HOME  仏教  仏像  名所旧跡  スナップ  グロマコン  経営コンサルタント

私が訪れた名所旧跡です。

ケイタイやスマホのカメラで撮影したものもありますので画質があまりよくありません。
私の限られた感性での写真ですので、たいした作品でもありません。
自分自身の作品を、自分のために整理したものです。
北海道  函館 9 石川啄木が愛した地 
公式サイト   

■ 函館

 函館市(はこだてし)は、札幌市、旭川市に次ぐ、北海道第三の人口約26万人を有する中核市です。

 北海道南端の渡島半島に位置する、天然の良港であることを強みとし、北海道と本州を結ぶ交通結節点でもあり、道南地域の中心都市として発展してきました。

 毎年500万人近い観光客が訪れる観光都市で、市町村の魅力度ランキング調査で1位にランクインする都市でもあります。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、一つ星以上の星が付いている観光地が函館市内に20以上もあります。

 観光業以外でも、水産業や食品関連産業、医療福祉を主要産業としてきましたが、近年は人口減少が著しく、2014年(平成26年)4月1日から市域のすべてが「過疎地域」に指定されています。

 室町時代の享徳3年(1454年)、津軽の豪族河野政通が、函館山の北斜面にあたる宇須岸(ウスケシ、アイヌ語で「湾の端」という意味)に館を築きました。形が箱に似ていることから「箱館」と呼ばれるようになったのが、函館の市名の由来といわれています。




 
函館 立待岬

 立待岬は、北海道の函館山の南東に突き出ている津軽海峡に面した岬で、先端は、断崖絶壁で海に囲まれた絶景です。北海道を代表する花である、ハマナスが咲く公園がありますが、冬は天候が厳しく車両通行止めでゆくことができません。

 海に突き出る立待岬は、海抜約30mの断崖がそそり立ちます。大森浜から湯の川温泉街へと通じる海岸線と、津軽海峡を一望できる絶景の場所です。

 かつて、寛永年間には、北方警備のため異国船の往来を監視する台場、明治時代には函館要塞の背後を防御する要塞が築かれました。

 岬一帯の岩は、斜長石や角閃石などからなり、レコードの溝効果と言われる縞模様に見えます。美しさと堅牢さから、五稜郭築城の際、石垣の一部に使用されました。

 広場の一角は「はまなす公園」として整備され、北海道の花であるハマナスがたくさん植えられています。夏には香りのよいピンク色の花が咲きます。

 岬の手前のほうには、与謝野鉄幹・晶子の歌碑が建てられています。市立函館博物館の創設者だった岡田健蔵の功績を称えるため、1957年8月に建立されました。鉄幹が岡田氏の親友で歌人の宮崎郁雨を読んだ「濱菊を郁雨が引きて根に添ふる立待岬の岩かげの土」、晶子による「啄木の草稿岡田先生の顔も忘れじはこだてのこと」との短歌が刻まれています。

 立待岬は、津軽海峡に面し、先端は、断崖絶壁で海に囲まれています。
 岬一帯の岩は、斜長石や角閃石などからなり、縞模様に見えたりします。五稜郭築城のときには、石垣の一部に使用されました。

※降雪・路面状況により通行できない場合があり、11月9日16時から3月末頃まで車両通行止めとなりますので、徒歩でのアクセスとなります。

 



↑ 拡大







大森浜から見た立待岬・函館山









奥に見えるのは松前半島







立待岬への道で振り返ると函館山がみえました



立待岬への途中、石川啄木一族の墓の手前に地蔵堂がありました







↑ 拡大









立待岬の手前から大森浜を見る
フェンスにイカが泳いでいました




函館 映像に見る立待岬

立待岬  津軽海峡に突き出た立待岬と奇岩 6分
 津軽海峡に突き出た立待岬と奇岩を紹介
 函館山散策コースの一角に、自然豊かな奇岩の岬を楽しむ

 
 ↑ Page Top 
.
 

 北海道・函館1  函館山 
 北海道・函館2  函館ドックエリア 
 北海道・函館3  函館元町エリア・旧イギリス領事館・旧箱館奉行所跡 
 北海道・函館4  函館元町公園・旧市庁舎・旧書庫 
 北海道・函館5  函館元町公園・教会地区 
 北海道・函館6  五稜郭・五稜郭タワー 
 北海道・函館7  函館 トラピスチヌ修道院 
 北海道・函館8  湯の川温泉 <準備中> 
 北海道・函館9  大森浜・啄木小公園・石川啄木一族の墓 
 北海道・函館10 立待岬
 北海道・函館11 函館公園 <準備中>
 名所メニュー一覧


 
 ↑ Page Top 
Copyright© N. Imai All rights reserved