代の読み方
 ◇ 時代の読み方総集編
 ◇ 経営コンサルタントの本棚
 ◇ 旅・写真・趣味
 ◇ お節介焼き情報
 ◇ 知り得情報
 ◇ 健康・環境
 ◇ セミナー情報
 ◇ カシャリ!一人旅

【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】
 ◇ 経営コンサルタントへの近道・資格取得
 ◇ コンサルタントバンク人材銀行
 ◇ 経営コンサルタントになろう
 ◇ 経営コンサルタントQ&A
 ◇ 独立起業支援

趣味・旅行のブログ
 ◇ カシャリ!一人旅・写真・趣味

↑ top 


eizou2
   バックナンバー ←クリック
   映像のない記事もあります


【 注 】
【今日のブログ】や「映像」は、閲覧と発行時間が異なる場合には、掲載ブログとは異なるブログが表示されたり、リンクが切れていたりすることがあります。

一週間のひとり言

 この一週間、何を思い、何をつぶやいたのか、まとめてみました。

◆ 天使の囁きとは素晴らしい命名ですね!! 2017/02/18

 よく晴れた朝など、気温が氷点下10℃以下の状態になりますとダイヤモンドダストが発生します。

 幌加内町ではダイヤモンドダストに「天使の囁(ささや)き」という名前を付けているそうです。

 神秘的なダイヤモンドダストが、天使の囁きに繋がる感性はとても素晴らしいと思います。


 囁きといいますと、気象現象とは異なりますが、ロンドンのセントポール教会に「囁きの回廊」を思い浮かべます。

 セントポールは何度も言ったことがあると言う人でも、囁きの回廊を知らない人が結構います。

 そこではある面白い現象が起こるのです。

 ロンドンを訪れる機会がありましたら是非試してみてください。

 詳しくは、下記のブログでどうぞ

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/0c9f195549837fcaf7b79dcf9c77da77


◆ 天気図はいつ、どの様に作られるのでしょうか? 2017/02/17

 昔の山男は、ラジオの天気情報を基に自分で天気図を作成し、自分で天気の状況を読んで、行動の判断に使いました。

 昨今では、天気予報は、気象衛星ひまわりからの映像データを詳しくテレビなどで見ることができます。

 天気図も、モノクロだったのが、カラー化されて見やすいです。

 その天気図や天気予報は、どの様に作られているのでしょうか?


 気象庁のサイトによりますと、日本周辺域の天気図の実況天気図は、3時間おきに発表されています。

 観測時刻の約2時間10分後に、アジア太平洋域天気図の実況天気図が6時間おきに観測時刻の約2時間30分後に発表されています。

 それ以外に24時間予想図と48時間予想図が、日本周辺域、アジア太平洋域ともに12時間おきに発表されています。

 詳しくは、気象庁のウェブサイトでご覧いただけます。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/a8f2a771326c90974aa720759990c5f7

 なお、天気図の有効な活用法というページも参考になります。

  気象庁
  http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/tenkizu_katuyo.html


◆ ラブレターの代筆は、吉田兼好ではなく卜部兼好だった?! 2017/02/16

 徒然草を知らない人はいないでしょう。

 その作者の兼好法師もよく知られています。

 私達は、吉田兼好と呼んでいますが、俗名は卜部兼好だそうです。

「とべ」ではなく「うらべ」と読みます。

 最も上司になって欲しい人ランキングのトップが「トベちゃん」だそうですので、卜部兼好も読めますね。

 これは、失礼しました!!

http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/b1975b7c1c2b14c51f2afc1e3247ea81


◆ バレンタインデーはこの歳になっても楽しみ 2017/02/15

 歳を重ねるにつれ、いろいろな物が減ってきます。

 その代表が年賀状とバレンタインのチョコでしょうか。

 かつては、いろいろな顧問先からチョコレートを戴きました。

 今は、顧問先をすべて後進に譲っていますので、戴けるチョコレートは激減してしまいました。

 娘や孫達からのチョコレートはうれしいですね。

 そうそう、妻からも・・・

 これを付け加えておかないと、後が怖いですから。

 近年は、カカオ70%とか中には90%などという超ビターなチョコレートもあるのですね。

http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/2518cd1d5840ddbff90a7dbcedd880fb



◆ 岡目八目 当事者は意外と気が付かないものです 2017/02/14

 四字熟語から、多くの示唆を受けます。

 それを経営コンサルタントの視点で追求してゆきますと、経営への多くのヒントが得られます。

 今回は、岡目八目

 昨今、縁台将棋というのは、とんと見かけません。

 縁台将棋では、周囲の人間が参画したりして、その結果、喧嘩まで起こる始末。

 昨今では、碁会所は年寄りに混じって、子供も見られます。

 将棋をしている当の本人はあまり気がつかないところでも、周囲の人というのは、俯瞰的に見ているので、あちらこちらの手を想像できます。


 岡目八目を、経営に活かすと・・・

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/9f8ee4964210d7fb4c0b9868496f48e1


■ リンカーン誕生日と安倍首相 2017/02/13

 リンカーンと安倍首相とは全然関係ないように見えます。

 アメリカ訪問で、トランプ大統領との蜜月会談を終え、得意になって凱旋するのではないでしょうか。

 その安倍首相ですが、ローマ字で書きますと「Abe」となります。

 一方、リンカーンのファーストネームをご存知ですか。

 Abraham Lincoln すなわち「Abraham」を日本語表記しますと「アブラハム」です。

 ファーストネームから、彼の愛称は「エイブ」でした。

 エイブは「Abe」とスペリングされます。

 安倍首相も「 Prime Minister Abe」となりますので、リンカーンの愛称と同じスペリングになります。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/5aebcfd90e8d22c502e5f016ea499757


◆ 延暦寺に行かれたことはありますか? 2017/02/12

「延暦寺に行かれたことはありますか?」と、あなたの友人に尋ねてみてください。

 多くの方が「修学旅行の時に、根本中堂の前で記念写真を撮った」とお答えになります。
 根本中道というのは、お堂の名前であってお寺さんの名前ではないですよね。

 延暦寺の建物を見たという記憶をお待ちではないのです。

 もし、延暦寺の建物を見たという人は、誤解をしています。


 比叡山に対して高野山も忘れてはならない日本仏教の中心地です。

 高野山のお寺さんの名前をご存知ですか?

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/96bae4d2336ec2d85d505ce5881386ee

【 注 】
 URLは、途中で改行している場合に、リンクが切れて表示されないことがあります。
 その場合には、一旦すべてのURLをWordなどにC&Pして、一旦連続した1行にしてからご利用下さい。

↑ top 


hitorigoto2 w

 少しでもご参考になればと、経営コンサルタントが、思いつきでひと言をお届けします。

◆【お節介焼き情報】 経営コンサルタントからのメッセージ

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

「経営コンサルタントって、どんな人達なんだろう?」「経営コンサルタントって平素どんなことを考え、どんなことをしているのだろう?」等々いろいろな疑問を持たれている人が意外と多いのです。

 そこで、日本で最も歴史の長い経営コンサルタント資格付与団体「日本経営士協会(http://www.jmca.or.jp)」の経営士の先生に、あまり固苦しくないお話をお聞かせ願おうと、毎月執筆して戴いています。

 第一火曜日 山本修先生(専務理事、関西支部長)
 第二火曜日 藤原久子先生(理事長)
 第三火曜日 石原和憲先生(理事、会報・メールマガジン編集長)
 第四火曜日 酒井闊先生(千葉経営支援センター顧問)

 第一火曜日の、山本先生からは「経営コンサルタントのトンボの目」と題して、複眼思考で世の中を見ると、見えるものが異なって見えるというお考えで、日常生活を中心とした話題をご提供して戴いてます。

 第三火曜日の石原先生は、日本経営士協会の海洋やメルマガの発行という、大切なお仕事を担当されています。メールマガジンの編集後記をもとに、毎月1~2編を選んで、ご紹介しています。

 詳細は、実際のブログでご覧下さると幸いです。

  http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/c2565.html


↑ top 


keiei jouhou2  th

 経営管理やコンサルティングだけではなく、雑談力を高める話材など、幅広い知識や情報源として、経営コンサルタントが独断と偏見で選んでご紹介しています。



◆ 経営コンサルタントの苦労が滲み出る経営セミナー

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。
 その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


 日本全国、セミナーはたくさん開催されています。

 でも、本当に自分にマッチしたセミナーを見つけるのは大変です。

 なぜなら、講師に問題があることが多いのです。

 講師としての力量不足の場合が多いのですが、それ以前に、講演内容が教科書通りであって、何ら新鮮みやユニークさに欠けているからです。

 その背景には、一見すると○○士などと、資格を持っているので、面白そうですが、資格取得のために一所懸命に勉強した、その知識やテキスト、市販図書などをベースにしているからです。

 あるいは、海外、とりわけアメリカから直輸入した欧米流の経営術の本がベースになっているのです。

 企業経営の現場での経営支援実積に基づく講演ができる講師は、地道に現場重視で支援をしていますので、知名度が高くないことがあります。

 採り上げるテーマも、横文字による華々しさはありません。

 知名度や書籍出版経験、学歴、有名企業を列挙したプロフィールなどに惑わされない、あなたの真贋力が、講師の善し悪しを判定できるのです。

 毎月、日本のどこかで、プロの経営コンサルタントがセミナー講師を担当しています。

 あなたにあったテーマの講師を見つけられるでしょう。

  http://jmca.or.jp/seminar/301/

◆ 中小企業は営業部門強化に経営資源を集中させよ

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。

 その情報が智慧の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

 

 中小企業の強みを活かせ

 中小企業の経営者・管理職の中には、「うちは中小企業だから、大企業のようにお金をいっぱい使うことはできない」と、先行投資に対して消極的な人がいます。

 それでは、現状を肯定することと同じことですので、現状打破をすることはできません。

 現状打破をするのは、中小企業の強みを活かすことです。

 中小企業の強味というのは、小回り性と意思決定のす速さにあると言えます。

 

 中小企業を強くする第一歩は?

 中小企業が強くなるには、企業によっては出血を止めることが先決です。

 次に行うべきは、攻めの戦略です。

 攻めの戦略の第一歩は、営業部門の強化です。

 難しそうな営業部門強化ですが、中小企業では、「あたり前」ができていいない企業が多いので、あたり前をあたり前にできるようにするだけで売上も利益も改善することができます。

 

 営業部門の強化は温かい管理ができる管理職づくりから

 温かい管理の基本は、社員の自己管理です。

 自己管理の基本は、PDCAです。

 しかし、このPDCAは、誰もが知っているにもかかわらず、実行できている企業は皆無と言っても過言ではありません。

 またのPDCAを理解している人も、残念ながらごく少数です。

 のPDCAを理解し、導入し、推進して行くのは、多大な資金が必要なわけではありません。

 知恵を絞れば実現可能です。

 しかし、生兵法は怪我のもと、自己流ではなかなか効果に結びつきません。

 その方法とは・・・・・<続き>

  http://www.glomaconj.com/keieisha/shohin/service/eigyokanbu.htm

◆ 心で経営 論語や菜根譚をもとに経営者のあるべき姿を説く


 【心de経営】シリーズは、「経営は心deするもの」という意味になります。それとともにフランス語の前置詞であります「de(英語のof)」を活かしますと、「経営の心」すなわち、経営管理として、あるいは経営コンサルタントとして、企業経営をどの様にすべきか、経営の真髄を、筆者の体験を通じて、毎月新しいブログを発信いたします。


【筆者紹介】 特定非営利活動法人日本経営士協会 藤原 久子

 北海道札幌市出身、20年間の専業主婦を経て、会計事務所に約4年半勤務。その後平成元年7月に財務の記帳代行業務並びに経理事務員の人材派遣業の会社を設立し、代表取締役として現在に至る。従業員満足・顧客満足・地域貢献企業を目指し、企業の永続的発展を願う。
 平成22年には横浜型地域貢献企業の最上位を受賞、続いてグッドバランスの受賞により、新聞、雑誌の掲載をはじめ、ラジオやWebTV(日本の社長100・神奈川県社長t v)に出演したりして、各種メディアで紹介されている。

写真 ←クリック


■ ご挨拶

自社の経営に当たりまして、何かと忙しい経営者に安心して事業に専念してほしいとの想いと、そして忙しい経営者に、私たちからは「もっと心の通いあうサービス提供を」という原点を忘れてはならないと常に考えております。また、「顧客第一主義」と「企業は人なり」の精神を揺るぎないものとして持ち続けることも大切です。

その信念に「学び」をプラスして更なる人間的魅力を形成してはじめて、従業員やお客様から信頼されるのです。そのためにも、まず自分自身を磨くことが大切です。

人にはそれぞれ自分なりの生き方があります。経営者様をはじめ、これから経営者として歩み始めるみなさまや経営コンサルタント・士業の気づきや学ぶ機会になれば、これほどに嬉しいことはございません。

■ 【心 de 経営】ブログのバックナンバーを閲覧するには

 下記URLのいずれかををクリックしてください。

  http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/c2599.html

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c0de6df80dd146916f8efdb2b4de2a54



【経営コンサルタントのプロ集団+育成と資格付与】

 日本経営士協会は、ご存知かと思いますが、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。

 詳しくは、サイトでご覧下さい。 

  ↓↓ クリック

jmca 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
enkaku 日本経営士協会の歴史が日本の経営コンサルタントの歴史
shikaku 経営コンサルタント資格は中小企業診断士だけではない
shoukaku 暗記力よりも経験・実績・実力を重視した審査
nyuukai  資格を持っていない人でも入会でき、プロから学べます
contact  お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み



◆ 中小企業は営業部門強化に経営資源を集中させよ

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。

 その情報が智慧の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

 中小企業の強みを活かせ

 中小企業の経営者・管理職の中には、「うちは中小企業だから、大企業のようにお金をいっぱい使うことはできない」と、先行投資に対して消極的な人がいます。それでは、現状を肯定することと同じことですので、現状打破をすることはできません。

 現状打破をするのは、中小企業の強みを活かすことです。

 中小企業の強味というのは、小回り性と意思決定のす速さにあると言えます。

 中小企業を強くする第一歩は?

 中小企業が強くなるには、企業によっては出血を止めることが先決です。


 次に行うべきは、攻めの戦略です。

 攻めの戦略の第一歩は、営業部門の強化です。難しそうな営業部門強化ですが、中小企業では、「あたり前」ができていいない企業が多いので、あたり前をあたり前にできるようにするだけで売上も利益も改善することができます。

 営業部門の強化は温かい管理ができる管理職づくりから

 温かい管理の基本は、社員の自己管理です。


 自己管理の基本は、言わずもがなPDCAです。

 しかし、このPDCAは、誰もが知っているにもかかわらず、実行できている企業は皆無と言っても過言ではありません。またのPDCAを理解している人も、残念ながらごく少数です。

 
のPDCAを理解し、導入し、推進して行くのは、多大な資金が必要なわけではありません。知恵を絞れば実現可能です。しかし、生兵法は怪我のもと、自己流ではなかなか効果に結びつきません。

 その方法とは・・・・・

  
http://www.glomaconj.com/keieisha/shohin/service/eigyokanbu.htm


■■ メルマガ購読 ←クリック

 日本最初の経営コンサルタント団であります日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の干渉を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。



【 注 】

 弊著、経営者・管理職のための「発展し続ける企業の“秘密”の道」(グロマコン出版、A5サイズ約60ページ)は1,000円(税/送料込み)でおわけしています。  ご購入案内 ←クリック

himitsu no michi
◇ ブログによる閲覧 ←クリック
◇ バックナンバー  ←クリック


↑ top 


osusume3 f/14


■杉浦日向子の江戸塾 - 江戸情緒に学ぶ

book

 杉浦日向子女史の江戸塾は、江戸時代のエコ生活から飽食時代を迎えている我々に大きな示唆を与えてくれます。


杉浦日向子の江戸塾
■■杉浦日向子の江戸塾 - 江戸情緒に学ぶ

 江戸のエコや風俗習慣などから、現代人は、エコという観点に絞っても学ぶところが多いと思っています。杉浦日向子の江戸塾から学ぶところは多く、話のネタとなります。エッセイ風というと大げさになりますが、独断と偏見で紹介してみたいと思います。
 私がはじめて杉浦日向子女史を知ったのは、「お江戸でござる」というNHKの番組でした。お酒が好きで、飾らない人柄、江戸時代に生きていたかのような話しぶり、そこから江戸のことを知ると、われわれ現代人に反省の機会が増えるような気がします。


memo
■ 「杉浦日向子の江戸塾」バックナンバー ←クリック

↑ top 


seminar3 m

 経営コンサルタントが主催する、経営管理やコンサルティングに特化した、質の高いセミナーをご紹介いたします。
 詳細は、日本経営士協会のセミナー・講習会開催情報をご覧下さい。 
   セミナー一覧 ←クリック

  ■東 京:知修塾「4.顧客価値の説得」

◇日 時:平成28年12月15日(木)19時00分~20時45分

◇会 場:東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2階

   http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/chi2016.htm

 

■東 京:PIOセミナー「中小企業経営革新塾」

     現場のナレッジ総合ソリューション

◇日 時:平成28年12月21日(水)18時30分~20時45分

◇会 場:大田区産業プラザPIO 6F E会議室

 http://www.jmca.or.jp/pdf/JM161022_2.pdf



カシャリ!一人旅 sn18

◆【カシャリ!一人旅】 京都・相国寺 京都五山第二位でありながら地方ではあまり馴染みのないお寺さんのひとつ


 私どもでは、経営やコンサルティングに関する情報以外に、日常生活に役に立つような情報、旅行や写真などの会話を潤滑にするために情報などもお届けしています。

 それらの中から、選りすぐりの情報を中心にご紹介して参ります。

【カシャリ!一人旅】 東京散歩

 大阪在住のあるベテラン経営コンサルタントが、「東京は緑が多い」と言っていました。東京に住んでいますとそれほど感じませんでしたが、確かに東京には処々に公園もあり、緑が多いですね。時間を作って訪れる価値あるオアシスが、東京のど真ん中ににある、大変静かな佇まいを発見することもあります。

 東京都は、明治に京都から遷都して以来、日本の首府です。東京が、通称23区と呼ばれる特別区、多摩地域、島嶼部と呼ばれる3つの地域に分かれているということを、地方の方は意外とご存じないようです。多摩地域には、2000m近い山もありますし、多摩川を初め河川もいろいろとある自然豊かな地域でもあります。

 公園や寺社仏閣もありますので、ご紹介します。

 飛鳥山公園  飛鳥山は、1873年(明治6)の太政官布達により指定された日本最初の公園
 上野恩賜公園  寛永寺境内、桜の名所だけではなく博物館、動物園、美術館等文化の香り高い
 旧古河庭園  北区にある洋風庭園と日本庭園が併存するユニークな東京都が管理する庭園
 旧安田庭園  東大安田講堂に名を残す安田善次郎を記念した潮入池泉回遊式庭園
 教育の森公園  旧東京教育大学(現筑波大学)の跡地、緑ゆたかな、区民の憩いの場
 小石川後楽園  水戸徳川家屋敷跡、中国の地名のついた池や堤のある回遊式築山泉水庭園
 皇居  江戸城跡地、御所、宮殿、宮内庁関係の庁舎、紅葉山御養蚕所などがある
 皇居乾通り 紅葉  春季と秋季に皇居乾通りの一般公開がなされ、春季は桜、秋季は紅葉の場
 皇居東御苑・二の丸庭園  旧江戸城の本丸と二の丸を開放、四季折々の花々と広々とした芝で憩える
 護国寺  真言宗豊山派大本山、綱吉が生母桂昌院の願いにより創建した祈願寺
 新江戸川公園(文京区)  細川家の下屋敷、江戸時代の純日本式武家庭園、起伏ある回遊式泉水庭園
 浅草寺・伝法院庭園  大化元年(645)建立、浅草観音として親しまれる都内最古の寺院
 千鳥ヶ淵  江戸城内堀、形状が千鳥に似ていたという特別史跡、桜の名所




コンサルタント情報  sn

◆ コンサルタントの人材銀行が装い新たにスタート

con bank

 コンサルタントにとって、クライアント開拓は頭痛の種です。コンサルタントにとって、実力アップを図らなければ、時代遅れのコンサルタントになってしまいます。クライアントさんからの質問や課題に、どの様に対応したら良いのか、迷うこともあります。

 自分の専門外の分野に関する引き合いがあったときに、仲間がいると心強いです。仲間がいれば相談もできます。コンサルタントという職業に特化した情報も入手しやすくなります。相互信頼できる仲間いますと、仕事の依頼も来るようになるかもしれません。これを私達は「共業・共用・共育」と言っています。

一人のメンバーは、皆のために、皆は一人のために

 あなたは、あなたの強みを活かしてください。そうすれば、あなたの仲間、あなたを支援したり、困ったときに助けてくれたりするでしょう。

個の力を組織的に活かす

 これが、私達のコンセプトです。 登録に登録料は不要です。 サイボウズを使っていますので、訳のわからない仕組みより安心してコミュニケーションできます。

 一緒にレベルアップし、一緒に仕事をし、ノウハウを共用しませんか。


 あなたをコンサルタントバンクに推薦いたします。

 コンサルタントは、いろいろな機会に自分が紹介されることで人脈が豊かになってゆきます。

 コンサルタントを目指す人は、プロのコンサルタントと交流する中で成長してゆきます。

 実践の場で、共業・共用・共育を推進しながら、コンサルティングを通じて社会貢献をしましょう。

 サイボウズを利用していますので、機能上から、定員(300人)になり次第締め切らせて戴きます。

con bank2

  プロコンサルタントがあなたの登録をお待ちしています。

  http://www.glomaconj.com/consultant/conbank-jouhou.htm

  http://www.glomaconj.com/glomacontoha/glomaconkenkyukai.htm

◆【資格取得参考情報】 日本経営士協会の理念を映像で見る

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


 経営コンサルタントの資格といいますと「中小企業診断士」を連想する方が多いと思います。

 中小企業診断士制度がスタートする10年以上前、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント資格が「経営士」なのです。

 中小企業診断士制度が発足したときに、中小企業診断士(当時は「中小企業診断員」と呼ばれていました)の育成に、日本経営士協会会員が協力しました。

 日本経営士協会は、60年余の歴史と伝統のある経営コンサルタント団体で、経営コンサルタントのプロ集団でありますとともに、若手経営コンサルタントの育成に尽力しています。

 中小企業診断士資格を取得するには、相当なる覚悟を持って受験準備をしなければなりません。ところが、すでに経営コンサルティング業で永年企業支援をしている先生方にとりまして、受験勉強をするゆとりはあまりないでしょう。

 そのようなベテランの経営コンサルタントが、資格がないためにビジネス拡大におきまして機会損失をしていることも事実です。

 日本経営士協会では、実力・実績・経験を重視した資格付与審査をしていますので、それらの先生におきましては、中小企業診断士よりも資格取得をしやすいと言えます。

 日本経営士協会の理念を映像で紹介していますので、この機会に是非ご覧下さることをお薦めします。学科試験なしで資格取得ができる「特別推薦制度」を利用する道へのお手伝いも致します。

shachou tv
◇ 立ち読み
◇ 全映像(7分)
【 注 】 映像開始まで時間がかかることがあります。

■■ 当ブログ発行ポリシー  ←クリック

■■ 人事活用マニュアル  ←クリック